結果が出る!玄米 ダイエット☆7つの正しいやり方

 

結果が出る!玄米 ダイエット☆7つの正しいやり方  玄米ダイエットは最近注目されているダイエット方法のひとつです。ご飯を精米せずに炊いて食べるというあの方法です。ご想像の通り玄米をそのまま炊くと、かたく炊き上がりますのでよく噛んで食べることができます。よく噛んで食べるというのはダイエットの中にも取り入れられている方法ですよね。

しかし、今まで普通に白米を食べていたなら、ダイエットのためだとはいえ、その長年の習慣を変えることは容易なことではありません。特に、やわらかめの白米の炊き具合が好きだ、という方はそう思われるかもしれません。そこでこの記事では、玄米ダイエットの正しいやり方を7つご紹介します。玄米ダイエットにチャレンジされる時はぜひ参考になさっていただければ嬉しく思います。

結果が出る!玄米 ダイエット☆
7つの正しいやり方

 

その1:玄米を白米とブレンドさせる

初めて玄米ダイエットに挑戦される方、玄米を食べる方は、その食感に大きな抵抗を感じるのではないでしょうか?この食感に対する抵抗感が克服できないと玄米ダイエットは続けることはできません。そこで最初は、玄米を普通の白米とブレンドさせて炊いてみましょう。最初は少なくブレンドしてみましょう。玄米は噛み応えがありますので、ゆっくり噛んで食べましょう。これだけでも、玄米ダイエットを成功させる第一歩を踏み出したことになります。そして少しずつ、ブレンドする玄米の量を増やしていきましょう。

 

その2:玄米のおいしい食べ方を見つける

家族の中でご自分一人だけ玄米を食べようと思っても、ほかの家族が喜んで食べてくれなければ、白米と玄米を両方調理しなければなりません。もしあなたが、玄米があまり得意ではないのに一生懸命食べている横で、家族が美味しそうに白米を食べていたらどう思いますか?おそらく妥協して玄米ダイエットは続かなくなってしまうことでしょう。ですから、あなたも家族も喜んで食べることのできる玄米の調理の仕方を知っておくことができるでしょう。

まず最初は、おにぎりにするとおいしく食べることができようです。玄米は色がついていますので、小豆などを一緒に入れて赤飯おにぎりのような玄米おにぎりを作って、それとなく出してみましょう。玄米を使って、梅や鮭、たらこなどのおにぎりを作っても良いと思います。おにぎりは塩味がついたり、具材の味が大きく出るので、玄米を使っていても受け入れてもらえる可能性は高いことでしょう。カレーライスやとろろご飯にするのもおすすめだと言われています。

 

その3:玄米を砕いて食べる

玄米は栄養が良いと言われていますが、最大の難点は、調理するのに時間がかかるということです。白米を早炊きで炊くと40分程かかります。しかし、玄米は早炊きはできないのでさらにこれ以上時間がかかってしまうのです。時間がかかるという理由から、玄米ダイエットを敬遠しておられる方もおられるのではないでしょうか?そのような場合、玄米を砕いてペースト状にすると手早く食べることができます。

ミルサーなどの機械で玄米を粉にしたものに、水や塩または味噌やほかのお好きな調味料を加えて煮込んでいくとペースト状の玄米が出来上がります。この方法なら、時間の少ない昼食時にも簡単に作れるのではないでしょうか?詳し作り方は、「玄米 ミルサー」で検索してみてください。

 

その4:発芽玄米を使用する

玄米を食べてさらに効果的にダイエットする方法は発芽玄米を使用することです。発芽玄米とは、玄米に少し水を加えて芽を出させたものです。発芽玄米は普通の玄米よりも栄養価が高いことが知られています。また玄米の周りの皮もやわらかくなるので、普通の白米と同じように炊くことができるので時間の短縮にもなりますね。

 

その5:食事を玄米に置き換える

玄米ダイエットで一番最初に試すのはおそらくこの方法でしょう。しかし、おいしい玄米の食べ方を知らずにこの方法をいきなり試しても、成功率は低いことでしょう。食事を玄米に置き換えるのであれば、毎日一食だけ白米を玄米に置き換えるところから始めてみてはいかがでしょうか?どんなことも急激に行なっては成功率も低くなってしまうことでしょう。玄米ダイエットを行なうときにも、少しずつ食事を変化させていくようにしましょう。

 

その6:美味しい玄米を選ぶ

調理方法によってある程度は玄米を美味しく食べることができます。しかし、白米もそうだと思いますが、ご飯そのものが美味しくなければ、調理方法ではごまかしのきかない部分があるのではないでしょうか?玄米も同じです。最近では玄米でご飯を炊いても美味しく食べることができるお米が販売されています。玄米ダイエットを成功させるために、使ってみてはいかがでしょうか?

 

その7:寝かせ玄米を使ってみる

寝かせ玄米は先ほど述べた美味しい玄米のひとつです。しかし、調理するためには特殊な道具が必要になりますので、出来上がったものを購入するとよいでしょう。小豆や天然塩を入れて炊き、4日ほど熟成させたものが寝かせ玄米です。玄米なのにおこわのような食感を味わえると言われています。玄米ダイエットを行なっておられるのであれば、ぜひ試して見られてはいかがでしょうか?

 

いかがでしたでしょうか?

玄米ダイエットの正しいやり方につて紹介させていただきました。玄米にはたくさんの栄養が含まれていますが、私たちの体のすべての栄養を補えるわけではないことも覚えておく必要があります。また、胃腸などが弱いなど体質的に玄米が向いていないと思われる方には、玄米ダイエットはすすめられません。玄米ダイエットを検討されておられるのであれば、この記事を参考に正しいやり方で玄米ダイエットを行なってみてください。

 

まとめ

結果が出る!玄米 ダイエット☆7つの正しいやり方

その1:玄米を白米とブレンドさせる
その2:玄米のおいしい食べ方を見つける
その3:玄米を砕いて食べる
その4:発芽玄米を使用する
その5:食事を玄米に置き換える
その6:美味しい玄米を選ぶ
その7:寝かせ玄米を使ってみる

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!