海鮮丼のカロリーと少しでもカロリーを消費する為の5つの運動

海鮮丼のカロリーと少しでもカロリーを消費する為の5つの運動海鮮丼のカロリーはどれくらいあると思いますか?海鮮丼は人気のあるメニューですが、特にサラリーマンやOLのランチに、安くお刺身を食べたいという方に人気がありますね。海鮮丼のカロリーと一口に言っても、その具の種類や大きさによってかなり違いがあります。ごく一般的な海鮮丼のカロリー(ご飯250g・しそ・のり・まぐろ・厚焼き玉子・イクラ・えび・はまち・たこ・いかなど)で計算すると、約700kcalとなっています。

今回はこの海鮮丼のおおまかなカロリーをふまえて、少しでもカロリーを消費するための5つの運動についてご案内したいと思います。カロリーとそれを消費する運動を頭に入れておくと、どれくらい食べて良いか、どれくらい運動すればよいかを考えて行動することができ、ダイエットにとても効果がありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

海鮮丼のカロリーと少しでも
カロリーを消費する為の5つの運動

 

その1:ウォーキング270分

海鮮丼 カロリーを消費するための運動の一つはウォーキングです。ウォーキングにすると270分程度となります。ほとんどの方は「そんなに時間は取れない!」と感じられると思います。しかしウォーキングとはなにもスポーツウェアを着て公園の中を歩くことだけではありません。日常の生活の中でなるべく歩くことを心掛けるだけで、トータルすると海鮮丼のカロリーを消費するほどにできるのです。

例えば駅や会社に行く際に、エレベータやエスカレーターを使わないとか、一つ前の駅で降りて歩くとか、ランチや買い物に行く時は少し遠回りするとか、普段は車や自転車を使う距離を歩いてみるとか、外回りを買って出るなど、毎日の仕事や生活の中で、少し距離や時間を延ばすだけで達成することができます。また一人で歩くのではなく、友人や家族を誘っておしゃべりしながら歩くことで、楽しく長続きさせることもできます。

 

その2:水中ウォーキング200分

同じウォーキングでも水中なら、同じ海鮮丼のカロリーを消費するにも、少し時間は短くなります。水中ウォーキングとはプールで歩くことです。プールに行く分、手間がかかりますが、体に負担をかけずに、普通に歩くよりも多くのカロリーを消費することができます。普通陸上を歩いているとかなりの重さに足や膝は耐えているため、急に運動しようとしても体を痛めたり、疲れを感じることが多いでしょう。

しかし水中なら浮力が働くため、体に負担をかけずに、しかも効率よく海鮮丼のカロリーも消化できるのです。水中ではダイナミックに、体を大きく動かしながら歩いてみましょう。さらに体をひねりながら歩くと負荷がかかりカロリーが消費できますし、水圧によって、二の腕・お腹など気になる部位の筋肉をしっかり鍛えることができます。

 

その3:ボクシング140分

最近は女性でもダイエット目的にボクシングを始める人が増えています。正確にはボクササイズといって、闘うためではなくエクササイズのために行い、ボクシングジムなどでもコースを設けています。しかし、かなりハードな運動をしそうなので躊躇される方もと思う人もいるかもしれません。しかし、実際には適度な休憩もありますし、軽いジャブを繰り返すといったものですので、女性にも始めやすいエクササイズと言えます。

ジャブを繰り返すことで、二の腕がほっそりしてくるという効果もあります。そして、何よりもボクシングは「スカッとする!」というのが一番の効果でしょう。会社で嫌なことがあっても、サンドバッグを誰かに見立てれば、すっきりストレスも解消します。ストレスを解消しながら海鮮丼 カロリーも消費できて、一石二鳥ですね。

 

その4:掃除230分

掃除も海鮮丼のカロリーを消費できる方法です。掃除といってあなどってはいけません。一生懸命掃除するとカロリーをかなり消費できます。おすすめは現代的な器具を使うのではなく、昔ながらの掃除方法で行うことです。ほうきで掃き、雑巾を濡らして絞って磨く、という作業はいろいろな筋肉を使って、ダイナミックな体の動きが必要になりますので、それだけカロリーを消費しやすくなるのです。

海鮮丼のカロリーも消費できて、家の中もピカピカになって、すっきり気持ち良くなり、周りの人にも感謝されます。良いことだらけですね。

 

その5:なわとび80分

最後の海鮮丼のカロリーを消費するための方法はなわとびです。なわとびは小学生以来やっていない、という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、手軽にできて、運動効率の高いエクササイズなんです。海鮮丼のカロリーを消費するには80分跳ぶ必要がありますが、そんなに長く続けることはできないでしょう。最初のうちは5分くらいから始め、少しずつ跳ぶ時間を増やしていきましょう。

もし慣れてきたら、ボクサーのように片足ずつ交互に跳ぶことによって、さらにカロリー消費を高めることができます。なわとびは有酸素運動なので、脂肪を効率よく燃やすことができます。それでできれば20分以上跳べるようになることを目標にしましょう。20分跳ぶと脂肪が燃え始めますので、体脂肪を減らし、痩せやすい体を作ることができます。

 

海鮮丼のカロリーと少しでもカロリーを消費する為の5つの運動はいかがでしたか?

海鮮丼のカロリー約700kcalはこのような運動できれいに消費することができます。しかしこれだけの時間を必ず運動しなければいけないとプレッシャーをかけると長続きしません。少しでも消化できれば良しとしましょう。大切なのは運動を生活習慣にすることです。運動すると気持ちがいい、と心地よく思うようになれば、痩せやすいサイクルに入ったと言えます。今回の記事を参考に、健康的にダイエットを成功させてくださいね。

 

まとめ

海鮮丼のカロリーと少しでもカロリーを消費する為の5つの運動

その1:ウォーキング270分
その2:水中ウォーキング200分
その3:ボクシング140分
その4:掃除230分
その5:なわとび80分

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!