確実に痩せたい人必見!ボクサーの減量から学べる6つのヒント

確実に痩せたい人必見!ボクサーの減量から学べる6つのヒント減量という言葉を聞くと、ボクサーが試合前に行うつらい減量を思い浮かべるかもしれません。飲まず食わずで縄跳びやジョギングをする姿を想像できますよね。そんな減量は一般人にはとてもできない、と思われるでしょう。確かにそうかもしれませんが、実はボクサーの減量から学べるダイエットのヒントはたくさんあるのです。ボクサーはいわば「ダイエットのプロ」。そのポイントを真似すれば確実に痩せるダイエットができるのです。

それで今回はボクサーの減量から、一般人に役に立つ8つのヒントをご紹介します。ボクサーのようには減量できないとしても、ダイエットの大きな助けになりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

確実に痩せたい人必見!
ボクサーの減量から学べる8つのヒント

 

その1:毎日体重計に乗る

ボクサーは試合までに確実に決められた体重に減量しなくてはなりません。それで朝起きたら体重を計り、朝のロードワーク後、昼のジムワーク前後、食事の前後、トイレの前後、などとにかく頻繁に体重計に乗るそうです。さらにそれを記録します。そのように自分の体重の変動に敏感になると、目標体重まで確実に減量し、試合前の計量をクリアすることができるのです。

わたしたち一般の人はそこまで体重を頻繁に計る必要はありませんが、体重計に乗る習慣をつけるというヒントを学べます。まず毎日朝と寝る前の一日2回は計り記録するようにし、自分の毎日の体重の変動を知ることから始めましょう。体重計は50グラム単位くらいまで計れる正確なデジタル式のものを使うと良いですね。記録を続けてグラフにすると、着実に体重が減り、右肩下がりになっていくことが楽しみになると思います。

 

その2:目標体重を決める

ボクサーの減量は当然目標体重というものがあります。それがあると、逆算してどれくらいずつ減量していけばいいのか、どれくらいのカロリーのものを食べてよいのかなど、目安が分かりますので、計画的に確実に減量することができます。これに倣って、わたしたちも目標体重を決めると確実にダイエットを進めることができます。目標は無理のないものにするべきです。好きなモデルと同じ体重になろう、などと考えないようにしましょう。

まずは標準体重を目標にすると良いですね。標準体重は、最も病気になりにくいとされるBMI22の体重となるので、標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22で計算してみましょう。さらに1ヶ月間に減らす体重は、体重の5%以内がリバウンドしにくいと言われています。1ヶ月の減量体重(kg)=現在の体重(kg)×5(%)で計算しましょう。

大体の目標体重が算出できたら、家族や友人に「○月までに○キロ痩せる!」と公言すると良いでしょう。モチベーションを高めることができます。

 

その3:夕食は炭水化物少な目にする

ボクサーの減量メニューはどのようなものなのでしょうか。試合1週間前は特に厳しい減量メニューになりますが、その前の減量メニューはわたしたち一般人でもヒントになります。トレーニングのエネルギーを維持するために、朝と昼は普通通りに食べ、特に炭水化物もしっかり摂るようにします。炭水化物は、体を動かすエネルギーになり、脂肪を燃えやすくする点火剤のような働きをするので、脂肪を減らすためにも炭水化物は必要です。

夕食はそれと反対に、炭水化物は少な目でタンパク質を多く摂ります。これをヒントにして、日中の活動のために朝昼は炭水化物を、夕食は炭水化物でなくタンパク質を摂るようにすると、減量メニューを作ることができます。ぜひ試してみてくださいね。

 

その4:朝ウォーキングやジョギングをする

ボクサーは、朝ロードワークをすることで有名ですね。フード付きのトレーナーでジョギングをしているイメージがありませんか?朝のロードワークは、スタミナをつけたり、足腰を鍛える目的がありますが、減量にも役立つトレーニングです。空腹時に有酸素運動をすると脂肪を燃焼しやすくなりますので、前日の夕食から時間が経っている朝食前にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をするのが一番減量に効果的なんです。

朝早起きして運動するのは気持ちが良いですのでぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

 

その5:インターバルを置く

ボクサーの減量トレーニングでは、3分動いて30秒休むというラウンドの形式でトレーニングを行います。動いてから少しインターバルを置くという繰り返しによって、さらに効果的なトレーニングになります。インターバルトレーニングは上級者でないと難しいと思われがちですが、初級者でもそのヒントはもらえます。ジョギングをする時に、自分の早いペースで走ってから、緩やかなペースで走るということを繰り返すことができます。

 

その6:睡眠をしっかり取る

ボクサーは減量中も睡眠を大切にしています。なぜならボクサーにとって大切な筋肉がつくのは、睡眠中だからです。それで私たちもダイエット中は睡眠を十分に取ることが必要です。睡眠中、体の中では成長ホルモンが分泌され、成長ホルモンが脂肪を燃焼させますので、寝ながら痩せることができるのです。ところが、睡眠不足が続くと、成長ホルモンが分泌されませんので、カロリーが消費されず、太りやすい体になってしまいます。

 

ボクサーの減量から学べる6つのヒントはいかがでしたか?

減量と聞くととてもつらそうなイメージですが、いくつかのヒントは自分のダイエットに上手に取り込むことができます。プロの減量を参考に、絶対痩せるダイエットを成功させてくださいね。

 

まとめ

確実に痩せたい人必見!ボクサーの減量から学べる6つのヒント

その1:毎日体重計に乗る
その2:目標体重を決める
その3:夕食は炭水化物少な目にする
その4:朝ウォーキングやジョギングをする
その5:インターバルを置く
その6:睡眠をしっかり取る

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!