安全に痩せるには★7つの大事なポイント

安全に痩せるには★7つの大事なポイント安全に痩せるにはどうすればよいのでしょうか?おそらくダイエット経験者であれば誰もが考えることでしょう。 ダイエットするなら、健康的に痩せたいですよね。いくら体重が減っても病気になってしまっては元も子もありません。 今回は安全に痩せるための7つのポイントを紹介したいと思います。

安全に痩せるには★7つの大事なポイント

 

その1:食べる量を減らしすぎない

食べる量を減らせばダイエットできると思っているでしょうが、極端な食事制限だけのダイエットはお勧めできません。 なぜなら、人間の体というのは「生きる」という本能に基づいて行動します。 極端に食べる量を減らすということは=エネルギー摂取量が減るということです。

すると、人間の体は  「少しでもエネルギー消費を少なくしようとする」もしくは  「食べたものから少しでも多くのエネルギーを取ろうとする」 これは、言い方を変えれば  「エネルギー消費が少なくする=痩せにくい」「食べたものから少しでも多くのエネルギーを取る=太りやすい」 ということになります。

したがって、ダイエット中の食事制限は、たとえば、甘いものを控える、油を使った料理を控える。 男性の場合は、ご飯のお茶碗のサイズをワンサイズ小さくする、といった程度にしましょう。 安全に痩せるということは、健康的に痩せるということなのです。

 

その2:栄養が偏らないようにする

安全に痩せるには、食事制限中でも各種の栄養を偏ることなく摂取することが望ましいです。 とはいっても、やむを得ず外食やコンビニ中心になることもあるでしょうし、食事だけでまんべんなくというのはさすがに難しいとろこです。 こういうときは、サプリメントを積極的に活用しましょう。

サプリメント中心の食事にしてはいけませんが、補助的にサプリメントを使うのは有効な手段です。今では、一粒の中に複数の栄養素が入ったマルチビタミンなどが売られているので、自分の食事に足りないと思われるものを中心に選ぶと良いでしょう。

 

その3:適度に運動する

何もしないで痩せることができれば一番楽ですが、さすがにそうはいきません。 それに、適度な運動は血行を良くしてくれますし、汗をかくことで老廃物の排出にも役立ちます。汗をかくと肌の銚子も良くなりますよ。 そうはいっても運動はしなくないなぁ、と思う人も多いでしょう。ここでいう運動とは、せいぜいウォーキング程度です。

もしくは、家の中で適当な台を作って踏み台昇降運動でも良いでしょう。30分も連続しなくても、10分程度でも大丈夫です。もしも可能なら、10分の運動を朝晩行えると良いですね。そう考えると、通勤のときに会社まで遠回りして10分ほど多めに歩いたり、夜は帰宅後に踏み台昇降運動、もしくはエアウォーキング(その場で足踏みする)をすると良いでしょう。自宅で行うときは腕もふったほうがダイエットに効果がありますね。

 

その4:水分をとる

「水太り」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。しかし、そんなもんは存在しません。 水にはカロリーがないのですから、太りようがないのです。 ダイエット中も水分はしっかりと取りましょう。

できれば「白湯ダイエット」と同じように50度くらいの白湯をとると、内藏があたたまってダイエットにも効果的です。 ボクシングの選手が減量するために水分を絶つのは有名な話ですが、あれは最終手段であって、非常に危険なので一般人はまねしてはいけません。

 

その5:慌てない

安全に痩せるには、短期間での急激なダイエットは厳禁です。 フルマラソンで消費するカロリーをご存じですか?体重にもよりますが、2000kcal~と言われています。これはデスクワーク中心の成人男子が1日に必要とするカロリーとほぼ同じです。 フルマラソンを完走してもそれくらいのカロリーしか消費できないのですから、毎日の運動で消費できるエネルギー(燃焼できる脂肪)の量なんてたかがしれていることがわかりますよね。

そう考えれば、短期間で一気に痩せることの難しさと危険さがわかると思います。 安全に痩せるには、健康に影響のない程度に脂肪を燃焼させなければいけないので、早くても1ヶ月で1キロ減までとし、長めの予定をたてることをお勧めします。

 

その6:継続する

安全に痩せるためには、きちんとした食事と、適度が運動が必要と説明しました。では、それをどのくらいの期間、続ければよいのでしょうか? 理想的な答えは、「一生」です。といっても、難しく考える必要はありません。1,2ヶ月も続けることができれば生活習慣化しますから、ダイエットしていると意識しなくても、普通の生活の一部になってくれます。

 

その7:体重計に乗りすぎない

体重計にこまめに乗って体重をつけるダイエット方法もありますが、あまり乗らない方法もあります。 というのも、人間の体重は1日のうちで±0.5kgぐらいは簡単に変動します。トイレに行けば減るし、食事をとれば増えますよね。

ダイエットするときの体重をグラフにすると、上下に変動しながらゆるやかに下がっていく形となります。ちょっとくらい増えたからってへこんだり、逆に少しくらい減ったからと言って喜んでもしょうがないのです。 ちょっとした変化に一喜一憂しないためにも、せいぜい2、3日に一度で十分です。

 

いかがでしたか?

安全に痩せるためにはどうすればよいか、コツや心構えを7つ紹介しました。安全=健康的にということですから、無理をしないのが一番です。あまり慌てず、長めに計画をたててダイエットに励むと良いでしょう。

 

まとめ

安全に痩せるには★7つの大事なポイント

その1:食べる量を減らしすぎない
その2:栄養が偏らないようにする
その3:適度に運動する
その4:水分をとる
その5:慌てない
その6:継続する
その7:体重計に乗りすぎない

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!