たるんでない?と言われた私が実行した顔痩せ5つのポイント

たるんでない?と言われた私が実行した顔痩せ5つのポイント顔痩せできれば、見た目の印象がかなり変わります。顔痩せはダイエットの基本です。「たるんでない?」なんて言われたら、かなりショック!体重が増えていなくても、太った印象を与えてしまいます。単なるむくみか、脂肪のたるみか、筋肉のゆるみなのか…人によって個人差がありますが、自分でできる顔痩せ方法ですっきり小顔になれたらいいですよね。顔痩せのポイントは表情筋を鍛えること。もちろん、むくみ解消も大切です顔のたるみは老化の証拠…今すぐできる顔痩せ方法を5つのポイントに分けてご紹介します。

たるんでない?と言われた私が実行した
顔痩せ5つのポイント

 

その1:まずはむくみ解消!蒸しタオル&リンパケア

むくみがあると、それだけでたるんだ印象に…。顔痩せのスタートはむくみの解消から始めましょう。起き抜けのむくみは、蒸しタオルが一番!血流が悪くなっているのが原因だから、まずは血流改善を。

濡れたタオルをレンジでチンして熱々の蒸しタオルを作ります。少し広げて適温まで冷ましたら、ゆっくりと顔にのせれば、リラックスタイムにもなりますね。

顔痩せには欠かせない、リンパケアも一緒にやってみましょう。リンパケアというと、かなり強く押すことが多いのですが、実は顔の筋肉を強く押すとかえって固まってしまうことも。小鳥の背中をなでるように、ささっとなでるだけで十分リンパケアができます。

小鼻から頬にかけて、ささっとなでて、顎から耳の下までささっと撫で上げます。耳の下はリンパが集まっているところ。耳の下から首筋をささっとなでれば、簡単リンパケアになります。忙しい朝でも、ささっとなでるだけなら簡単です。

むくみはタンパク不足でも起こります。普段ダイエットしている人は、しっかりタンパク質をとってむくみ解消したいですね。

その2:笑うと小顔に!?笑って表情筋を鍛えよう

笑うとシワが増える!と気にしている人も多いけれど、実は笑うってとっても簡単な顔痩せ体操なんです。特に大きな口を開けて、「あっはっは!」と笑うと、表情筋が大きく動いて顔全体が引き締まります。

口の周りの筋肉から、顔全体の筋肉につながっているため、口を動かすだけでも顔全体に刺激が広がるんです。大声で笑うのが難しかったら、声を出さずに「あっはっは!」と大きく口を開けてみてください。時には、「ほっほっほ」と笑うと、より刺激が起こります。

筋肉は使わないと衰えるもの。表情が豊かな方が表情筋が鍛えられ、素敵な笑顔美人になれますよ。

その3:内側から法令線を持ち上げる!宝田式舌回し

宝田式舌回しでは、口の中から法令線を持ち上げ、たるんだ筋肉を引き締めます。顔痩せ効果抜群の簡単体操です。歯科医師の宝田恭子先生が考案したエクササイズで、口の周りに輪っかのようにある口輪筋を動かして刺激します。

口を閉じて、舌を頬につけます。食べてないのに飴を食べているような遊びをしたことがありませんか?舌で頬を押し出すようにして、まるで飴を食べているように内側から押すようにします。

そのまま、頬から歯ぐきの外側を一周して、口の周りの筋肉をうごかします。また、法令線のある部分を内側からなぞると、深いシワが解消されることも!ゆっくりと時計回りに3回、逆方向にも3回、回すだけ。とっても簡単ですよね。

この舌回しは、舌の筋肉を鍛えるので首筋がきれいになったり、唾液腺が活発になるため、口の中の環境もよくなります。簡単なのにいいことづくめの顔痩せ体操です。

その4:目の周りのたるみを解消には、目をぐるぐる回すこと!?

目の周りのたるみは顔痩せで注目したいポイントですよね。目の周りにたるみがあると老け顔の印象になるし、一番目立つポイントでもあるからです。目の周りのたるみは、目の奥の筋肉をしっかり動かすことで、中から張りのある表情を作りましょう。

頭を動かさないようにして、目だけを上、下、右、左と動かします。しっかり動かしたら、強く目をつぶりましょう。また、目を開けて、今度はぐるぐる目玉だけを回します。これだけで、目の奥の筋肉がゆるみ動きに幅が出てきます。目の奥が緩めば、筋肉がふんわりとした適度に張りのある肌を作ります。

ポイントその3で紹介した、宝田式舌回し体操と同時にやれば、効果抜群です。舌の動きに合わせて、目も動かしてみましょう。人に見せるのはちょっとはずかしいから、お風呂での顔痩せ体操として習慣にしてみませんか?

目の筋肉を緩めるために、普段から目だけを時々回すのもお勧めです。

その5:二重あごを解消!アイーン体操

顔痩せといえば、やっぱり二重あご対策!二重あごになると、急に太って見えるから不思議ですよね。顔痩せの最後のポイントはアゴです。

二重あごを解消するには、アイーン体操がお勧めです。タレントの志村けんさんがやっていた「アイーン」をご存じない人は少ないはず。あの、顎を突き出して目を下に向けることが、実は二重あごの解消に役立つのです。

頬から顎にかけて、むくんだり太りやすかったり、また痩せにくいタイプの人は、顎関節症の人も多いかもしれません。顎関節周辺にはリンパや血管が沢山通っていますが、顎の動きが悪ければ、リンパや血流に刺激が少ないからです。

顎をしっかり動かして、顎の筋肉を刺激しつつ、リンパや血流改善にもつなげていきましょう。
アイーン体操はとっても簡単。

1.「ア」と言いながら口を大きく開けます。
2.「ウ」と言いながら口を思い切りすぼめます。
3.「イーン」と言いながら上を向き、目線は下に向けながら、下あごを志村けんのポーズと同じように突き出します

外でやるのは恥ずかしいけれど、自宅で簡単にできる顔痩せ体操です。道具不要で簡単にできるからいいですよね。

顔痩せの5つのポイントをご紹介しました。どれも道具が不要で一人でできる簡単な方法です。顔痩せといえば、エステなどを考えがちですが、これもやっぱり日常の習慣が大切です。顔は自分の人生を表す大切な場所とも言われています。いつもむくんでいたり、たるんでいたりすると、気持ちも上向きになりませんよね。まずは、顔痩せの5つのポイントを習慣に、まずは1か月、試してみてくださいね。

まとめ

たるんでない?と言われた私が実行した顔痩せ5つのポイント

ポイントその1:まずはむくみ解消!さわってリンパケア
ポイントその2:笑うと小顔に!?笑って表情筋を鍛えよう
ポイントその3:内側から法令線を持ち上げる!宝田式舌回し
ポイントその4:目の周りのたるみを解消。目の奥から刺激しよう
ポイントその5:二重あごを解消!アイーン体操

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!