必ず効果が出る!ふくらはぎ痩せ方法☆5つのやり方

必ず効果が出る!ふくらはぎ痩せ方法☆5つのやり方ふくらはぎ痩せ方法があるなら試したい!という人におすすめの方法があります。ふくらはぎの太さが気になる人にもタイプがあり、むくみタイプ、筋肉質タイプなど様々です。ふくらはぎ痩せ方法はタイプによっては効果が変わってきます。まずはできるところから、ふくらはぎ痩せ方法を試し、自分に合った方法を探しましょう。この記事ではふくらはぎ痩せに効果のある5つのやり方をご紹介します。

必ず効果が出る!
ふくらはぎ痩せ方法☆5つのやり方

 

普段履いている靴の見直そう

ふくらはぎ痩せ方法の基本中の基本は、まずは靴の見直しです。合わない靴を履いていたり、ペタペタと音を出しながら歩くような脱げやすいサンダルはふくらはぎを太くしてしまうのです。靴が合わないと、歩くときの衝撃がそのまま足全体にかかってしまい負担になってしまいます。そのため、ふくらはぎをぽっこりさせてしまう排腹筋が刺激され、負担を軽減しようとして筋肉が偏って発達してしまい、太くなってしまうのです。

好みの靴に出会ったけどサイズがない!我慢して履いちゃおう!というときは必ずインソールなどを使うこと。靴のサイズを見直すだけで、ふくらはぎが痩せていくなら嬉しいですよね。靴の見直しは確実に出来るふくらはぎ痩せ方法の一つです。すぐに効果が出るとは限りませんが、基本中の基本として覚えておきましょう。

 

しっかり歩こう

ふくらはぎが太いことを悩む人の多くは、脂肪太りが多いようです。ふくらはぎ痩せ方法を探す場合、筋肉タイプの人が悩んでいるとしたら偏った運動をしているためといえます。足全体をしっかり使い、しっかり歩いていればふくらはぎは必要以上の筋肉をつけず、足首がきれいに締まってきます。筋肉のせいでふくらはぎを太く見せるのは、足の裏側にあり、膝の裏側から下に伸びている排腹筋の発達によるものです。

もし腓腹筋の発達が気になる場合は、足首をしっかり締めるだけで細く見えます。また、脂肪でふくらはぎが太った場合は、動かすことで血流が良くなり脂肪が燃えやすくなります。このどちらにも効果があるのが歩くことです。歩くというのは、運動としてとても優れています。同じ足を動かす行為でもジョギングはふくらはぎの筋肉を鍛えすぎることもあります。できればゆっくり歩くこと。ウォーキングをお勧めします。

 

スクワットできれいなふくらはぎに

ふくらはぎ痩せ方法で一番おすすめなのがスクワットです。特にかかとを上げてスクワットをすることで、ふくらはぎだけでなく足全体が引き締まり、モデルのような美脚に近づきます。

パーツモデルをされている金子エミさんが紹介されているストレッチがあります。やり方は簡単です。

1.横に大きく両足を開いて立ち、つま先を外へ向ける(大の字になるように)
2.上半身が傾かないようにして、そのままゆっくりと腰を落とす
3.この姿勢でかかとを上げ、5秒キープ

これを30回ほど繰り返します。動作自体は簡単ですが、かなり負荷がかかります。普段運動しない人は無理に30回を目指すのではなく、まずは5回くらいからはじめましょう。大切なのは続けること。ふくらはぎ痩せ方法は続けることでより効果が上がります。

 

砂糖カットでむくみをとろう

ふくらはぎがむくんで困るという人は、通常の食事の見直しも大切なポイントです。実は甘いものってすごくむくみやすくなるんです。むくみというのは、血液中の水分が血管の外に出てしまい、細胞と細胞の間のリンパ液に溜まってしまっている状態です。本来身体にとって必要な水分ですから、きちんと老廃物を流し、細胞の中に入っていけば問題ありません。

しかし、甘いもの、特に砂糖を含むものは、身体の水分を調整する浸透圧のバランスを崩してしまいます。糖尿病の人はかなりむくみやすい状態になりますが、これは血液中に糖が多すぎるせいです。砂糖を減らすことはむくみ防止だけでなく、ダイエットにもつながります。普段から甘いものは控えて、ふくらはぎ痩せ方法の一つとして取り組んでみましょう。

 

ビタミンB群を摂取して代謝アップ

甘いものによってふくらはぎがむくみやすくなりますが、更にビタミンB群の不足によっても代謝が悪くなり、同じようにむくみやすくもなってしまいます。実は甘いものを食べると、その処理のためにビタミンB群が使われます。ビタミンB群は普段は代謝を行うためにとても重要な働きをするビタミンです。特にビタミンB1の不足は、むくみだけでなく、神経系の不調につながります。以前では脚気と呼ばれ、精神的な不調も起こす病として恐れられてきました。

現代ではビタミンB群の不足であることがわかっています。ビタミンB群は、B1からB12まで多くの種類がありますが、それぞれがお互いに補いながら働いているため、できればビタミンB群として複合体で摂取するのが望ましいとされています。お勧めなのが豚汁です。豚肉には多くのビタミンBが含まれます。また、味噌にもパントテン酸(ビタミンB5)、B12が含まれています。バランスよく摂ることで、代謝をアップさせふくらはぎ痩せ効果を期待しましょう。

 

いかがでしたか?

ふくらはぎ痩せ方法は色々ありますが、普段の生活の中で簡単に取り入れることができます。まずは自分で簡単にできるところから始めてみましょう。この5つの方法全部を同時に行うことでより効果的なふくらはぎ痩せ方法になります。試してみてくださいね。

 

まとめ

必ず効果が出る!ふくらはぎ痩せ方法☆5つのやり方

・普段履いている靴の見直そう
・糖質カットでむくみをとろう
・ビタミンB群を摂取して代謝アップ
・しっかり歩こう
・スクワットできれいなふくらはぎに

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!