グリーンカレーのカロリーと知っておきたい5つのポイント

グリーンカレーのカロリーと知っておきたい5つのポイントグリーンカレーのカロリーを気にしたことはありますか?辛いものを食べているからカロリーを消費しているだろうと考えているかもしれませんが、そのような都合の良い話ばかりではありません。確かに辛いものに含まれる成分には脂肪の燃焼を促してくれるものがありますが、食べるだけで何もしなくても寝ている間に痩せるような魔法の薬ではありません。

今回はそんなグリーンカレーのカロリーや、少しでもカロリーを低いグリーンカレーを作るコツ、食べた分だけ消費するために必要な運動など、5つのポイントを紹介します。

グリーンカレーのカロリーと
知っておきたい5つのポイント

 

その1:グリーンカレーのカロリーを知る

まずはグリーンカレーのカロリーを把握しましょう。具材などによって変化しますが、牛肉を使ったものの場合、一般的なものは約350kcal前後となるようです。カロリーの大きな材料として、ココナッツミルクが焼く150kcal、牛もも肉が約120kcalとなり、全体の半分以上を占めています。ということは、この2つをどうにかすればグリーンカレーのカロリーを減らすことが出来そうです。

ちなみに、ご飯のカロリーはお茶碗1杯で約220kcalですが、カレーのときはご飯の量が多めになることもあるでしょうから、グリーンカレーと合わせると、600~700kcalということになります。こうやって考えると結構なカロリーですね。

 

その2:材料を工夫してカロリーを低くする

その1で見たように、グリーンカレーのカロリーの大半を占めるのはココナッツミルクと牛もも肉でした。極端に言えば、牛肉をなくしてしまえば100kcal以上のカロリーを抑えることが出来ます。さすがにそれだと寂しいという場合、牛もも肉よりもカロリーが低い肉、豚肉や鶏肉に帰ることでカロリーを減らすことが出来ます。ただし、豚バラ肉などは結構カロリーが高いので控えましょう。

また、鶏肉の場合でも皮や脂身を事前に切り落とすなどすればより効果的です。肉類の代わりにエリンギを使うと、ボリュームがあるので低カロリーで食べ応えもありますよ。

ココナッツミルクもなかなかの高カロリーですが、ココナッツミルクはグリーンカレーの大事な要素の一つですから、完全に無くすことは難しいですね。ですから、味を見ながら、これ以上は減らせない、というところまでココナッツミルクを減らしていくと良いでしょう。また、インターネットを探すとココナッツミルクを使わないグリーンカレーのレシピも多く見つかるので、そのようなレシピを参考にするのも良いですね。

あと、最も簡単な方法として、ご飯の量を減らすというのもあります。ご飯の量を減らせば100kcalくらいは控えることができますね。

 

その3:ウォーキングやジョギングだと何分の運動が必要か

グリーンカレーを食べた分だけのカロリーを消費するにはどのくらい身体を動かせば良いのでしょうか?ここではグリーンカレーのカロリーを350kcalとして考えてみます(ご飯を除く)。早速明日からでもできるお手軽な運動といえばウォーキングですが、ウォーキングで消費するカロリーは約180kcalとなります。

ちなみに、ウォーキングとゆっくりとしたジョギングなら消費カロリーはほぼ同じです。運動で消費するカロリーというのは移動した距離に比例しますから、同じ時間をかけて移動した距離が同じなら消費するカロリーも同じということになります。これがランニングになると同じ30分でも消費カロリーは300kcalを超えますが、あまり疲れるとその反動で食べ過ぎる可能性があるので、慣れないうちは軽い運動にとどめておくのが良いでしょう。

 

その4:日常の動きの中でカロリーを消費する

運動といってもなかなか時間が作れない場合はどうすれば良いでしょうか?そのような場合は家事を運動代わりにしてみましょう。家事の中で運動に近いものとして、ひざまづいて行う床磨きがありますが、30分続けると約140kcalを消費できます。といっても床磨き30分というのはかなりしんどいと思います。車を持っている場合、洗車を30分行うと約100kcal消費できます。1時間ほど掃除すれば(内容にもよりますが)150kcalから200kcalくらいはカロリーを消費できそうですね。

 

その5:夜遅くに食べない

昔から良く言われていることですが、夜遅くに食べるのはやめておきましょう。出来れば夜8時、9時以降は水やお茶といった飲み物以外は口にしないのが一番です。もしも夜になってどうしてもお腹が減って我慢できない、という場合にはこんにゃくゼリーのような低カロリーのものを食べるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

辛いものは脂肪を燃やすから大丈夫と思ってしまいそうですが、実際にはそんなに甘い話ではないことがわかりました。低カロリーで作れるようなレシピを探したり、ご飯の量を減らしてグリーンカレーのカロリーそのものを減らすのがよさそうです。カレーには食欲を増進する効果があるので、夏場など食欲が減衰する時期にはちょうどいいですが、そうでないときは食べ過ぎに注意してくださいね。

 

まとめ

グリーンカレーのカロリーと知っておきたい5つのポイント

その1:グリーンカレーのカロリーを知る
その2:材料を工夫してカロリーを低くする
その3:ウォーキングやジョギングだと何分の運動が必要か
その4:日常の動きの中でカロリーを消費する
その5:夜遅くに食べない

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!