メタボと言われた私が、ダイエットを短期で成功した5つのポイント

メタボと言われた私が、ダイエットを短期で成功した5つのポイントダイエットを短期間で終わらせるためにはどうすれば良いと思いますか?本来であれば、ダイエットは短期間で行うべきではありません。なぜなら、無理をした反動でリバウンドが起きやすくなるからです。

理想的なのは活習慣を変えてしまい、ダイエットと意識しなくても太らないような生活を送ることが出来るようになることです。とはいえ、ダイエットは短期間で効果が見える方がやる気も沸くというものです。健康診断でメタボと診断された私が、短期間でダイエットを成功させた5つのポイントを紹介したいと思います。

メタボと言われた私が、
ダイエットを短期で成功した5つのポイント

 

その1:ストイックな自分を好きになる

なんだか変な話に聞こえるかも知れませんが、短期間のダイエットで目に見える効果を出そうと思えば、多少なりともストイックにならないといけません。そのための一つの方法として「こんなにストイックにがんばってる自分ってかっこいい」と自分で自分のことかっこいいと思う事にしました。

たとえばダイエット中にものすごくお腹が空いているとして、そんな自分の目の前に美味しそうなケーキがあったとします。ダイエットしていなければ好きなだけ食べることが出来ます。でもダイエット中なので我慢しなくてはいけません。「お腹が空いている状態で目の前に美味しそうなケーキがある。でも、俺はそれを我慢できるんだ。そんな俺ってかっこいい」と思うのです(笑)

人が聞いたら笑い話のように聞こえるかも知れませんが(というか、きっと笑われます)、人に話す必要が無いので気にする必要はありません。考えようによっては一つの自己暗示のようなものですね。

 

その2:自分で自分に飴と鞭を使う(鞭を多め)

ダイエットをするために運動をしたり食事の制限をするというのは、自分に対するムチのようなものです。ムチばかりでは嫌になってしまうので、たまには飴もあげましょう。ということで、たとえば日曜日の朝は好きなものを食べてもいい、という感じで息抜きの時間を作りました。

いくらストイックになった自分を好きになったと言っても、たまには甘やかしても良いでしょう。気がつかないうちにストレスが溜まっている可能性もありますから、鞭と飴をバランス良く使い分けましょう。人によって目安は異なるので一概には言えませんが、ストイックな生活を行ってみて「ちょっときついかも」と思った頃に、ちょっと飴をあげるくらいが良いでしょう。そして飴を食べて一休みできたら、また鞭を打ってストイックな生活に入りましょう。短期間でがんばるとは言っても、精神的・肉体的に不調になってしまっては元も子もありません。

 

その3:もう少しだけがんばる

ダイエットにはやはり運動が必要です。かといってメタボなボディにランニングは膝に悪いです。そこで、ウォーキングを始めました。ウォーキングといってもちょっと早足です。目標時間を決めて歩くのですが、自分の場合は決められた時間だけ歩いてから、もう少し、たとえばもう5分だけがんばってみることにしました。日によっては2分や3分だったかもしれません。でも数分が10回積もれば数十分に相当します。

なによりも自分で決めた目標よりも少しとはいえさらにがんばることが出来た、という自信にもつながります。これはダイエットに限らず、私生活や仕事をする上でも精神的にプラスになります。ここでのポイントはあくまでも体を壊さない程度に「ほんのちょっとだけ」がんばることですが、この「ほんのちょっと」が積もり積もって大きくなるのです。

 

その4:宣言する

ダイエットを短期間で結果を出すためには、食生活も大切です。ダイエットする上での大敵は、やはり「お酒」です。お酒を飲んだ後の胃袋は、普通の状態よりも脂を吸収しやすい状態にあります。ですから、飲みに行った後の締めのラーメンというのは本当に最悪の行為なのです。(みなさん気を付けて下さい)

これらを防ぐためには飲み会に参加してはいけません。かといって、誘われた飲み会を断ってばかりいては、つきあいの悪いやつだと思われかねません。

そこで「メタボを解消するためにダイエットを始めました。しばらくは飲み会に参加できません。誘わないで下さい。」と宣言しました。そうすれば、たとえば昼食などでもカロリーが高そうなものを注文しようとしたときに「そんなにカロリーが高そうなものを食べてもいいんですか?ダイエット中ですよね~」などと、応援(?)してくることもありました。 (目の前で美味しそうなものを食べられることもありましたが・・・) それに、宣言してしまった以上あとに引けない、という状況を作って自分を追い込むのにも役立ちました。

 

その5:ダイエットが終わった後のご褒美を考える

短期間で結果が出るほどのダイエットするのですから、終わってから何か楽しみが欲しいものです。 そこで、目標を達成した後に自分にご褒美を与えましょう。やはり馬の目の前には「にんじん」が必要です。

これを乗り越えれば、「○○が待っている」「××が出来る」などと、楽しみがあった方がやる気も出ますよね。 私の場合は・・・秘密です。

 

いかがでしたか?

自分の経験から短期間に結果を出すための方法を5つほど書いてみました。特におすすめは「その1」ですね。みなさんもストイックな自分を好きになって、ダイエットに励みましょう。

 

まとめ

メタボと言われた私が、ダイエットを短期で成功した5つのポイント

その1:ストイックな自分を好きになる
その2:自分で自分に飴と鞭を使う(鞭を多め)
その3:もう少しだけがんばる
その4:宣言する
その5:ダイエットが終わった後のご褒美を考える

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!