美味しいカレーパンのカロリーをなかったことにする7つの運動

美味しいカレーパンのカロリーをなかったことにする7つの運動カレーパンは日本人が発明したものですが、食べやすくて美味しいですよね。そんなカレーパンのカロリーは標準的なもので1個で約330kcalになります。ビックマックのカロリーが約560kcalですから、カレーパンを2個も食べるとビックマックよりも高カロリーになってしまいますが、2個くらいなら食べられそうですよね。今回は、そんな美味しいカレーパンのカロリーを無かったことにする7つの運動を紹介します。なお、今回紹介する消費カロリーは体重50kgの場合の参考値なので、体重によって変わります。

美味しいカレーパンのカロリーを
なかったことにする7つの運動

 

その1:ジョギング、ランニング

一般的な速さで走った場合(息がぜーぜーと辛くならない程度)30分で約180kcalを消費しますから、カレーパン1個分のカロリーを消費しようと思うと1時間くらいは走らないといけませんね。もう少しがんばっって、時速6kmで走ると約330kcalになるので、これだと30分でカレーパン1個分を消費できます。

ジョギングやランニングでは速く走るよりも、ゆっくりでいいので出来るだけ長距離を走るようにしましょう。そのほうが消費カロリーを増やすことが出来ます。速く走ったことで早くばててしまい、早々と歩いてしまっては本末転倒ですね。

 

その2:ウォーキング

お手軽に出来る運動の代表格ともいえるのがウォーキングです。普通に歩く程度(時速4km)だと30分で約180kcalを消費するので、1時間くらいは歩く必要があります。気がついたかも知れませんが、これはゆっくりとジョギングした場合とほぼ同じになります。運動によって消費するカロリーというのはその速さではなく、距離に比例することがわかっています。

ですから、ゆっくりしたジョギングとウォーキングで移動する距離が同じだったら、消費するカロリーも似たような値になります。そう考えると、ウォーキングといっても馬鹿に出来ないですよね。

 

その3:水泳

ゆっくりとクロールする場合、30分で約200kcalなので、カレーパン1個分を消費するためには50分程度が必要です。ゆっくりとはいえ40分も泳ぎ続けるのはかなり大変ですね。ちなみに、水泳で一番消費カロリーが多いのはバタフライになりますが、スポーツクラブやスイミングジムで選手でもない一般人がバタフライをするのはかなり勇気がいりそうですね。

平泳ぎと速いクロールの場合は同じくらいの消費カロリーとなり、30分でだいたい260kcalを消費するので、カレーパン1個分を消費するには40分くらいの運動が必要です。

 

その4:サイクリング(エアロバイク)

自転車で通勤するツーキニストなる言葉もありますし、自転車もお勧めです。自宅にエアロバイクがあれば天気を気にせずいつでも好きな時間に行うことができるので、強い味方になります。息が上がらない程度だと30分で約100kcalを消費するので、カレーパン1個分だと約1時間半続けることになります。

これはちょっと長いですよね。少し速めに漕いだ場合に30分で約150kcal、出来るだけ速く漕ぐと30分で約270kcalになります。エアロバイクの場合は消費カロリーを表示してくれるものも多いので、ちょうどいい目安になりますね。

 

その5:各種スポーツ(レクリエーションとして)

会社の同僚と一緒にしたり、地域のサークルに入ったりしていろいろなスポーツを行ってみるのもいいでしょう。ここで紹介するのはレクリエーションとして30分行った場合のカロリーなので、本気でやるともっと消費カロリーを増やすことが出来ます。

バドミントン:約120kcal、サッカー:約180kcal、スカッシュ:約300kcal、テニス:約180kcalとなっています。スカッシュだと30分でカレーパン1個分を消費出来ますね。ただし、スカッシュは専用の競技場が必要になるので、地方だとなかなか場所が見つからないかもしれません。

 

その6:家事

家事が忙しくて運動する暇なんてそんなにとれないわ!という人も多いと思いますが、家事によって体を動かすことで少ないながらもカロリーを消費することができます。ひざまづいて床磨きをすると30分で約140kcalを消費することができますが、カレーパン1個分のカロリーを消費しようと思うと(1時間以上)足腰が疲れそうですね。

その他にも、ガラス磨き:約110kcal、モップがけ:約110kcalとなるので、毎日家事を行っている場合はそれだけで結構なカロリーを消費していることになります。だらけていないで、暇があればこまめに体を動かして掃除することで家の中が綺麗になるだけで無く、ちょっとした運動代わりになることがわかります。

 

その7:山登り

最近は山ガールなんて言葉も聞きますね。機会があればストレス解消も兼ねて都会の喧騒から離れてみるのも良いのではないでしょうか?ハイキングだとコースにもよりますが、30分で約160kcalを消費するので1時間も歩けばカレーパン1個分を消費できます。もちろん、上り坂が急だったりとコースが厳しいものほど消費するカロリーも増えます。

 

いかがでしたか?

何気なく食べているカレーパンですが、1個分のカロリーを消費しようと思うとけっこうな運動が必要になることがわかりました。ウォーキングは意外とカロリーを消費するので、毎日の通勤・通学で歩く距離を増やすことが出来ればかなり効果的な運動になります。また、家事1つの消費カロリーは小さくても毎日いろいろとやっているとそれだけでかなりのカロリーを消費できそうですね。

そう考えると、つらい家事もちょっとはやる気が出ませんか?普段食べているもののカロリーと、どのくらい体を動かせばどのくらいのカロリーを消費できるかを知っておくだけでも食べ過ぎを抑えることが出来ますよ。

 

まとめ

美味しいカレーパンのカロリーをなかったことにする7つの運動

その1:ジョギング、ランニング
その2:ウォーキング
その3:水泳
その4:イクリング(エアロバイク)
その5:各種スポーツ(レクリエーションとして)
その6:家事
その7:山登り

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!