早めに簡単予防!肥満を防ぐ5つの方法

早めに簡単予防!肥満を防ぐ5つの方法肥満の予防はしていますか?「標準体重だから大丈夫」、「若いからすぐに痩せる」と油断している人は要注意です!そもそも体重が軽いからといって肥満じゃないとは限りません。体重がいくら軽くてもBMIが25以上ある人は肥満ということになります。また、若い間は肥満になっても簡単に改善できますが、年齢を重ねるごとにそれも難しくなっていきます。

今回紹介するのは肥満を予防する5つの方法です。日常生活に少し取り入れるだけで、将来の肥満、現在肥満になりつつあるならその改善に役立つ方法を紹介します。もちろん脂肪を減らすということなので、ダイエットにもつながります。今から少しずつその予防をしておけば、将来肥満に悩まされることはありません。ぜひ最後までお付き合い下さい。

早めに簡単予防!肥満を防ぐ5つの方法

 

その1:大事なのは筋肉

そもそも肥満というのは体重が軽い、重いだけでは判断できまません。要するにBMIが高いか低いかです。脂肪が少なくても筋肉が多ければ体重は重くなりますし、逆に筋肉が少なく脂肪が多ければ体重は軽く見えます。なのでダイエットの目安としても、体重ではなく体脂肪率で見るようにしましょう。体重なんてたいした目安にはならないのです。そして肥満に効果的なのが脂肪と対極にある筋肉です。

筋肉量が多いと、日々の代謝が高く、それだけでも将来肥満になりにくくなります。そして今回重要だと言いたいのはインナーマッスル。要するに見えない、普段使わない筋肉です。この筋肉は一度鍛えると脂肪に変わりにくく、普段見えないために女性が鍛えるのにも最適な筋肉なのです。ではどうすれば鍛えられるか?お手軽なのはドローインと呼ばれるストレッチのような方法です。

「ゲッタマン式ドローイン」などテレビでも取り上げられ有名ですが、沢山の方法があります。特に効果的なのはお風呂上がりの身体が温まった状態です。お手軽なので苦もなく毎日の習慣にできます。

 

その2:あの食材の優れた効果

食べるだけでも将来の肥満を防止してくれる食材があります。有名なところでいうと、唐辛子やコーヒーなどはよく知られていますよね?唐辛子は脂肪分解を促し、コーヒーはカロリー消費に効果的です。またあまり知られていない意外なところで言うと、ピーナッツです。ピーナッツは脂質が高くむしろ、肥満に繋がりそうなイメージを持たれていますが、実は正反対の食材なのです。

そもそもピーナッツの脂肪は植物性の脂肪なので、太りにくい良質な脂肪なのです。また、冷えや血行不良の改善効果もあり、更にはポリフェノールの一種が含まれるため、すぐれた抗酸化作用もあります。肥満だけではなく、美容や冷え性などにも最適な食材なので、毎日とは言いませんが、意識して頻繁に食べるようにすると効果的です。ピーナッツを食べるだけで将来の肥満防止なんて、お手軽ですよね。

 

その3:日々の生活で肥満防止

日々の生活で少し気をつけるだけで将来の肥満防止に繋がるのは言うまでもありませんよね。よく一般的に子供が注意されるような次のことを守るだけでも、肥満防止効果は十分です。

・良く噛んで食べる
・野菜を食べる
・食べてすぐ横にならない
・早寝早起き

子供の頃注意された経験はありませんか?大人になったらついつい守れていませんよね?実はたったこれだけのことでも十分な肥満防止効果があるのです。

 

その4:週に1度のエクササイズ

毎日運動しろというと、なかなかの重荷ですよね?でも週に1度だけならどうですか?実は週に1回程度の運動が将来の肥満防止につながります。運動といってもそれほど過酷なものではありません。1時間程度のウォーキングやジョギング程度です。もし水泳レベルの激しい運動なら2週間に1度でもかまいません。あくまで肥満防止ならそれぐらいの頻度で運動するだけでも十分な効果があります。

また、3日に1度は半身浴をしたり、サウナに行ったりするのも効果的です。要するに1週間に1度は筋力を鈍らせないように運動するか、3日に1度は代謝を上げると肥満防止になるということです。

 

その5:最後の砦は漢方薬

それでも太り出してしまったら?仕事の付き合いなどで不摂生がたたってしまったら?ダイエットするしかないのでしょうか?実は「ちょっと肥満かな?」と気になってきた程度なら、ダイエットに踏み切らなくても、漢方薬で簡単にフォローできます。薬に頼るには抵抗があるという方でも大丈夫。漢方は天然成分で構成されているため、まず副作用はありません。少し高価ではありますが、その効力も歴史が証明しています。

少し肥満が気になるぐらいなら漢方薬で身体の調整をするとすぐに元の体型に戻ります。もちろん漢方を飲み続けていれば絶対に太らないというわけではありません。ある程度なら漢方薬が調整してくれるということです。特に年齢を重ねてからのダイエットは辛いものがありますので、将来肥満が気になりはじめたら漢方薬という選択肢があることも覚えておいてください。

 

いかがでしたでしょうか?早めに簡単予防!肥満を防ぐ5つの方法を紹介しました。

今は大丈夫でも、将来的に太らないという保証はどこにもありません。それなら少しでも将来肥満にならないように簡単にできる予防から普段の生活に取り入れませんか?今回紹介したポイントを取り入れるだけでも将来の不安はずっとマシになるはずです。お手軽なものばかりなので簡単に習慣にしてしまえますし、そうすれば将来の肥満を心配する必要もなくなりますよ。

 

まとめ

早めに簡単予防!肥満を防ぐ5つの方法

その1:大事なのは筋肉
その2:あの食材の優れた効果
その3:日々の生活で肥満防止
その4:週に1度のエクササイズ
その5:最後の砦は漢方薬

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!