2キロは痩せる!断食ダイエット7つのやり方

2キロは痩せる!断食ダイエット7つのやり方断食ダイエットで手っ取り早く痩せたいと思ったことはありませんか?断食ダイエットとは、一時的に食事を絶つことで体の中をきれいにして痩せるダイエット法です。しかしやり方を間違えてしまうと、余計に太りやすい体を作ってしまったり、体を壊して命にかかわってしまうことがあります。

今回は正しい断食ダイエットの方法を学んでくださいね。きちんとした方法で行えば、一度の断食ダイエットで2キロは痩せますよ。さらに体の中にたまった毒素を排出し、体がすっきりしたり、普段の食生活を見直すきっかけになったりします。それでは正しい断食ダイエット7つのやり方を見てみましょうね。

2キロは痩せる!断食ダイエット7つのやり方

 

その1:最長2日間に抑える

本来断食ダイエットは専門家の指導の下で、安全が確立された病院や専門施設で行うものです。知識がないまま断食ダイエットをすると危険なのです。それで自宅で断食ダイエットする場合は最高2日間とし無理をしないようにしましょう。

正しい知識をもとに行う自宅での「プチ断食ダイエット」は、無理のない範囲で行えば効果が出ます。例えば仕事の無い週末の土日を活用したりして、自分に都合の良いタイミングで上手に始めてみましょう。

 

その2:前日から準備をする

土日を使った断食ダイエットを例に取ってみましょう。その場合、金曜日の夜から準備を始めましょう。暴飲暴食の後、いきなり断食ダイエットに入ると、体はびっくりしてしまします。それで金曜日から消化に良いものを食べるようにしましょう。

特に金曜日の夜は、栄養バランスの良い和食など、胃に負担のかからないものを腹八分目食べましょう。それから夜7時くらいまでに食べ終わるようにし、ゆっくり胃を休めましょう。

 

その3:疲れている時は避ける

その週、仕事が忙しくて寝不足気味だったとか、生理前だとか、風邪気味だといった、体調が優れない時は断食ダイエットは見送りましょう。体調が万全でないと、さらに体調を悪化させたり、病気になることもあります。十分に健康なときに行って初めて効果が出るダイエット法なのです。

 

その4:2日目の夜から通常へ戻す準備をする

土日を使った断食ダイエットの場合、日曜日の夕食から通常食に戻す準備を始めましょう。月曜日から仕事が始まる方は、活動が始まるのでしっかりとした体力が必要になるでしょう。それで体を回復させるためにも日曜日の夜から始めましょう。またいきなり通常食に戻すと内臓に負担をかけてしまいます。

それで日曜日の夕食は、おかゆや素うどんをゆっくり食べるようにしましょう。さらに月曜日の朝も同じように消化のよいものを摂るようにします。
月曜日の昼からは通常の食事を摂っても構いません。

 

その5:効果を求める方は、市販のダイエットドリンクを使う

では具体的にはプチ断食ダイエット中に食べるものは何が良いでしょうか?もし効果を求める方であれば、市販されている置き換え用のシェイクや、酵素ドリンクなど専用のものを用いると良いでしょう。そのようなダイエットドリンクは、ダイエット中に必要なミネラルや食物繊維が配合されていますので、初心者でも安心して用いることができます。

いずれにしろ水分をきちんと摂るようにしてください。断食ダイエット中は、1日1.5~2リットルの水を飲むように心がけましょう。代謝を高め、体の中にたまった毒素を排出してくれますので、体がすっきりして断食ダイエットの効果を一層感じることができるでしょう。

 

その6:食べたい方は、野菜スープを使う

ドリンクでは物足りなくて2日間もできない、という方は野菜スープを使った断食ダイエットをおすすめします。まず鍋いっぱいに野菜スープを作りましょう。人参、トマト、玉ねぎ、じゃがいも、セロリ、など好きな野菜を1センチ角くらいにすべて切り、コンソメと水を加えて煮ましょう。最後に塩コショウで味をととのえればできあがりです。

この野菜スープを土曜日の朝食から日曜日の昼食まで、一日3食、150gずつ食べましょう。この方法は、きちんと噛んで食べることができるので、ドリンクタイプの断食ダイエットよりも満足感を得られます。また栄養も豊富で、便通も良くすることができるのでダイエットに効果的です。

味付けは濃くならないように気を付けてください。満腹感を得るためにも一口30回は噛むようにしてください。さらに野菜本来の味を味わうことで、日頃濃い味で鈍くなった味覚を回復させることもできます。

 

その7:手軽に行いたい方は、野菜ジュースやヨーグルトを使う

野菜スープを作るのも面倒だし、市販のダイエットドリンクは値段が高い、と思われる方は野菜ジュースやヨーグルトを使うこともできます。野菜ジュースは、果物の入ったおいしいものではなく、野菜100パーセントで塩分不使用のものを選びましょう。

果物入りのものは飲みやすいですが、栄養分は少なく糖分が多くなっています。それで断食ダイエット中の栄養を補うためにも野菜100パーセントのものがよいでしょう。さらにどろっとしているので、少量でもゆっくり飲むことで満足感を得られます。

ヨーグルトも断食ダイエットに使える食材です。ヨーグルトはタンパク質やミネラルを豊富に含んだ栄養食です。さらにヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きで、腸の動きを良くしてくれますので、便通を促しデトックス効果を高めることができます。

ヨーグルトには甘い砂糖をかけないようにしてください。それではおやつになってしまいます。それで無糖のヨーグルトを使うようにしましょう。今はいろいろな菌を使ったヨーグルトが市販されていますので、腸への効果が高い自分に合ったヨーグルトを選んでみましょう。

 

断食ダイエットの7つのやり方はいかがでしたか?

自己流の断食ダイエットは健康によくありませんので、今回ご紹介した7つのやり方を参考に、安全に行ってください。普段の生活では、体に良くないものを食べ過ぎる傾向がどうしてもありますが、それは体に不要な毒素を溜め込むことになります。

断食ダイエットでは体をリセットして、体本来の力を回復させることができます。それだけで2キロは痩せるという方が多くいらっしゃいます。では正しい断食ダイエットをして、体の中からきれいになって、すっきりとした活力あふれる毎日を送りましょうね。

 

まとめ

2キロは痩せる!断食ダイエット7つのやり方

その1:最長2日間に抑える
その2:前日から準備をする
その3:疲れている時は避ける
その4:2日目の夜から通常へ戻す準備をする
その5:効果を求める方は、市販のダイエットドリンクを使う
その6:食べたい方は、野菜スープを使う
その7:手軽に行いたい方は、野菜ジュースやヨーグルトを使う

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!