超簡単!食生活を変えるだけの5つの究極ダイエット方法

超簡単!食生活を変えるだけの5つの究極ダイエット方法究極ダイエットとはどのようなものでしょうか?一口にダイエットといっても方法はいろいろありますし、方法の「善し悪し」ではなく「合う合わない」があります。ダイエットとはもともと「減量」とうい意味ではなく「食事」「食事療法」という意味ですから減量することだけがダイエットではありません。それに体重が減っても健康を害しては痩せても意味がありませんから、健康的に痩せなくてはいけません。今回紹介する方法の中から、自分に合ったものを探し出すといいでしょう。

超簡単!食生活を変えるだけの
5つの究極ダイエット方法

 

糖質制限をしよう

ダイエットのための食事制限として有名な方法です。この方法ではカロリーの量はあまり気にせずに、糖質の摂取をできる限り控えることになります。糖質とはご飯、パン、パスタといった淡水果物のことで、主食と呼ばれているものですね。糖質を摂取すると血液中の血糖値があがり、これによりインスリンが出されることで血糖が体内に溜まりやすくなります。

したがって、糖質を控えることでインスリンが出ないようにすれば、血糖が体内に溜まりにくい→体内の脂肪を燃やして使うようになる→太りにくくなる、というわけです。また、インスリンは糖質以外の食べ物、脂肪(油)やタンパク質(肉、大豆)などを食べたときにはほとんど出ないことが分かっています。

ということは、炭水化物さえ控えれば、その他の食事はあまり気にしなくても良いということになります。1日の食事の中から炭水化物を完全に無くしてしまうという方法もありますが、極端すぎるのでそこまでやる必要はありません。夕食だけ抜く、もしくは夕食+朝、昼のどちらかを抜く、ということになります。

ちなみに、理由は後述しますが、炭水化物を抜くにしても朝食はきちんと食べるようにしまししょう。一つ気を付けることは、炭水化物を抜けば、その他には何を食べても大丈夫でしょ?と思わないことです。確かに糖質制限ダイエットでは糖質の摂取さえ抑えれば、その他の食べ物についてはそれほど気にしません。

ただし、炭水化物を抜いても、脂っこいものばかり大量に食べたりと、バランスの悪い食事をしていては健康に良いはずがありません。あくまでも「通常の食事」から炭水化物を減らす、と考えて下さい。

 

食べる順番を意識しよう

食事を食べるときは、食べる順番を考えましょう。理想的な順番は①野菜類、②タンパク質、③炭水化物の順番です。この順番にもきちんと意味があって、一番最初に食べる野菜は血糖値が上がりにくく、また食物繊維をとることでその後に食べる糖類の吸収が抑えられます。お酒を飲む前にウコンを飲むように、ご飯のときは最初に野菜を食べる癖をつけるといいですね。

ただし、野菜でも芋類やれんこん、かぼちゃなどは炭水化物を多く含むので避けておきましょう。その次に魚や肉といったタンパク質をとります。そしてご飯や麺類といった炭水化物が最後になります。

こうすることで、事前に野菜やタンパク質である程度お腹を満たすことができるので、最後に食べる炭水化物の量を減らすことが出来ます。これはその1で紹介した糖質制限を行う方法の一つです。

 

朝食をしっかり取ろう

朝食を食べることがダイエットに関係あるの?と思われるかもしれませんが、関係あるんです。まず、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、夕食と朝食の間の時間の中で、夕食から朝食までの時間というのが通常は一番長くなると思います。朝食を7時、昼食を12時、夕食を遅めに8時としても、夕食から朝食までは11時間になります。

もしも、朝食を抜くと夕食から昼食までの時間は16時間になります。この間、何も食べないと身体としてはちょっとした飢餓状態になるので、人間の身体はエネルギーを少しでも節約しようとします。エネルギーを節約するということは、脂肪が燃焼しにくくなるので言い換えれば太りやすくなるということです。

したがって、朝食は食べるようにしたほうが良いのです。そして、人間の身体というのは「交感神経」と「副交感神経」という2つの状態に分けられます。それぞれの特徴を簡単に言うと、交感神経:エネルギー代謝を活発化、副交感神経:心身をリラックスさせる、ということになります。起床後は日光を浴びて、朝食をとり、しっかりと動くことで、交感神経が優位となって、エネルギー消費モードになります。

朝食を食べなかったら、飢餓状態になることと副交感神経が優位になってしまうことで、太りやすい状態になってしまうのです。

 

成長ホルモンを出すためにしっかり寝ること

代謝を上げ、筋肉やお肌の細胞を修復させるのが成長ホルモンです。この成長ホルモンは寝ている間に分泌されるのですが、一番たくさん出る時間が22時から2時の間です。しかし、成長ホルモンが出るためには就寝してから90分後に血糖値が下がっている必要があるので、食後すぐに寝てしまうと成長ホルモンがあまり出ません。消化のことなどを考えると、食後3時間ほど空けてから寝るのがちょうどいいタイミングになります。

 

組み合わせが大事

これまでに紹介した方法を組み合わせると、「朝は早く起きて朝食をとり」「1日3食のうち2食は炭水化物を抜く」「食べるときは野菜、タンパク質、炭水化物の順に食べ」「夜は早めに食べて」「食べてから寝るまでに3時間以上空ける」ということなります。これはやってみると意外と難しくありません。食生活を変えるだけで、太りにくい体質、食事の量を調整すれば運動なしでも痩せることが出来るのですから、是非トライしてみて下さい。

 

いかがでしたか?

今回紹介した方法にちょっとした運動(ウォーキングのような軽いものでOKです)を組み合わせれば、より効果的なダイエットが出来ます。食事制限はありませんが、偏食は避けて、野菜、タンパク質、炭水化物をまんべんなく取ることが大切です。まずは食生活を見直すことから初めてみませんか?

 

まとめ

超簡単!食生活を変えるだけの5つの究極ダイエット方法

・糖質制限をしよう
・食べる順番を意識しよう
・朝食をしっかり取ろう
・成長ホルモンを出すためにしっかり寝ること
・組み合わせが大事

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!