夫からデブと言われた私が10キロ ダイエットできた7つの方法

夫からデブと言われた私が10キロ ダイエットできた7つの方法10キロ ダイエットで痩せるのは至難の業ですね。10キロ ダイエットできたという話を聞くとどうやって痩せたんだろうと知りたくなりますよね。 それで今回は、夫からデブと言われた私が10キロ ダイエットできた7つの方法、と題して体験談をご紹介します。デブと言われるくらい太っていた私がどうやって10キロ ダイエットできたのか、ぜひ参考にしてくださいね。

夫からデブと言われた私が
10キロ ダイエットできた7つの方法

 

その1:ウォーキング

10キロ ダイエットするには、やはり運動を取り入れる必要があります。運動をしながらダイエットをしないと、ただ筋肉が落ちるだけで、太りやすい体になってしまいますし、体のラインが綺麗にならなかったりします。 でも、私は運動音痴で、今まで何をしてもなかなか運動が続かなかったのです。ですが、生活の中で運動を取り入れるコツを掴んだことで、楽しいダイエットになり、結果的に10キロ ダイエットすることができました。

その方法はウォーキングです。日々生活する中では必ず歩きますので、歩くことをダイエットに変えてしまえば、続けやすいのです。 歩くことをダイエットに変えるために必要なのはこのようなことです。

①姿勢を常に意識する かかと、お尻、首、頭が一直線になるイメージです。
②できるだけ大股で歩く つま先で地面を蹴り、かかとで着地する歩き方です。
③腕を大きく振る 腕を大きく振ることで、体全体を使いカロリー消費量を上げることができます。

ウォーキングを楽しむ気持ちを味わうと、運動や決してきついものではなく、むしろストレス解消や気分転換になり、無理なく続けることができます。

 

その2:白米から玄米に代える

食事をした後には血糖値が上がりますが、その血糖値が急激に上がると、それを下げるインシュリンというホルモンが大量に分泌されます。これは脂肪を作りだすものですので、できればこのインシュリンの分泌を抑える必要があります。 そのために、血糖値が急激に上がらない食べ物を選ぶことが重要ですが、白米は血糖値を急激に上げてしまいます。

白米の代わりに玄米を食べることで、血糖値の上昇を抑えることができます。 また玄米はよく噛まないといけないので、ゆっくり食べるようになり、ドカ食いや早食いを防ぐことができます。ゆっくり食べる習慣が10キロ ダイエット成功の秘訣だと思います。

 

その3:おやつを果物とナッツに代える

今までおやつに、チョコレートやケーキやスナック菓子を食べていましたが、それを果物や少量のアーモンドなどのナッツ類に代えました。これらの食材は脂肪を燃やしやすくしてくれますし、糖分や脂質の摂りすぎを抑えてくれます。 食事はそれほど変えなくてもおやつを変えただけで、かなりの効果がありました。

 

その4:ジュースから緑茶に代える

ジュースを一日に何杯も飲んでいたのを、緑茶に代えました。緑茶に含まれるカテキンは脂肪を燃やす効果があります。ジュースに代えて、一日5~6杯飲むことでダイエット効果を得ることができました。 甘いジュースでかなり糖分を摂りすぎていたので、体が軽くなり、イライラすることも少なくなったと思います。

 

その5:湯船にしっかり浸かる

私は夏でも冬でもシャワーで済ますことが多かったのですが、ダイエットを始めてからはきちんと湯船に浸かるようにしました。そのような習慣を持つことで、体が冷えから守られ、体の基礎代謝が上がり、脂肪を燃えやすくすることができます。 ぬるめのお湯に20分から30分は浸かるようにしました。汗が出て、体の中から老廃物が出ていくのを感じることができます。

 

その6:朝食をきちんと摂る

太っていた時は、朝起きるのもつらく、朝食を摂らないまま家を出ることも多かったのですが、それがランチと夕食をドカ食いする原因になっていました。体は空腹の時間が長ければ長いほど、次の食事をできるだけ蓄えようとする働きがあります。それで朝食を摂らないと、次の食事を食べすぎる上に、脂肪として蓄えてしまうのです。

それできちんと朝から野菜中心の食事を準備するようにしました。そして玄米などの炭水化物を適量摂ることで、一日に必要なエネルギー源を確保するようにしました。食べる時間がないときは、野菜ジュースを飲むだけでも違いますよ。

 

その7:停滞期でも焦らない

10キロ ダイエットをしていくと、必ず停滞期がやってきます。それは自然なことです。平均では2週間~3カ月、停滞期が続くそうです。 それで停滞期に入っても、体重の増減に一喜一憂しないようにしました。そして引き続き栄養バランスの良い食事を摂りつづけるようにしました。焦って炭水化物を抜いたり、断食したりすると逆効果になることもあります。

停滞期にイライラすると、体にイライラが伝わり、更に停滞期を長引かせてしまうそうなので、リラックスを心掛けましょう。

 

10キロ ダイエットできた7つの方法はいかがでしたか?

私の場合かなり太っていたので10キロ ダイエットに成功しましたが、それほどのダイエットの必要が無い方は、1キロ2キロ痩せるだけかもしれません。自分にとって一番適正で健康的な体重を知り、それになるべく近づけるようにしましょう。私の場合、10キロ ダイエットしたことで、体が軽くなり、健康診断の数値もすべて良くなりました。ダイエットの一番の目的は、健康を手に入れることです。ぜひみなさんもこの体験談を参考に、健康的で生き生きとした毎日を送ってくださいね。

 

まとめ

夫からデブと言われた私が10キロ ダイエットできた7つの方法

その1:ウォーキング
その2:白米から玄米に代える
その3:おやつを果物とナッツに代える
その4:ジュースから緑茶に代える
その5:湯船にしっかり浸かる
その6:朝食をきちんと摂る
その7:停滞期でも焦らない

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!