脂肪燃焼にも効果があるコーヒーの知られざる5つの力

脂肪燃焼にも効果があるコーヒーの知られざる5つの力コーヒーを飲むだけで脂肪燃焼が期待できると、ちょっと前に話題になりましたが実際の効果はどうなのでしょうか。コーヒーは緑茶や紅茶、水などと同じで、家でも外出先でも手軽に飲める飲料の1つです。そんな身近な飲料で本当に脂肪燃焼でき、?せられたらラッキーですよね。けれどコーヒーが脂肪燃焼にも効果があるとわかったのはごく最近の事で、少し前までは発がん性の危険があるから飲み過ぎてはいけないなどの、全く逆の説があったのです。

現在では発がん性物質を抑制するとか、動脈硬化や肥満の予防になるとか、美肌効果にうつ対策など、コーヒーが様々な病気の予防になり体に良いと言う研究結果が多く発表されています。さすがにコーヒーだけで10kg減少した!と言うような極端な例はなさそうですが、目には見えない内臓脂肪の減少は実験で証明されているようです。このような最近になって解明されたコーヒーの知られざる驚きの力をご紹介いたします。

脂肪燃焼にも効果がある
コーヒーの知られざる5つの力

 

その1:カフェインの目覚め効果は脳だけでなく自律神経にも効く

コーヒーのカフェインが眠気を覚ましてくれると言うのは随分前から知られている事で、仕事や運転中の眠気覚ましや試験勉強の際に、コーヒーを飲んでスッキリさせた経験は誰しもあるかと思います。これは眠気を促進する物質が脳内に溜まるのをカフェインが防いでくれるからです。さらにカフェインには自律神経の交感神経を刺激する作用があり、集中力や運動力を上昇させてくれます。眠気だけでなく気持ちをシャキッとさせたい時にも1杯のコーヒーが効くんです。

 

その2:カフェインは脂肪燃焼を促し冷えや浮腫にも効く

コーヒーで脂肪燃焼ができる理由の1つ目がカフェインで、体内にある脂肪を分解してくれるリパーゼの動きを活発にしてくれます。さらにカフェインには血管を拡張する作用があり、それによって血行が良くなると、体温とともに基礎代謝を上げ脂肪燃焼しやすくするのです。また血行が良くなれば、体内の余分な水分を排出してくれるので浮腫にくくなります。緑茶や紅茶にもカフェインが含まれていますが、コーヒーに比べたら半分以下しかありません。

 

その3:コーヒーに含まれるクロロゲン酸が体脂肪を減らす

コーヒーで脂肪燃焼ができる理由の2つ目がクロロゲン酸です。あまり聞き慣れない成分ですがコーヒーに多く含まれていて、他にもさつま芋やじゃがいも、ゴボウやリンゴにも含まれているポリフェノールの一種です。このクロロゲン酸がコーヒーの苦み成分だと言われています。また熱に弱い為コーヒー豆を焙煎するほど減ってしまうので、深煎りのカプチーノより浅煎りのアメリカンの方がクロロゲン酸が多く含まれていると言う訳です。

クロロゲン酸は細胞内にある脂肪を燃焼させ、エネルギーに変換してくれるミトコンドリアを刺激して、より多くの脂肪を取り入れ燃焼させるよう促してくれます。そしてミトコンドリアが脂肪燃焼すればするほど、体脂肪が減っていくのです。さらにクロロゲン酸は食事により新しく入ってくる脂肪だけでなく、元々体内にある脂肪の両方に働きかけ脂肪燃焼を促してくれます。だから飲むタイミングは関係なく、コーヒーを飲むだけで脂肪燃焼ができると言われているのです。

 

その4:クロロゲン酸の効果は脂肪肝や糖尿病の予防まで

脂肪燃焼に効果があるクロロゲン酸ですが、摂取する事で脂肪肝や糖尿病を予防できると言われています。脂肪肝は肝臓に脂肪が溜まって起こる病気ですが、コーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸によって内臓脂肪を減らすと同時に、肝臓や筋肉内に溜まっている脂肪も減らしてくれます。またクロロゲン酸が糖尿病の原因となる糖の合成を抑えてくれるので、予防だけでなく治療薬としても使われているほどです。

 

その5:正しい摂取量が効果を出す!飲み過ぎは逆効果

脂肪燃焼に効果があるカフェインとクロロゲン酸ですが、1日の摂取量を超えると全く逆の効果が出るので注意が必要です。特にカフェインとクロロゲン酸には、鉄分やビタミンB1の吸収を阻止してしまう可能性があり、摂取し過ぎると貧血になってしまいます。またコーヒーの適量は1日3杯程度とされているのに、毎日5杯以上を飲み続けてしまうと脂肪燃焼ではなく、脂肪の蓄積に繋がるという実験結果もあるので気をつけなくてはいけません。

適量を守りやすい方法としては、コーヒーを飲むのではなくカフェインやクロロゲン酸が配合されたサプリメントを利用したり、普段のコーヒーを1日1本と推奨している花王のヘルシアコーヒーに変える事です。ヘルシアコーヒーは他のコーヒーに比べてクロロゲン酸が多く含まれているので効率的です。またダイエットコーヒーとして同じようにクロロゲン酸を多く含んだ商品が多数存在しますので、袋に書いてある量を目安に摂取すれば間違いないでしょう。

 

いかがでしたか?脂肪燃焼にも効果があるコーヒーの知られざる5つの力をお伝えしました。

今回お伝えした、脂肪燃焼にも効果があるコーヒーの知られざる5つの力を読んで、普段何気なく飲んでいるコーヒーの威力に驚かれた人も多いと思います。身近な飲料で脂肪燃焼の手助けをしてくれたり、病気の予防をしてくれるなんて嬉しいですよね。またコーヒーの香りにはアロマ効果があり、脳を活性化させたりリラックスさせてくれます。コーヒーの知られざる力を知り、毎日の生活に上手に取り入れて頂けたらと思います。

 

まとめ

脂肪燃焼にも効果があるコーヒーの知られざる5つの力

その1:カフェインの目覚め効果は脳だけでなく自律神経にも効く
その2:カフェインは脂肪燃焼を促し冷えや浮腫にも効く
その3:コーヒーに含まれるクロロゲン酸が体脂肪を減らす
その4:クロロゲン酸の効果は脂肪肝や糖尿病の予防まで
その5:正しい摂取量が効果を出す!飲み過ぎは逆効果

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!