ダイエット 運動で痩せる体をつくる7つの方法

ダイエット 運動で痩せる体をつくる7つの方法ダイエット 運動に効果はあるのでしょうか。例えば、万歩計をつけて歩いたとき、ジムのマシーンでウォーキングしたとき、消費したカロリーを見て、その少なさにがっかりした経験はありませんか?30分歩いた場合、その消費カロリーは58kcalです。仮に30分ジョギングをしたとしても、消費カロリーは180kcal程度。180kcalは食べ物でいうと、カステラ1切に相当します。

ですが、ダイエット成功の秘訣は毎日の積み重ねにあります。30分歩くだけだと58kcalしか消費できませんが、1ヶ月毎日続けた場合、換算すると1740kcalになります。さらに1年続けた場合は21170kcalです。チリも積もれば山となる、というように、毎日たった30分のウォーキングでも、続ける人と続けない人では大きな違いが出てくると思いませんか?そこで今日はダイエット 運動の効果をお伝えします。

ダイエット 運動で痩せる体をつくる7つの方法

 

その1:ダイエット 運動の効果

ダイエットを成功させるためには、摂取カロリーと消費カロリーをコントロールする必要があります。消費カロリーをコントロールするためには運動は不可欠です。仮に食事制限で摂取カロリーをコントロールすることだけで痩せようとするならば、脂肪とともに筋肉も痩せてしまいます。筋肉が痩せてしまうと、体重は一時的に軽くなるかもしれませんが、ボディーラインもたるんでしまうのです。

一方、運動を行った場合、運動量に合わせて消費カロリーが増えます。筋肉量もアップしますので、メリハリのあるボディーラインを手に入れることもできますね。さらに運動には嬉しいメリットがもう1つ。それは基礎代謝量がアップすることです。基礎代謝とは人が生きていくために必要なカロリーのことで、何もしなくても消費されていきます。つまり、痩せやすい身体づくり、美しい身体づくりのためには運動は必須なのです。

 

その2:ダイエット 運動の種類

運動には有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動とは、体内に十分な酸素がある状態で行う運動をいい、無酸素運動は息切れにより、体内の酸素量が足りない状態で行う運動のことをいいます。体内に酸素がある分、有酸素運動の方が脂肪を燃やしやすく、一方無酸素運動は筋肉量を増やすために高い効果があるといわれています。今ある脂肪を落とすには有酸素運動、痩せやすい身体を作るためには無酸素運動を行うと良いですね。

 

その3:効果的な有酸素運動

有酸素運動とは、体内に十分な酸素がある状態で行う運動です。あまり息切れせず、軽く汗ばむ運動というとイメージしやすいのではないでしょうか。有酸素運動は、開始してから5分ほどで脂肪を燃やし始めますが、さらに効果的に脂肪を燃やすためには最低でも20分は続けましょう。つまり、あまり激しい運動よりも、ある程度身体に負担がなく、楽に行える運動の方が逆にダイエットには効果があるのです。

 

その4:消費カロリーの多い運動ランキング

どうせ1時間運動するなら少しでも消費カロリーが多い運動を行って効率よく脂肪を燃やしたいですよね。1時間行った場合、一番消費出来るカロリーが多いと言われている運動は1337kcalのクロール、次いで2位は544kcalの平泳ぎです。水泳は全身の筋肉をバランス良く使うことができるので、ダイエットにとても効果的。ちなみに3位はジョギング、4位にサッカー、5位はバスケットボールというランキングになっています。

 

その5:日常生活の中で上手に運動

いくら水泳やジョギングがダイエットに効果的といっても、毎日続けることは難しいですよね。ですが、わざわざ運動を意識しなくても、日常生活の中には消費カロリーの高い動作がたくさんあります。例えば階段を昇ること。女性の場合、1時間階段を昇るという動作を繰り返した場合、消費出来るカロリーは371kcalです。1時間テニスを行った場合の消費カロリー346kcalと比べても、階段を登るという動作は十分な運動といえます。

また、階段を降りるという動作の消費カロリーは223kcal(1時間)、平地で自転車をこいだ場合は229kcal(1時間)、入浴は148kcal(1時間)といった具合に、日常生活の動作の中にも消費カロリーを増やす運動となる動作はたくさんあるのです。エレベーターではなく階段を使ったり、ちょっと長めにお風呂につかるだけでも消費カロリーはアップしますので、ダイエット効果が期待できますよ。

 

その6:家事の消費カロリーを把握してダイエット

日常生活の何気ない動作に運動と同じ効果があるように、家事ももちろんカロリーの消費に役立ちます。例えば、洗濯やアイロンがけ、皿洗いを20分行うと24kcal、掃除機を20分かけると46kcal、お風呂掃除は20分間で51kcalも消費することができます。さらに、顔を洗ったり、化粧をしたりする場合も20分で消費するカロリーは18kcal。カロリーを消費するためと思えば、家事も楽しめるのではないでしょうか。

 

その7:ダイエット 運動の効果を高めるための注意点

有酸素運動の効果を高めるためには、小腹が空いた状態で運動しましょう。人間が運動する際にまず使用するのは糖質です。この糖質が少なくなってくると、次のエネルギー源となるのは体脂肪。つまり、体内に糖質が少ない状態で運動を行うと、より体脂肪は燃えやすくなるのです。この状態を作り出してくれるのが、小腹が空いた状態だと言われています。ですが、完全に空腹な状態では逆に身体に負担がかかりますので、気を付けましょう。

 

いかがでしたか?ダイエット 運動で痩せる体をつくる7つの方法をお伝えしました。

今日お伝えした、ダイエット 運動で痩せる体をつくる7つの方法を日常的に意識すると、特別なつらい運動をしなくても、あなたが日常生活で消費するカロリー量は確実に増えます。消費カロリーのコントロールはダイエットの成功のためには必須条件。無理せず、気長にダイエットと向き合ってくださいね。この記事が少しでもあなたのお役に立つことを願っています。

 

まとめ

ダイエット 運動で痩せる体をつくる7つの方法

その1:ダイエット 運動の効果
その2:ダイエット 運動の種類
その3:効果的な有酸素運動
その4:消費カロリーの多い運動ランキング
その5:日常生活の中で上手に運動
その6:家事の消費カロリーを把握してダイエット
その7:ダイエット 運動の効果を高めるための注意点

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!