富士そばのカロリー:知って得する健康生活♪

富士そばのカロリー:知って得する健康生活♪富士そばのカロリーを考えて食べていますか?富士そばのメニューはとてもたくさんありますが、中にはかなりの高カロリーのものもあります。メニューを選べば低カロリーで健康的なものもありますが、知らずに食べたいものだけを食べていると、すぐにカロリーオーバーになってしまいます。今回はそんな富士そばのカロリーを考えながら、出来れば避けたい高カロリーなもの、おすすめのメニューや食べ過ぎた場合にどのくらいの運動でそのカロリーを消費できるかをご紹介します。

富士そばのカロリー:知って得する健康生活♪

 

その1:できれば避けたい高カロリーメニュー

富士そばで高カロリーになるメニューは丼ものです。カツ丼のカロリー:約900kcal、カレーライスのカロリー:約700kcal、これらをミックスしたカツ丼カレー:約1,200kcalとどれもかなりの高カロリーメニューです。丼ものだったら、玉子丼と親子丼がどちらも約600kcal前後と比較的普通のカロリーとなっています。

 

その2:低カロリーで健康的

その1では高カロリーメニューを紹介しましたが、富士そばのメニューは高カロリーのものばかりでもありません。冷やしネギそばのカロリーは約360kcalと低めですし、冷やしオクラそばも約390kcal、冷やしなす天は約400kcalと野菜がトッピングされたものはどれもそれほどカロリーは高くありません。

ほかにも山菜そば:約380kcal、ほうれん草そば:約400kcalとなっています。少量とはいえ野菜もとれるので、そばだけを食べるとよりも健康的ですね。ちなみに、わかめそばも約370kcalとなっています。

 

その3:比較的高カロリー

麺類でも比較的高カロリーなものが鴨せいろそば:約500kcal、てんぷらそば:約600kcal、肉玉そば:約500kcalとなっており、肉類や揚げ物が入ったものはカロリーが高くなっているので出来れば避けたいですね。また、たぬきそば:約550kcal、きつねそば:約470kcalとなっていて、こちらもやはり揚げ物が入っているとカロリーが高くなってしまいますね。できれば野菜の入ったそばにしておきたいところです。

 

その4:まぜるな!危険

富士そばと丼のミックスは非常に高カロリーとなってしまいます。そりゃ、炭水化物どうしの組み合わせですからね。カロリーが高くても当たり前です。例えば、玉子丼+かけそば=約1,000kcalとかなり高カロリーです。丼と麺類の組み合わせによっては軽く1,000kcalを越えてしまうものも珍しくないので、丼+そば・うどんのミックスは非常に危険です。どちらかだけにしておきましょう。

 

その5:食べた分だけ歩くには?

続いて、富士そばで食べたカロリーの分だけ運動で消費するにはどのくらいの運動が必要かを見て見ましょう。体重により消費カロリーは変わりますからここで紹介する数字は参考程度に考えて下さい。では、一番手っ取り早いウォーキングの場合、30分歩くと約180kcalを消費します。

低カロリーな冷やしネギそばのカロリーが約360kcalですから、ちょうど1時間のウォーキングで消費することが出来ます。高カロリーの丼物を消費しようと思うとかなりの運動が必要になることがわかりますね。

 

その6:食べた分だけ走るには?

ちょっとキツイ運動の場合、時速10km/hで30分走ることで約300kcal消費するので、その5と同じ冷やしネギそばのカロリーを消費しようとすれば約40分ほどのランニングが必要になります。ジョギングでもウォーキングでも消費するカロリーは移動した距離に比例します。

少しでも多くのカロリーを消費したい場合は、長時間、長距離の運動が必要になります。ちなみに時速10km/hというのは、かなり速いペースです。普段運動しない人だとこのペースで30分走るのは「かなり」難しいと思います。

 

その7:普段から気を付けておきたいこと

どんなに低カロリーのものを食べても、かなりの運動が必要になることがわかると思います。こうやって見ると、運動で消費するカロリーは意外と高くないことがわかりますね。食べた分だけ運動で消費するよりも、最初からカロリーが高いものを食べないのが一番簡単だということがおわかりいただけるのではないでしょうか。

ここでは富士そばのメニューを参考にしましたが、普段の食事でも丼ものを避けたり、脂っこいものや肉類を避けるだけでかなりのカロリーを抑えることが出来ます。

 

いかがでしたか?富士そばのメニューからそれぞれのカロリーと、それを消費するために必要な運動をご紹介しました。

お腹が減っているときはどうしても丼ものや肉ものに目がいってしまうかもしれませんが、ダイエットの観点からみるといかに危険な行為かがわかりますね。今回紹介したのは富士そばのメニューでしたが、丼もの、肉が入っているもの、油ものが高カロリーというのは富士そば以外でも同じような傾向にありますから、普段からこういった食事を避けるのが一番簡単で、一番大事だということですね。

 

まとめ

富士そばのカロリー:知って得する健康生活♪

その1:できれば避けたい高カロリーメニュー
その2:低カロリーで健康的
その3:比較的高カロリー
その4:まぜるな!危険
その5:食べた分だけ歩くには?
その6:食べた分だけ走るには?
その7:普段から気を付けておきたいこと

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!