ダイエット中の人は必見!カロリー計算で役立つ6つの情報

ダイエット中の人は必見!カロリー計算で役立つ6つの情報カロリー計算の方法を知っている人と、知らない人とでは、いかに効率よくダイエットができるかどうかに差がでます。また、ダイエットをしているときに摂取カロリーと消費カロリーをしっかりと意識している人は、ダイエットが長続きする傾向もあるのです。やみくもにダイエットをしていると体重の増減だけで一喜一憂してしまいますが、カロリーの管理も行って、楽しくダイエットに励みましょう。そこで、ダイエット中の人に役立つ、カロリー計算で役立つ6つの情報をご紹介します。

ダイエット中の人は必見!
カロリー計算で役立つ6つの情報

 

その1:基礎代謝を計算しよう

ダイエットを始める時に基礎となるカロリー計算が、基礎代謝のカロリー計算です。基礎代謝とは、人が運動をしていなくても、呼吸をしたり、体温調節をするなどの生命活動をするだけで消費するカロリーの事を言います。計算方法は、年齢と性別によって異なります。計算式は、「体重×基礎代謝基準値」となります。この基礎代謝基準値というのが、性別と年齢によって異なるのです。

女性であれば、20代が約22.1、30代と40代が約21.7となります。例えば、体重45キログラムの26歳女性であれば、基礎代謝は「45×22.1=994.5」となり、一日あたり、最低994.5キロカロリーは摂取する必要があるということなのです。

 

その2:簡単な消費カロリーの計算方法

カロリーの計算の中でも、運動によって消費するカロリーを計算する方法を知っておくことは、ダイエットをする上で重要ですし、運動をするためのやる気を出すことにも役立ちます。消費カロリーを計算する方法は、「運動時間(分)×体重×運動毎に異なる1分当たりの消費カロリー×補正係数」です。運動毎に異なる消費カロリーですが、睡眠は0.017、食事は0.0269、歩行は0.057などです。

また、補正係数は、性別と年齢毎に異なり、25歳であれば、男性が1.00、女性が0.93となります。そのため、25歳の体重50キロの女性が1時間の歩行で消費するカロリーは、「60(分)××50×0.057×0.93=159.03」となり、消費カロリーは159.03キロカロリーとなるのです。

 

その3:食品のカロリーを計算して求めよう

カロリー計算と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、食品のカロリー計算でしょう。食品のカロリーは、食品成分表に記載してあるカロリーを元に算出されます。食品成分表や市販で売られている食品のパッケージ等の成分表には、その食品100グラム当たりのカロリーが記載されています。そのため、その食品を自分が正味何グラム摂取するのかを計算してから掛け算する必要があるのです。

 

その4:食品成分表にない食材のカロリー計算

食品のカロリー計算をする際に、パッケージにカロリーが記載されていなく、さらに食品成分表で調べてみても記載されていない場合には、カロリー計算で困ってしまうと思います。そんな時は、その食品に近しい食品でカロリー計算をするようにしましょう。例えば、じゃがいものカロリーがわかっていて、メークインのカロリーが分からないときは、じゃがいものカロリーで代替して問題ないでしょう。

 

その5:消費カロリーを増加させる習慣

カロリー計算をしてみて、1日当たりの自分の摂取カロリがー消費カロリーより上まってしまっている場合、カロリーは過剰摂取されているということですから、基本的にはダイエットには成功しません。しかし、消費カロリーを無理なく増加させる習慣があるのです。それが、貧乏ゆすりや電車で座らずに立つなどといった何気ない習慣です。

貧乏ゆすりが癖になっている人は1日当たり350キロカロリーをプラスで消費する事ができます。また、電車で立てば、座っている人より2倍のカロリー消費ができるのです。そんな何気ない習慣を実践して、カロリー計算の際に消費カロリーを加算できるよう意識しましょう。

 

その6:カロリーの記録はアプリで管理しよう

カロリー計算には、食品成分表が必要で、更に性別と年齢によって消費カロリーが異なると言われると、簡単にカロリー計算ができないのではと敬遠してしまう人もいるかもしれません。しかし、カロリー計算と記録には、専用アプリを使えば、簡単にできるのです。ダイエット用のアプリでカロリーの記録と体重の記録を両方できる物を活用すると、グラフで見た時に自分のやる気にもつながりますし、毎日記録する楽しみもできます。

記録をすることはダイエットを継続させる大きな秘訣となるので、おすすめです。

 

いかがでしたか?ダイエット中の人は必見!カロリー計算で役立つ6つの情報をご紹介致しました。

カロリー計算と言うと、自分では中々できないと思っている人も多いかもしれませんが、年齢や性別による係数などを使って、一度自分の基礎代謝やよくする運動に関する消費カロリーを計算しておけば、その後は、その数値を記録するだけで、摂取カロリーと消費カロリーの管理ができますから、忘れっぽい人は、携帯電話やメモなどを財布に入れておくことをおすすめします。カロリー計算をしながら、ダイエットを継続していきましょう。

 

まとめ

ダイエット中の人は必見!カロリー計算で役立つ6つの情報

その1:基礎代謝を計算しよう
その2:簡単な消費カロリーの計算方法
その3:食品のカロリーを計算して求めよう
その4:食品成分表にない食材のカロリー計算
その5:消費カロリーを増加させる習慣
その6:カロリーの記録はアプリで管理しよう

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!