食べる量はそのままで!ダイエットになる食事の摂り方5つの方法

食べる量はそのままで!ダイエットになる食事の摂り方5つの方法ダイエット中は食事の量を減らすことに四苦八苦しますよね。食べたい・・・でも太る・・・という葛藤に悩まされます。でも食べる量は気にせずに、ダイエットが食事の摂り方で可能になるって聞いたことはありますか?そんな方法があればすぐに取り入れたいと思われるのではないでしょうか?それで今回は、ダイエットになる食事の摂り方を5つご紹介したいと思います。きっと知っててよかったと思うことばかりですよ。

食べる量はそのままで!
ダイエットになる食事の摂り方5つの方法

 

その1:野菜から食べる

ダイエットになる食事の摂り方として有名なのは、野菜を先に食べるということです。実践していらっしゃいますか?知ってはいても、お腹が空いていたり、料理をする時間がないと、野菜を先に食べることを習慣にできていない方は多いようです。もう一度、野菜から食べるのがダイエットになる食事の摂り方と言われる理由をおさらいしておきましょう。

野菜から食べるのが良いのは、野菜に含まれる食物繊維が関係しています。食物繊維を先に食べると、唾液や胃液の働きで、胃が膨張するので、早く満腹感を得ることができるからです。さらに、食物繊維には、腸で余分な脂質の吸収を抑えてくれます。さらに糖質の吸収も緩やかにしますので、血糖値の急激な上昇を抑え、太りやすい体質になるのを防いでくれます。

また食物繊維を含む野菜は、しっかり噛みますので、脳の満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを抑える働きもあります。こんなに良いことだらけなので、ぜひ食物繊維から食べることを習慣にしましょう。

 

その2:夜8時までに夕食を摂る

ダイエットになる食事の摂り方の2つ目ですが、ダイエットになる食事の時間というものがあります。どうせ食べるなら、同じ量を食べても太りにくい時間に食事をするのが良いですよね。ダイエットになる食事時間を知るのに参考となるのが、肥満原因物質の「BML1」と呼ばれるタンパク質です。これは脂肪酸やコレステロールを合成して、体に脂肪を貯め込むのを助ける働きがあります。

BMAL1は時間帯によって数が変わる性質を持っています。それで、BMAL1が多いときに食事をすると太りやすく、少ない時間帯に食事をすると太りにくいのです。実際にBMAL1が最も多い、つまり最も太りやすいのは何時でしょうか?それは午後10時から深夜2時ごろです。それでこの時間に食事をすると最も太りやすいので気をつけましょう。それで夕食は午後10時にかからないようにし、午後8時くらいまでに済ませるのがベストです。

 

その3:おやつは午後2時か3時

ダイエット中もおやつはやめられない!という方も多いでしょう。ではおやつを食べても太りにくい時間帯はいつでしょうか?再びBMAL1の数をチェックしてみましょう。BMAL1が少なくなるのは明け方から少しずつ減り始め、午後2時や3時に最も少なくなります。つまりこの時間帯は、食べても太りにくいのです。太りやすいおやつはこの時間に食べるのが、ちょうどよいタイミングです。

「3時のおやつ」とはよく言ったものですね。

 

その3:夕食前には野菜ジュースを

夕食前にどうしてもお腹が空いて、甘いものを食べてしまうなんてことはありませんか?空腹時に急激に血糖値が上がる食べ物を食べてしまうのが、最もダイエットにならない食事方法です。でも空腹のまま夕食をドカ食いしてしまっても、血糖値を急激に上げてしまいます。それを防ぐには、夕食前の空腹時には、血糖値を上げすぎないものを少し食べておくのが良いでしょう。

最適なのは、食物繊維がしっかり入った野菜ジュースです。糖分や塩分が入っていないものを選んで、空腹時対策に用意しておくのがおすすめです。

 

その4:規則正しく食事する

ダイエットになる食事方法は、規則正しく摂るということです。人間には体内時計が備わっています。その時計に合わせて食事することで、太りにくい体になります。体内時計は、日中は活発に動き、夜は省エネモードになり眠るというリズムで動きます。それに合わせて、朝や昼はしっかりと食事を摂り、夕食は少なめにします。規則正しくすることで、体内時計に合わせた体を作ることができ、人間本来の健康な体に近づきます。

 

その5:よく噛んでゆっくり食べる

ダイエットになる食事方法はとにかく、よく噛んでゆっくり食べることです。早食いは満腹感を感じる前に、かなりの量を食べてしまうので過食しがちになります。私はゆっくり食べようと思ってもどうしても早食いしてしまう癖がありました。そんな私がやってみたゆっくり食べるための方法はこうです。まず、おかずを選ぶとき、あえて食べにくい魚にしたり、肉なら骨付きの肉にすることです。骨を取る作業をしているうちに、よく噛みます。

さらに白米を玄米に替えました。玄米は硬いので、どうしてもよく噛む必要があります。一口30回を意識して噛むようにしました。玄米をよく噛むと、甘みが出てとてもおいしくなりますよ。またスプーンを使わずにフォークで食べると、うまくフォークに食べ物が乗らないので、一口がどうしても小さくなります。さらに利き手と違う手で箸を持つなど、食べる早さを遅くしてダイエットになる食事方法はいろいろあります。

自分に合った方法を探してみてくださいね。

 

ダイエットになる食事の摂り方5つの方法はいかがでしたか?

食べる量も大切ですが、ちょっと食べる方法を変えるだけで、ダイエット効果を期待できます。手軽に取り入れられますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

食べる量はそのままで!ダイエットになる食事の摂り方5つの方法

その1:野菜から食べる
その2:夜8時までに夕食を摂る
その3:夕食前には野菜ジュースを
その4:規則正しく食事する
その5:よく噛んでゆっくり食べる

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!