沢山食べても太りにくい!ダイエットの強い味方低カロリー食材6選

沢山食べても太りにくい!ダイエットの強い味方低カロリー食材6選低カロリー食材を上手に取り入れることが出来ていますか?お腹一杯沢山食べたいけどカロリーが気になって食べるのを我慢している、我慢しなくちゃと思いながらも我慢できずについつい食べてしまって失敗している、といった人は多いのではないでしょうか。ダイエット中は何をどれだけ食べたら良いのか悩んでしまいますよね。そんな時に役立つのが低カロリー食材。沢山食べても太りにくいので、ダイエットの強い味方です。

しかし、カロリーを気にするあまり、必要な栄養素をきちんと摂れていない人も少なくありません。体に必要な栄養素が不足してしまうと、体調を崩してしまったり逆に太りやすくなってしまうこともあるので注意が必要です。そこで、今回は、低カロリーでありながら必要な栄養素もきちんと摂ることが出来る、沢山食べても太りにくい!ダイエットの強い味方低カロリー食材6選を簡単レシピと一緒にご紹介していきたいと思います。

沢山食べても太りにくい!
ダイエットの強い味方低カロリー食材6選

 

その1:低カロリー高タンパク質といえばコレ!鶏のささみ&胸肉

鶏のささみは100gあたり約105キロカロリーと低カロリーでありながら、含まれるタンパク質は約23gと高タンパクの食材です。胸肉は皮無しであれば100gあたり約108キロカロリーですが、皮を含むとカロリーは倍ぐらいになってしまいます。ですので、胸肉の場合は皮を取ってから調理しましょう。

鶏のささみ簡単レシピ:ささみとレタスのスープ

●用意するもの(4人分)
・鶏ささみ(胸肉でもOK)適宜 ・片栗粉 適量 ・人参 1/4本・レタス 2~3枚
・塩、こしょう 少々 ・コンソメ 少々 ・水 800cc
●作り方
1・鶏肉は食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶしておく。人参は千切りにしておく。
2・鍋に水、人参を入れ火にかける。沸騰したら、鶏肉を入れる。
3・鶏肉に火が通ったら、コンソメ、塩こしょうで味付け。最後にレタスをちぎって入れて完成。

ポイント:最後にレタスを入れることにより、不足しがちな食物繊維も補うことが出来ます。

 

その2:腹持ちが良くお肉の代用品にもなるコンニャク

100gあたり5キロカロリーで食物繊維が豊富なコンニャクは、低カロリー食材の代表格。食物繊維の他、カルシウムや鉄分、ビタミンB6も摂取することが出来るので、ダイエット中には是非取り入れてもらいたい食材です。コンニャクを凍らせた「冷凍コンニャク」は、食感や味がお肉に似てることから、満腹感を得ながらダイエットしたい人に人気があります。

コンニャク簡単レシピ:冷凍コンニャクの唐揚げ

●用意するもの(2人分)
・冷凍コンニャク(アク抜き後、水気を切ってラップにくるんで冷凍庫で一晩)1枚分 ・ニンニク 1片
・しょうが 1片 ・醤油 大さじ1 ・片栗粉 適量
●作り方
1・冷凍コンニャクを自然解凍して水気をギュッと絞っておく。
2・すりおろしたニンニク・しょうが・醤油と合わせ1時間程漬け込んでおく。
3・片栗粉をまぶし180℃の油で揚げる。

ポイント:ダイエット中でもお肉が食べたい、そんな人にピッタリです。

 

その3:低カロリーで料理のバリエーションが豊富な大根

大根は100gあたり18キロカロリー。ビタミAやビタミンCをはじめとするビタミン類や鉄分、カルシウムなど豊富な栄養素を含んでいる他、消化を助ける効果もあるためダイエットに適した食材と言えます。サラダや煮物、炒め物など料理のバリエーションも豊富なので、味に飽きることなく低カロリー食材を取り入れたダイエットをすることが出来ます。便秘解消や冷え対策にも効果的です。

大根簡単レシピ:大根めし

●用意するもの(2人分)
・お米 1合 ・水 180cc ・大根 100g ・昆布 1片 ・塩 少々
●作り方
1・大根を1センチ角のさいの目に切る。
2・土鍋(なければ炊飯器でも可)に材料を全て入れて炊き上げる。

ポイント:白米を食べる量が減らせるので、全体のカロリーカットにも役立ちます。

 

その4:内臓脂肪を撃退!ビタミンバランスの良いエノキタケ

エノキタケは100gあたり22キロカロリーの低カロリー食材。食物繊維・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシンを多く含む他、数多くあるきのこ類の中でもエノキタケにしか存在しない栄養素「エノキタケリノール酸」は、内臓脂肪を劇的に撃退する効果がある食材として注目されています。

エノキタケ簡単レシピ:エノキタケの蒸し肉巻き

●用意するもの(1人分)
・豚こま肉(脂身の少ないもの)10枚程度 ・エノキタケ 1/4束 ・塩、コショウ 適宜
●作り方
1・広げた肉の上にエノキタケを乗せてしっかりと巻きます。
2・タジン鍋に並べて、600Wの電子レンジで4分加熱。
3・塩、コショウを振って出来上がり。
※タジン鍋がない時はフライパンで蒸し焼きにしてもOK

ポイント:肉巻きの下にキャベツなどを敷いて一緒に蒸すと、ヘルシー野菜も一緒に摂れて一石二鳥です。

 

その5:キャベツよりも低カロリー!食物繊維・ミネラル豊富なレタス

低カロリー食材の代表野菜でも知られているキャベツ。そのキャベツよりも実はレタスの方がカロリーが低いんです。キャベツが100gあたり23キロカロリーなのに対し、レタスは12キロカロリーと半分。食物繊維が豊富で、ミネラルやビタミンも多く含まれているので、ダイエットに適した低カロリー食材であると言えます。レタスには熱に弱い栄養素が多く含まれているので、なるべくなら生のまま摂取した方が良いでしょう。

レタス簡単レシピ:レタスとカイワレ大根のサラダ

●用意するもの(2~3人分)
・レタス 半玉 ・カイワレ大根 1/3束 ・塩昆布 5g ・海苔 2枚 ・ごま油 大さじ1
●作り方
1・レタスは一口大にちぎっておきます。
2・レタスに塩昆布を入れて手で揉むように混ぜます。
3・ごま油とカイワレを入れ、よく混ぜ合わせます。
4・細かくちぎった海苔を乗せて完成。

ポイント:ごま油をプラスすることで、脂肪酸の代謝を促進する効果、免疫力を高める効果などが期待出来ます。

 

その6:低カロリーでお財布にも優しいモヤシ

モヤシにはあまり栄養素がないと思っている人も多いかと思いますが、モヤシには意外と栄養素が詰まっているんです。鉄分の吸収を良くしたりコレステロールを低下させる働きのあるビタミンCや、血液の循環を良くしてくれるカリウム、疲労回復の効果があるアスパラギン酸などが含まれています。100gあたり14キロカロリー。1袋20~30円程なので、家計にも優しい低カロリー食材です。

モヤシ簡単レシピ:モヤシのハンバーグ和風ダレ

●用意するもの(4人分)
・豚肉 350g ・モヤシ 1袋 ・卵 1個 ・塩、コショウ 適量 ・パン粉 大さじ3
・牛乳 大さじ3・大根おろし 適量 ・酒 適量
●作り方
1・モヤシは2センチ程度(歯ごたえを残すため)に刻み、パン粉は牛乳でふやかしておきます。
2・豚肉・モヤシ・卵・塩コショウ・牛乳でふやかしておいたパン粉を混ぜ合わせます。
3・好みの大きさに丸め、フライパンで両面焼きます。
4・両面に焦げ目がついたら酒を入れ、蓋をして蒸し焼きにします。
5・出来上がったら皿に盛り、大根おろしを乗せて完成です。

ポイント:大根おろしと一緒に食べることで、消化をスムーズにし、胃腸の働きを良くする効果も期待できます。

 

いかがでしたか?沢山食べても太りにくい!ダイエットの強い味方低カロリー食材6選をお伝えしました。

今回お伝えした沢山食べても太りにくい!ダイエットの強い味方低カロリー食材6選を参考に、低カロリー食材を使った食事を是非取り入れてみて下さい。どの食材もアレンジしやすい食材なので、ご紹介したレシピの他、自分なりにレシピを考えてみるのも良いかもしれませんね。この記事が、少しでもあなたのお役に立つことが出来れば幸いです。

 

まとめ

沢山食べても太りにくい!ダイエットの強い味方低カロリー食材6選

その1:低カロリー高タンパク質といえばコレ!鶏のささみ&胸肉
その2:腹持ちが良くお肉の代用品にもなるコンニャク
その3:低カロリーで料理のバリエーションが豊富な大根
その4:内臓脂肪を撃退!ビタミンバランスの良いエノキタケ
その5:キャベツよりも低カロリー!食物繊維・ミネラル豊富なレタス
その6:低カロリーでお財布にも優しいモヤシ

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!