カロリー過多!?ラーメンはダイエットに向かない?5つの検証

カロリー過多!?ラーメンはダイエットに向かない?5つの検証ダイエット中であったり、カロリーを気にしているとついついラーメンを遠ざけます。でも昼食や夕食、飲んだあと、食べたくなるものに堂々ランクインするのがラーメンでしょう。ラーメンを食べると太るというのが通説です。ところが意外と知られていませんが、カロリーだけをみると通常の1食とほぼ変わらないカロリーなのです。

もちろん種類にもよりますが、なんとなく脂っこく太りそうというイメージがついているラーメン。実際のところはどうなのでしょうか?カロリーを気にする人のためにラーメンがなぜダイエットに厳禁とされるのか、またそれは正しいのか、今回は5つの観点から、順に検証します。ダイエット中だけどラーメン好きのあなた!必見ですよ。

カロリー過多!?
ラーメンはダイエットに向かない?5つの検証

 

その1:ラーメンに限らない麺類の罠

まずそもそもですが、ラーメンが太るというイメージが正しいのかということです。スープと麺で構成されるラーメンですが、実はせいぜい500lcalほどなのです。低いとはいいませんが、食事制限以外でダイエットしている方にとっては通常の1食とそれほど変わりませんよね?ではラーメン=太るは間違いなのかというと実はそうともいいきれません。

ラーメンに限らず麺類はツルっとあまり咀嚼せずに飲み込めるため、満腹中枢が刺激されにくく、ついつい食べ過ぎてしまいます。実は同じ麺類の蕎麦や素麺などもラーメンと同じぐらい食べ過ぎるという意味では危険なのです。知っていますか?軽そうに見えて麺類のカロリーが通常の1食と変わらないということ。それを食べすぎるということは太るということですよ?

またラーメンは特にトッピングをしてしまうことによって、軽く1000kcalを超える場合もあります。チャーシューや卵、海苔など定番のものから○○ラーメンと銘打ったトッピングの多いラーメンはカロリーが高いのです。あくまで500ckalというのはスープと麺だけの平均です。基本的にダイエット中の麺類は食べ過ぎと、トッピングに注意が必要ということです。

 

その2:麺類のいいところ

ではラーメンに限らず、麺類のいいところはあるのでしょうか?それは他の余計なものに目がいかない点です。先ほどトッピングに気を付けなければいけないとはいいましたが、麺類である蕎麦やラーメンはそれだけで十分に主食にできます。ついつい余計なものを頼まなくても単品で主食とできるため、カロリー計算が容易で、自己管理しやすいのです。

また、脂肪を減らすのと同時に筋肉をつけたという人にとって身体を動かす重要な栄養素である炭水化物ですが、麺類はもれなく炭水化物の宝庫です。もちろん取りすぎは中性脂肪につながりますが、適度にとれば脂肪を減らして筋力アップするのにちょうどいい食事ともいえます。なので一概にラーメンは太りやすいというのは間違いで、ダイエットの目的によっては食べても大丈夫なのです。

 

その3:一般的な種類別カロリー

ここまでラーメンのカロリーを500kcalとしてきましたが、種類別にみるとどうなのでしょうか?とんこつは多そう、塩はカロリーが低そうなど、ラーメンの種類によってもイメージに差があります。

しょうゆラーメン 約480kcal
味噌ラーメン 約550kcal
塩ラーメン 約470kcal
とんこつラーメン 約500kcal
つけ麺 約660kcal

あなたの好きな種類はどうでしたか?こうやってみると、大方の予想通り塩は低いですが、つけ麺が意外ではないでしょうか?もちろん使っている醤油や油、麺の違いで誤差はでますが、だいたいの相関はこれぐらいの差があるのです。ポイントはスープ。当然ですが麺ではなくスープのカロリーがほとんどです。なので濃いつけ麺がカロリーの高いラーメンとなります。

 

その4:有名店やインスタントのカロリー

では有名店やインスタントのラーメンのカロリーはどうなのでしょうか?最近はきちんとカロリー表示されている店がほとんどなのでいくつか紹介しておきます。

天下一品(こってりラーメン並) 799kcal
バーミヤン(バーミヤンラーメン) 682kcal
一風堂(白丸元味) 652kcal
日清のラーメン屋さんみそ(日清食品) 393kcal
日清のラーメン屋さんとんこつ(日清食品) 386kcal
醤油ラーメン(マルちゃん) 378kcal
味噌ラーメン(マルちゃん) 444kcal

あくまでトッピングなしの一覧ですが、意外とインスタントはカロリーの低いラーメンだということがわかります。そして有名店はやはりこだわりからか、少し平均的に高めのカロリーとなっています。

 

その5:カロリーの低いラーメンは作れる?

自分の好きなラーメンの種類がカロリーが高い、トッピングがどうしてもしたい!有名店で食べたい!などダイエット中に考えてしまうのは仕方がありません。我慢は強いストレスになり、ダイエット失敗の大きな原因にもなりかねません。だからといって高すぎるカロリーを摂取するのも考え物です。そこで妥協案として登場するのが低カロリーラーメンを自分で作るという選択肢です。

塩、もしくは醤油ベースで麺をシラタキに変えたり、チャーシューの油抜きをするなどちょっとした工夫でラーメンでもりっぱな健康食に早変わりします。また、大事なのはスープを飲み干さないということです。カロリーはラーメンのスープがほとんどを占めているといっても過言ではありません。我慢して下手にストレスを溜めるよりかはずっといい対案だとは思いませんか?

 

いかがでしたでしょうか?カロリー過多!?ラーメンはダイエットに向かない?5つの検証を紹介しました。

結論からいうと、ラーメンは普通に食べればついつい失敗しやすいメニューですが、食べ方や種類を選ぶことでダイエット中に食べても問題ないということが分かるかと思います。カロリーが多く、ダイエットでは悪者扱いされがちなラーメンですが、無理に我慢する必要はありません。今回紹介したちょっとした知識と工夫でストレスなく欲求を満たしましょう。

 

まとめ

カロリー過多!?ラーメンはダイエットに向かない?5つの検証

その1:ラーメンに限らない麺類の罠
その2:麺類のいいところ
その3:一般的な種類別カロリー
その4:有名店やインスタントのカロリー
その5:カロリーの低いラーメンは作れる?

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!