気を付けて!内臓脂肪型肥満が怖い理由とダイエット法☆6つの知恵

気を付けて!内臓脂肪型肥満が怖い理由とダイエット法☆6つの知恵内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満と、肥満には2種類あるってご存知ですか?自分がどちらのタイプか調べたことはありましたか?まず皮下脂肪とはその名の通り、皮膚の下に蓄積する脂肪で、お尻や下腹などにつきやすいと言われています。見た目から「洋ナシ型」と言われることもあります。内臓脂肪とは、内臓のまわりに付く脂肪で、ウエストのあたりがぽっこり出るタイプの肥満になります。その見た目から「リンゴ型」と呼ばれます。

どちらもダイエットが必要になりますが、特に内臓脂肪型肥満の方は要注意なんです!今回は内臓脂肪型肥満が怖い理由とダイエット法に関する6つの知恵をご紹介します。ご自身が内臓脂肪型肥満の方や、家族に内臓脂肪型の方がいるなら、今回の記事は必見ですよ!

気を付けて!内臓脂肪型肥満が怖い理由と
ダイエット法☆6つの知恵

 

その1:内臓脂肪型肥満の怖さとは

なぜ内臓脂肪は、危険と言えるのでしょうか?それは内臓脂肪は代謝が高いので、血液の中に脂質を多く送り込みます。それで血中の脂質の濃度がどんどん高くなり、ドロドロ血液になってしまいます。さらにすい臓から分泌されるインスリンの働きを悪くしてしまいますので、糖尿病の原因にもなります。またさらに悪いことに、血圧を上昇させることにもなります。

それで内臓脂肪は、糖尿病、心臓病、高血圧症など、多くの病気のもとになっています。内臓脂肪型肥満は生活習慣病まっしぐらというわけです。

 

その2:早食いに注意する

では内臓脂肪型肥満を解消するためのダイエットは、どのようにすればよいでしょうか?内臓脂肪型肥満の方に多いのが早食いです。食べてから満腹感を感じるまでには時間差があります。早食いしてしまうと、満腹を感じる前にたくさん食べてしまいがちです。また早食いは血糖値を急上昇させます。内臓脂肪型肥満はインスリンの働きが悪いので、さらに悪化させてしまうことになります。

ゆっくりよく噛んで食べる習慣をつけると、血糖値の上昇を抑え、食べる量も自然に減っていくはずです。まずゆっくり食べることをダイエットの第一歩にしましょう。

 

その3:和食に切り替える

自分の食生活を見直し、栄養バランスの良い食事に切り替えましょう。もしファーストフードや洋食が多かったなら、脂肪の少ない和食を意識しましょう。肉から魚にし、野菜や豆類、海藻類など積極的に摂りましょう。和食を作る時は、多くの品目を取り入れるように心がけると、自然とバランスよい食事になっていきます。

 

その4:食物繊維から食べる

毎回の食事に食物繊維のたっぷり含んだもの、つまり野菜、豆類、海藻類、きのこ類などを摂りましょう。そして大切なのはそのような食物繊維を含んだ食材から食べ始めるということです。食物繊維から食べると、その後に食べるものの吸収をゆっくりにします。また食物繊維が多いものはよく噛みますので、早食いも防止できます。さらに低カロリーで腹持ちが良いので、内臓脂肪を増やさない食材ですよ。

 

その5:夜10時以降の食事は避ける

内臓脂肪を減らすには、肥満原因物質の「BML1」と呼ばれるタンパク質の働きを理解しましょう。これは脂肪酸やコレステロールを合成して、体に脂肪を貯め込む働きがある、内臓脂肪型肥満の人の敵ともいえるものです。しかし攻略法があります。それはBMAL1は時間帯によって数が変わるのです。それで、BMAL1が少ない時に食事をすることで、その働きを最小限に抑えることができます。

逆に多いときに食事をすると脂肪になってしまいます。BMAL1が最も多いのは午後10時から深夜2時ごろだそうです。それで10時以降の食事は避けたいですね。一杯飲んだ後のラーメンは太るというのは本当なんです。

 

その6:ウォーキングを始める

皮下脂肪よりも内臓脂肪は運動で減らしやすいそうです。内臓脂肪を減らしたい方は運動を生活に取り入れましょう。内臓脂肪を減らすには有酸素運動が必要です。ジョギングや水泳などいろいろありますが、まず始められそうなのはウォーキングではないでしょうか。それで、いつもより少し多く歩くことからトライしたいですね。一駅多く歩く、ちょっと遠くのスーパーまで行く、ちょっと多めにペットと散歩してみるなど、自分の生活でできることから始めましょう。

 

内臓脂肪型肥満が怖い理由とダイエット法6つの知恵はいかがでしたか?

内臓脂肪は放っておくととても怖いものです。しかし食事と運動を工夫すれば、決して手ごわい相手ではありません。最近は内臓脂肪レベルが測れる体重計がありますので、内臓脂肪チェックに使えます。ぜひ今回の6つの知恵を参考に、内臓脂肪を確実に減らしてくださいね。

 

まとめ

気を付けて!内臓脂肪型肥満が怖い理由とダイエット法☆6つの知恵

その1:内臓脂肪型肥満の怖さとは
その2:早食いに注意する
その3:和食に切り替える
その4:食物繊維から食べる
その5:夜10時以降の食事は避ける
その6:ウォーキングを始める

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!