カレーうどんのカロリーと気をつけたい5つのこと

カレーうどんのカロリーと気をつけたい5つのことカレーうどんのカロリーはどのくらいが考えたことはありますか?美味しくて食べやすいのでついつい食べ過ぎてしまうかもしれませんが、カロリーの取り過ぎには注意が必要です。ちなみに、一般的なカレーうどんのカロリーは約500kcalから550kcalになりますが、麺の量や調味料の構成で変わります。今回はこんなカレーうどんのカロリーと、食べるときに気をつけたいことを5つ紹介します。

カレーうどんのカロリーと気をつけたい5つのこと

 

その1:カロリー構成

カレーうどんのカロリーを約500kcalとして、内訳はうどんが約270kcal、豚肉が約80kcal、スープ(カレールウ)が約70kcal、サラダ油やみりん、しょうゆで50kcalから60kcalくらいとなっています。うどんだけで総カロリーの半分を占めているんですね。牛肉が使われている場合や、豚肉でも種類によってはもっと高カロリーになることもありますし、味付けに使われる調味料によっても変わります。

 

その2:味付けは薄めにする

ダイエット食の基本は薄味でカロリーを抑えることです。カレーうどんのスープはカレールウにだし汁加えることになるので、だし汁を大目にしてスープを薄めにしましょう。また、調理で使うサラダ油、みりん、しょうゆといった調味料を少なめにすることでカロリーを抑えることも大事です。

調味料で抑えることができるカロリーは大きくはありませんが、小さいものを積み重ねることが大切です。ちょっとしたカロリーの取り過ぎが積み重なって脂肪になるのですから、逆に言えばちょっとしたカロリー制限を積み重ねることで身につく脂肪の量を減らすことになるのです。

 

その3:お肉は低カロリーのものを使う

カレーうどんを自宅で作る場合は、牛肉よりも鶏肉や豚肉を使うことでカロリーを抑えることが出来ます。鶏肉の場合は皮をとって、肉についている脂身もできるだけ取り除きましょう。鶏肉の場合はささみが一番低カロリーです。豚肉を使うときは、バラ肉が一番高カロリーで、ロース->もも肉->ヒレ肉の順に低カロリーになります。できるだけ低カロリーのものを選ぶようにしましょう。また、調理前に脂身を取り除いておくと、より低カロリーにすることが出来ます。

もしも可能であれば、いっそのこと肉を抜いてしまうという手もあります。これだと一気にカロリーを減らすことが出来ますね。ただし、何も無いと寂しいという場合、肉の代わりにエリンギのような低カロリーで食べ応えのあるものを入れると、満腹感を損なうことなくカロリーを大幅に減らすことができます。

 

その4:スープを残す

カップヌードルやラーメンでもよく言われることですが、麺類のスープを残すのはダイエットの基本です。カレーうどんの場合はスープのカロリーが約70kcalとなっていますから、半分残せば35kcalは抑えることが出来ますね。余ったスープを残すだけでもかなりのカロリーを抑えることがわかります。

もったいないと思われるかもしれませんが、ここは心を鬼にして出来るだけスープを残すように心がけましょう。それでも残すのがもったいないと感じる場合、自宅で食べるのであればスープを別にしてつけ麺のようにすればスープを残すこともないし、余ったスープを飲み干すという危険を防ぐことができます。

 

その5:ごはんを食べない

カレーうどんをおかずにご飯を食べたり(定食なんかにありそうですね)、麺を食べ終わった後に単品でご飯を注文してカレーライスみたいにして食べる人もたまにいますが、明らかに炭水化物の取り過ぎですね。間違ってもそのような食べ方はしないようにしましょう。また、麺のおかわりも同じことなので止めておきましょう。

うどんのカロリーが約270kcalですから、うどんを1割減らすことができればそれだけで約27kcal、2割なら約60kcalも減らすことが出来ます。

 

いかがでしたか?

カレーうどんのカロリーはなかなか高いものですが、スープを残すことで(つけ麺でもOK)30kcal、低カロリーの肉を使うことで20kcal、うどんを減らすことで30kcal、調味料を少なくすることで20kcal、これらを全て合計するとカレーうどん1食あたり約100kcal程度はカロリーを減らすことが出来そうです。もしも肉抜きにできれば、約150kcalくらいはカロリーを減らすことが出来そうですね。ご飯1杯のカロリーが約220kcalですから、150kcalがいかに大きなものかがわかります。

お店で食べるときにスープを残すことに後ろ髪を引かれるかもしれませんが、そこは慣れるようにしましょう。カレーうどんに限らず、お店で麺類を注文するときはスープは残すように習慣づけておくといいですね。こればかりはもったいないと言っていると、その後に自分の体が大変なことになってしまいますよ。

 

まとめ

カレーうどんのカロリーと気をつけたい5つのこと

その1:カロリー構成
その2:味付けは薄めにする
その3:お肉は低カロリーのものを使う
その4:スープを残す
その5:ごはんを食べない

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!