腹筋は効果なし?!ぽっこりお腹をスッキリさせる5つの方法

腹筋は効果なし?!ぽっこりお腹をスッキリさせる5つの方法腹筋をやっているのに、なかなかお腹周りがスッキリしないという方もいるのではないでしょうか?腹筋は取り組みやすく簡単に始められるので、お腹周りのダイエット法として取り入れている人も多くいます。しかし、実は腹筋をいくらやってもぽっこりと出てしまったお腹を凹ませる効果はあまり期待できません。全く効果が無いというわけではないのですが、お腹をスッキリさせるためには腹筋だけではダメなのです。

そもそも、お腹がぽっこり出てしまう原因は、内臓脂肪と内臓下垂によるものなのですが、腹筋による運動ではこの2つの原因を解消することが出来ません。原因を取り除いていかないことには、いつまで経ってもお腹は出たままの状態ですよね。そこで、今回は、腹筋は効果なし?!ぽっこりお腹をスッキリさせる5つの方法をご紹介していきたいと思います。

腹筋は効果なし?!
ぽっこりお腹をスッキリさせる5つの方法

 

その1:スクワットで基礎代謝を上げよう!

腹筋運動は消費カロリーも少なく基礎代謝にもあまり影響しないため、腹筋運動を毎日何百回と行ってもお腹についてしまった脂肪を落とすことは出来ません。脂肪は燃焼させないことには減っていきませんので、まずは脂肪を燃焼させやすくするために基礎代謝を増やして痩せやすい体質にしていくことが大切です。

基礎代謝を増やすのに最も有効的だと言われているのが、下半身の筋肉を鍛えるスクワット。スクワットで鍛えられる太ももの筋肉は、体の中で最もカロリーを消費する筋肉であるため、基礎代謝に大きく影響してきます。ちょっとした時間で行うことが出来るので、まずは1日10~15回を目標に毎日続けてみましょう。

【スクワットの方法】
1・両足を肩幅ぐらいに開きます。
2・背筋を真っすぐ伸ばし、顔・つま先・膝は真っ直ぐ前を向いた状態にします。
3・両腕は頭の後ろに組んだり胸の前で交差させるなど、自分のやりやすい体勢を取ります。
4・鼻から息を吸いながら、ゆっくりと腰を落とします。
※膝が内側に向かないように注意し、かかとは浮かないように床にしっかりとつけます。
5・息を吐きながら、スッと腰を伸ばして元の状態に戻します。

 

その2:ドローインでインナーマッスルを鍛えよう!

インナーマッスルとは、股関節・肩関節・体幹部など体の中心に近い部分に付いている筋肉のこと。お腹周りでは、外腹斜筋・腹直筋・内腹斜筋・腹横筋がインナーマッスルにあたり、正しい姿勢や内臓機能を維持するために重要な役割をしています。この筋肉を鍛えることにより基礎代謝力を上げることが出来るので、効果的に鍛えることが出来るドローインで基礎代謝をアップさせましょう。

【ドローインの方法】
1・背筋を真っ直ぐに伸ばします。
2・おへそを背中につけるような感じでお腹を最大限までへこませます。
3・この状態を30秒間キープします
※呼吸は止めず、自然呼吸のまま行います。

ドローインは立った状態でも座った状態でも行うことができるので、ちょっとした時間にお腹をへこませて習慣化させていくと良いですよ。猫背が直り、姿勢も正しくなるのでお勧めです。

 

その3:ロシアンツイストハイパーでくびれを作る!

通常の腹筋では、腹筋が使われているのは状態を起こし始めた最初の時だけで、それ以降は足の付根の筋肉が使われます。そのため、腹筋への負荷は少なく、いくら回数を増やしたところで腹筋を鍛えることは出来ません。ポッコリお腹を解消し、くびれた美しいラインを作るためには、腹筋を集中的に鍛えることが出来るロシアンツイストハイパーが効果的です。

【ロシアンツイストハイパーの方法】
1・上体を起こし始めたところで止めて腹筋を維持します。
2・お腹をへこませ腕は両手を合わせて真っ直ぐ伸ばします。
3・その状態のまま上体を片側にだけ10回振ります。
4・10回行ったら逆側にも同じように10回振ります。

上体の振りを片側ずつ行うことにより、腹筋に休むことなく負荷を与えることが可能に。そのため、少ない回数で効果を得ることが出来ます。

 

その4:ラジオ体操の3つの動きでお腹スッキリ!

誰もが一度はやったことがあるラジオ体操。フルで行っても3分程度ですが、お腹をスッキリさせる効果のある3つの動きだけなら1分程度で行うことが出来ます。ちょっとした時間に簡単に行うことが出来るので、是非取り入れてみて下さい。

【お腹に効果のある3つの動き】
1・体を前後に曲げる運動
2・体を横に曲げる運動
3・体をひねる運動

ラジオ体操のこの3つの運動は、主に体幹を動かす運動です。体幹を動かす運動というとコアリズムやカービィーダンスなどが有名ですが、そこまで激しい運動は苦手だ…という人にはこのラジオ体操の3つの動きがお勧めです。

 

その5:背筋トレーニングでぽっこりお腹を撃退!

背筋を鍛えることとぽっこりお腹の解消はあまり関係ないのでは?と思う方もいるかと思いますが、実は結構関係があるんです。背筋が衰えると猫背になったり姿勢が悪くなってしまいます。試しに猫背にしてみると、お腹のお肉がぽこっと出ますよね。この状態でいると腹筋が使われていないため、お腹に脂肪がつきやすくなってしまいます。いくら腹筋などの運動をしても、普段がこのような状態では意味がありません。

また、姿勢が悪いと脂肪がつきやすいだけではなく、内臓の働きも衰えてしまいます。脂肪がつきやすく便秘がち…これではいつまで経ってもぽっこりお腹は解消されません。腹筋を鍛えることも必要ですが、背筋を鍛えて姿勢を正しくキープできるようにしましょう。

【背筋トレーニングの方法】
1・両手・両足を伸ばしてうつ伏せになります。
2・息を吐きながら、対角線上にある手と足を同時に持ち上げて3秒キープします。
3・息を吸いながら、持ち上げた手足をゆっくりと下ろします。
4・これを左右両方行います。

 

いかがでしたか?腹筋は効果なし?!ぽっこりお腹をスッキリさせる5つの方法をまとめてみました。

今回お伝えした、腹筋は効果なし?!ぽっこりお腹をスッキリさせる5つの方法は、日々の生活の中のちょっとした時間に直ぐに行うことが出来るものばかりです。毎日ちょっとずつ行って習慣化出来るようになれば、お腹は次第にスッキリしてくるはずです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ぽっこりお腹撃退への手助けとなることを願っています。

 

まとめ

腹筋は効果なし?!ぽっこりお腹をスッキリさせる5つの方法

その1:スクワットで基礎代謝を上げよう!
その2:ドローインでインナーマッスルを鍛えよう!
その3:ロシアンツイストハイパーでくびれを作る!
その4:ラジオ体操の3つの動きでお腹スッキリ!
その5:背筋トレーニングでぽっこりお腹を撃退!

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!