はなまるうどんのメニューとカロリーにまつわる5つの豆知識

はなまるうどんのメニューとカロリーにまつわる5つの豆知識はなまるうどんのカロリーって知っていますか?今ではその名を全国にとどろかせ、地元でも食べたいうどんトップをキープしているはなまるうどんですが、うどんというのは基本的にカロリーが高めの食べ物です。何も考えずに好きなものを好きなだけ食べていては、あっという間にカロリーオーバーになってしまします。今回はそんなはなまるうどんを食べるときに注意したい豆知識を5つ紹介したいと思います。

はなまるうどんのメニューとカロリーにまつわる

5つの豆知識

 

その1:低カロリーなメニュー

うどんそのもののカロリーは変わらないので、カロリーはトッピングによって左右されます。したがって、素うどんがもっとも低カロリーになるのは簡単にわかると思います。「釜揚げ」「ざる」「ぶっかけ」「かけ」が素うどんになりますが、つゆのカロリーが違うためか若干の違いがあり、これらの中でも「かけ」が一番低カロリーになります。

小の場合、「釜揚げ」「ざる」が284kcal、「ぶっかけ」が286kcalなのに対して、「かけ」は273kcalと10kcalほど低カロリーになりますが、よほどシビアにカロリー管理でもしない限りはどれを選んでも良いですね。「かけ」「ぶっかけ」の場合はスープを残すことであと少しはカロリーを抑えることができるかもしれませんが、大きな数字にはならないのでそこまで細かくは考えなくても良いでしょう。

素うどんではさみしいと思う場合は、「おろししょうゆ」「明太おろししょうゆ」がそれぞれ269kcal、276kcalと低カロリーになっているので、お勧めです。

 

その2:野菜をとる

素うどんでは寂しいという場合、低カロリーでボリュームを増やそうと思ったら野菜が乗っているものがおすすめです。小サイズの場合、「まるごとわかめうどん」283kcal、「ゆずとろろ昆布」289kcalとなっています。これだったら先に紹介した「かけ」「ざる」などと比べても大差のないカロリーで収まっていますね。素うどんじゃちょっと寂しいな、と思ったときは肉や揚げ物を我慢して野菜が乗っているこれらのメニューがおすすめです。

 

その3:なるべく避けたい高カロリー

予想通りですが、やはり肉類が乗っているとカロリーは高くなります。牛肉がのっている「牛肉おろしぶっかけ」「塩豚おろしぶっかけ」「塩豚ねぎうどん」「牛肉うどん」は軒並み400kcalを越えています。そして安くおいしくするトッピングとして「半熟たまご」(温玉、単品で約100kcalと覚えておくといいです)がありますが、肉類+温玉になると500kcalを越えてしまので、できれば避けたいところです。

また、あまり気にしたことがないかもしれませんが、意外な高カロリーメニューとして「きつね」があり、「あげ」が高カロリーの原因になっています。カロリーは433kcalとなっていて「牛肉うどん」とほぼ同じとなっているので、気を付けましょう。

 

その4:セットメニューは避けましょう

炭水化物どうしの組み合わせはカロリーが高くなりますが、はなまるにも同じようなメニューがあります。その中でも一番の高カロリーメニューは「カレーセット」882kcalです。「カレー南蛮うどん」「カレーかま玉」といったカレー系も500kcalから600kcalと高カロリーになるので、出来れば避けたいメニューです。

 

その5:トッピングに注意

トッピングを乗せる場合にもカロリーに気を付けましょう。意外かもしれませんが、えび天が一番低カロリーで77kcalとなっています。高カロリーなのは「ヘルシーかき揚げ」239kcal、「げそ天」213kcalとなります。はなまるのメニューではタンパク質のおかずが少ないのですが、タンパク質をとるという点から考えると「とり天」が比較的低カロリーなのでお勧めです。

 

いかがでしたか?

手軽に安くおいしいうどんが食べられる「はままるうどん」ですが、いかんせん炭水化物は高カロリーになってしまうので、食べ過ぎや食べ方に気を付けて食べたいですね。うどんの場合、食べやすいこともあってついつい食べ過ぎてしまうこともあるので、そうならないように自分が食べたいものがどのくらいのカロリーなのかを考えて選ぶようにすると良いでしょう。

昼食に食べるときは午後の仕事もあるでしょうから多少カロリーが高めのものを食べても大丈夫ですが、夜食べるときは野菜ものを食べるようにして、揚げ物や肉類のトッピングは避けた方がいいですね。あと出来れば、内臓を冷やさないために、冷たいものよりは温かいメニューを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

はなまるうどんのメニューとカロリーにまつわる5つの豆知識

その1:低カロリーなメニュー
その2:野菜をとる
その3:なるべく避けたい高カロリー
その4:セットメニューは避けましょう
その5:トッピングに注意

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!