20代から行いたい7つの顔痩せする方法

20代から行いたい7つの顔痩せする方法20代になって思わず「顔痩せしなくっちゃ!」と思うことはありませんか?私は会社の集合写真など、大勢で写った写真を見たときに、自分の顔の大きさにびっくりすることがありました。日常、鏡を見るときには無意識のうちに一番細く綺麗に写る角度で自分を確認しがちですので、不意の表情に他人が見ている自分はこんなに大きな顔なのかと愕然とした経験をおもちの方も少なくないと思います。

お腹やお尻のお肉はダイエットしていく中で減っていくのが確実に判るのですが、顔はなかなか変化が出ないところですよね。
でも顔をが痩せると、印象派ぐっとかわります。

顔に肉がついたまま歳を重ねると、二重あごやほうれい線など実年齢よりも老けて見えてしまうなんてことになりかねません。
顔痩せはぜひ20代から意識して行ってほしいものです。今回は20代から実行して欲しい顔やせの7つの方法を挙げていきたいと思います。

20代から行いたい7つの顔痩せする方法

 

方法その1:リンパマッサージで血行を良くする

リンパ液をきちんと流してあげるだけで、見違えるほど小顔になるのをご存知でしょうか?リンパ液は体内をくまなく回っていますが、血液の心臓にあたるポンプがありません。周辺の筋肉の収縮などによって流れています。

顔の筋肉の動きについては後述しますが、直接顔をマッサージすることでリンパの流れをよくして老廃物をためないようにすることが出来ます。顔面のマッサージも大切ですが、その前に首から鎖骨にかけてしっかりリンパ液を流すようにマッサージしましょう。

左の鎖骨から左脇にかけては大きなリンパの流れがあります。まずここをマッサージしてから顔のマッサージに入りましょう。色々な方法がありますが、基本は顔の中心から外側に向かって流していくことです。コメカミと耳の下(あごの付け根)に向かって流していきましょう。最後にコメカミと耳の下を通って首の側面を通り鎖骨まで流します。ポイントはあまり強く押しすぎないことと毎日行うことです。

 

方法その2:顔面体操をこまめに

こちらも色々なやり方がありますが、基本は一緒です。普段意識しない顔の筋肉を動かすことです。顔の筋肉は意識して動かしていかないと意外と使わないものです。特に日本人は控えめな感情表現を美徳とするためオーバーな表情を日常ではしませんよね。先にも書きましたリンパの流れにおいても適度に筋肉を収縮させることは必要です。

また身体のほかの部位と一緒で、筋肉を使わないと全体的にしまりがなくなり、全体的に下に下がってきてしまいます。目の周りや口元などだらしのない印象になってしまう前に、顔面を動かして筋肉を鍛えましょう。

 

方法その3:頭皮マッサージ

顔を小さく見せるために顔面ばかりマッサージを行う方もいらっしゃいますが、顔だけ個別に存在しているわけではありません。顔から一番近く繋がっている場所が頭です。意外と知られていないのですが頭もコルのです。

頭皮マッサージはもっぱら育毛対策として注目されがちですが、顔痩せにも効果大なのです。頭皮の血行が良くなれば顔の血行も上がります。洗顔時にリンパマッサージなどを行う方も多いと思いますが、同じようにシャンプー時に頭皮のマッサージも行ってください。顔だけでなく全体の血行がよくなることで代謝も上がりむくみも取れてきます。

 

方法その4:コリをほぐす

リンパが滞ることによって血行も悪くなります。そうなると老廃物がたまり顔が太ってしまいます。その原因にもなっているのが「コリ」なのです。

最近、よく耳にする「耳たぶ回し」などもコリを解消して顔面の血行を良くする方法です。私自身、フェイシャルエステに行くと毎回必ず「コってますね」と言われてしまいます。肩や腰と違って意識しにくいのですが、顔にも筋肉がありちゃんと動かしていないとこってしまいます。

頬骨から耳にかけてとあごの骨の上をあまり強くない力でマッサージしてみてください。ご自分でこっているのに気付くと思いますよ。また「コリ」の代名詞の肩こりですが、これも顔痩せにおいて見逃すわけには行きません。

頭皮と同様、顔と近隣の筋肉ですので、いくら顔のコリをほぐしたとしてもその下の肩が凝り固まっていたのでは老廃物はきちんとながれていってはくれないのです。顔のコリをとったその後は肩甲骨を回したり首を回したりと肩のコリをほぐすようにしましょう。

 

方法その5:舌回し

こちらの方法も話題になっているので耳にした事のある方が多いのではないでしょうか?方法は大変簡単です。口を軽く閉じた(唇はつけた状態)で葉と唇の間に舌を入れて右上奥歯から左上奥歯へずっと舌でなぞります。次に左下奥歯から右下奥歯にずっとなぞります。これを20~50回繰り返します。同じ回数を逆周りも繰り返します。これは舌を動かすことで効果的に顔の筋肉をトレーニングできるのです。

実際やってみるとわかりますが、頬のあたりがかなり疲れてきます。しみやしわだけでなく口内の健康維持にも効果的といわれています。またこの方法は顔やせだけではなくかみ合わせの矯正方法としても有名です。かみ合わせがきちんとすれば、それだけで表情の印象も変わりますしゆがみの矯正にもなります。

 

方法その6:むくみをとる

顔が太って見える原因の一番はむくみだといわれています。もちろん脂肪がつくこともあるのですが、体型に伴わないくらい顔が太って見えてしまう場合、むくみを疑ってみるべきです。では、むくみとはどうしたらとれるのでしょうか?リンパ液がきちんと流れていないと老廃物がたまりむくみの原因になります。リンパ液をきちんと流す方法は前述しておりますので、ここでは触れません。

そのほかにむくみを解消する方法としては蒸しタオル等で血行を良くする、水とお湯で交互に洗顔を行い血行を挙げるなど、単発的な方法はあります。根本的な顔やせにはなりませんが、今日どうしても少しでも小顔に見せたい時などは試してみてはいかがでしょうか。

 

方法その7:咀嚼回数を増やす

身体のほかの部分やせ同様、顔痩せももっとも効果があるのは痩せたい部位の筋肉を鍛えることです。手軽に出来る運動があります。毎日の食事の仕方にコツがあるのです。硬いものをかむのが最も効果的に頬の筋肉を鍛えることが出来ます。

硬いものをかむのが面倒だ疲れるという方もいらっしゃるでしょう。その場合はかむ回数を増やすだけで効果があります。一口につき30回から50回かむように意識するだけで、顔面の筋肉を刺激しますし、満腹中枢も刺激しますのでトータル的に痩せることが出来ます。

 

いかがでしたでしょうか?

顔痩せのポイントは何よりもむくみをとることに尽きます。その方法はさまざまですが、案外手軽に出来るものが多いと感じられたのではないでしょうか?口はしゃべるためにも食べるためにも使います。その行為をちょっと意識するだけで顔痩せに繋がることを忘れなければ、簡単に効果がえられるでしょう。

 

まとめ

20代から行いたい7つの顔痩せする方法

方法その1:リンパマッサージで血行を良くする 方法
方法その2:顔面体操をこまめに
方法その3:頭皮マッサージ
方法その4:コリをほぐす
方法その5:舌回し
方法その6:むくみをとる
方法その7:咀嚼回数を増やす

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!