面倒なカロリー計算が簡単に出来る5つの方法

面倒なカロリー計算が簡単に出来る5つの方法カロリー計算は難しくて面倒だと感じていませんか?最近ではファストフード店やファミレスなどのメニューにもカロリーが表記されていることが多く、外食時のカロリー計算はそれほど難しいものではなくなりました。しかし、毎食を外食で済ませている人なんていませんよね。家で調理したものを食べることが殆どです。

そういった場合、使用した食材・調味料などからカロリー計算をしなければならないのですが、これがなかなか難しいんですよね。もっと簡単に楽に出来る方法はないのでしょうか?そこで今回は、ダイエット時のカロリー管理が無理なく簡単に出来るようになる、面倒なカロリー計算が簡単に出来る5つの方法をご紹介したいと思います。

面倒なカロリー計算が
簡単に出来る5つの方法

 

その1:バランスの良い栄養が摂れる食品交換表を活用する

カロリー計算というと食品成分表を使って計算を行うことが多いのですが、表に記載されているのは食品100g当たりの数値なので、それを元に摂取した食事のカロリーを計算するのは複雑で難しいんですよね。もっと簡単に出来る方法はないだろうか、ということで考案されたのが、糖尿病などの食事療法のために作られた食品交換表。難しいカロリー計算をしなくても簡単に大体の摂取カロリーが分かるようになっています。

日常食べている食品を含まれている栄養素によって6つの食品グループに分類してあり、80キロカロリーのエネルギー相当の食品を1単位として、その目安になる重さを示しています。例えば、卵は小1個(50g)が1単位、食パンは6枚切りの1枚(60g)が2単位といったようになっています。

この表を元にカロリー計算をしていくのですが、例えば、1日の摂取カロリーを1600キロカロリーにしたい場合には、1600キロカロリーを1単位である80キロカロリーで割ります。計算して出た数値である20単位が1日に食べることが出来る食品の数となります。

栄養のバランスを考え、1日の総単位数を各表に上手く振り分ける必要がありますが、同じ表の中にある食品はどの食品でも1単位中に含まれるエネルギー量と栄養素がほぼ同じなので、単位数が同じで同じ表の中にある食品であれば互いに交換して食べる事が出来るので、カロリー計算は割と簡単に行うことが出来ます。

 

その2:エクセルでカロリー計算表を作成する

エクセルで計算表を作るのは難しいのでは?と思う方もいるかと思いますが、意外と簡単に出来て一度元となるテンプレートを作成してしまえば楽に管理することが出来ます。いつも食べる物やカロリーの一覧などを予め作成しておくことで入力の手間も省けますし、自分が使いやすいように表を作れるので見やすく便利です。

普段エクセルに触れることがなく自分で作成するのはちょっと難しいと感じる方は、ネット上からカロリー計算表のテンプレートをダウンロードして使用する、という手もあります。フリーでダウンロードできるものが沢山ありますので、自分の好みのものをダウンロードしてみて下さい。

 

その3:カロリー計算ソフトやアプリを利用する

自分で数値を入力したりするのは面倒臭い、そんな人はカロリー計算ソフトやアプリを使用してみてはいかがでしょうか。予め用意されている食品群から食べた物を選択するだけでカロリー計算を行ってくれるものや、食事写真を撮って送信するだけでカロリーを計算してくれるものなど、様々なソフトやアプリがあります。無料で使用することができ、簡単で見やすいものが多いので、自分に合ったものを見付けてみて下さい。

【お勧めアプリ】
写真で手軽に食事記録&カロリー管理「FoodLog」
簡単にカロリーが調べられる「カロリナビ」
簡単単カロリー管理ダイエットアプリ「カロナビ」

 

その4:サイトやSNSを利用する

カロリー計算やダイエットをサポートしてくれるサイトやSNSを利用している人も多くいます。SNSは簡単にカロリー計算が出来るだけではなく、日記をつけたり他のユーザーと励まし合ってダイエットしたりと、楽しみながら続けていくことが出来るのでお勧めです。

「カロリーslism」
食品の栄養素が一目で分かりカロリー計算できる

「簡単!栄養andカロリー計算」
約900品目の食品と料理のカロリー・栄養をグラムのわかる写真付きで見れる

「girl’s Diet」
カロリー計算機能がついた女性向けダイエットSNS

「あすけん」
栄養士のアドバイスが受けられるダイエットサポートサービス

「イートスマート」
カロリー・栄養計算からダイエット日記まで健康管理の総合サポートサイト

 

その5:基準の100キロカロリー食材を覚えておく

この食材は◯キロカロリー、これは◯キロカロリーといったように、様々な食材のカロリー数を覚えるのは大変ですよね。細かく計算するのではなく、ざっくり計算で構わない、そんな人は身近な食材の100キロカロリーが大体どれぐらいなのかを覚えておくと便利です。

【100キロカロリーの目安】
・ご飯⇒お茶碗に軽く1/2杯
・りんご⇒1/2個
・卵⇒1と1/2個
・食パン⇒8枚切り1切れ
・バター⇒大さじ1
・マヨネーズ⇒大さじ1
・ピーナツバター⇒大さじ1

上記のように100キロカロリーの目安を知っておくと、例えば、トーストにバターを塗ったら200キロカロリー、卵サンドにしたら300キロカロリーといったように、これを食べたら大体何キロカロリーかというのが分かりやすくなります。これなら自分がよく食べるものを覚えておくだけでいいので、カロリー計算を簡単に行うことが出来ます。

 

いかがでしたか?面倒なカロリー計算が簡単に出来る5つの方法をご紹介しました。

今回お伝えした、面倒なカロリー計算が簡単に出来る5つの方法を参考に、カロリー計算をしてみて下さい。カロリーはダイエット目的だけではなく、健康のためにも意識していきたいものですので、簡単にカロリー計算できる方法を覚えておくと便利ですよ。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ダイエットのサポートとなることを願っています。

 

まとめ

面倒なカロリー計算が簡単に出来る5つの方法

その1:バランスの良い栄養が摂れる食品交換表を活用する
その2:エクセルでカロリー計算表を作成する
その3:カロリー計算ソフトやアプリを利用する
その4:サイトやSNSを利用する
その5:基準の100キロカロリー食材を覚えておく

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!