気になる内臓脂肪の減らし方★5つの簡単ダイエット法

気になる内臓脂肪の減らし方、5つの簡単ダイエット法内臓脂肪が気になるというあなた!必見です。見た目は普通体型なのに、健康診断などで内臓脂肪が付きすぎていると言われた方や、お腹がぽっこりとしてメタボ気味の方、ダイエットという程大げさではなく、お手軽に内臓脂肪だけを落としたいという方にもってこいの方法があります。ちょっとした方法で内臓脂肪を落とすダイエット方法を5つ紹介するので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

内臓脂肪は皮下脂肪とは異なり、付きやすく、落ちやすい脂肪です。ちょっと油断したら増えてしまいますが、少しの努力で簡単に減らすことができますし、外見上は多いかどうかもわからないので、油断してしまいがちになりますが、内臓脂肪が付きすぎていると、糖尿病や高血圧になってしまう危険性もあります。これを機会にガツンと減らして健康的な身体になってしまいましょう。

気になる内臓脂肪の減らし方★
5つの簡単ダイエット法

 

その1:食べて減らすダイエット

食べれば内臓脂肪が減る。そんな夢のような方法もあります。ダイエットとは正反対に見えますが、それもそのはず。効果があるのはあくまで内臓脂肪にです。他の皮下脂肪などにはあまり効果的ではないのでご注意ください。それでは具体的な食材、栄養素を紹介しておきます。

・EPA(青魚等)
・カプサイシン(唐辛子等)
・カフェイン(コーヒー等)
・ポリフェノール(赤ワイン等)

食べれば食べるだけ減るというわけではありませんが、毎日摂取することで、確実に内臓脂肪を分解してくれます。少なくとも毎日どれかの栄養素は意識して必ず摂るようにして下さい。また、紹介した栄養素意外にも、カルシウムが不足すると脂肪の燃焼が悪くなるなど、他の栄養素が関係することもあるので、極度な食事制限などはせずに、あくまで規則正しく、カルシウムなどが不足しないように注意して下さい。

 

その2:食べる回数でダイエット

実は内臓脂肪は食べ方でも付き方がかわってきます。あくまで1日の摂取カロリーが同じであれば、1日2回から3回の食事より、5回から6回の食事の方が蓄積されにくいのです。なので、朝食、昼食、間食、夕食、夜食のように、食事を分けて摂るだけでも内臓脂肪のダイエットにはつながります。ただし、あくまで1日の摂取カロリーが3食の時より多くなってはいけません。1回の量を少なく回数を増やすのがポイントです。

また、1回の食事では食べる順番も重要で、食物繊維の多い野菜などを最初に食べるほうが、満腹感が得られ、暴食を防ぐことができます。海藻系や緑黄色野菜が特にお勧めです。

 

その3:有酸素運動が効果的

脂肪燃焼には有酸素運動とよく言いますが、実は内臓脂肪にもこの有酸素運動がとても効果的です。だいたい1日に30分以上のウォーキングなど、軽い運動を続けて行うことがポイントで、可能であれば食事の前、空腹を感じている時に行ってください。空腹時というのは身体の栄養が不足している状態なので、この状態の時に有酸素運動を行えば、脂肪をより効果的に燃焼させることができます。

毎日ウォーキングなどの運動を入れるのが難しいという方は、お風呂上がりのストレッチや半身浴などをうまく使って有酸素運動と同じぐらいの代謝アップを目指しましょう。

 

その4:呼吸法で運動効率アップ

また、重要なのが呼吸法です。特に内臓脂肪は腹式呼吸を意識して行うことで燃焼効果を上げることができます。もちろん、常に腹式呼吸である必要はありません。例えばすでに紹介したウォーキングの間や、半身浴の間など、身体の代謝が上がっていると感じた時に、意識して腹式呼吸位に切り替えることで、脂肪の燃焼を手助けしてくれます。腹式呼吸も大きく深呼吸するように行うのが特に効果的です。

 

その5:効果絶大?漢方薬

そして意外な効果があるのが漢方薬です。よく見かけませんか?メタボリックシンドロームに効果がある、またはダイエット効果があるという漢方薬、値段は少々張りますが、実はこの漢方薬、意外と馬鹿にできません。薬なんて気のもの。高いだけで効果は怪しいと考える人も沢山いますが、実は内臓脂肪に漢方薬はとても有効なのです。もちろん、下剤などの類ではありません。きちんと内臓脂肪を落とす漢方薬があります。

普通の薬と違って、漢方薬は天然成分を使っているので副作用はありませんし、長年の臨床試験の結果が培われた学問で生み出された薬なので、個人差はあるものの確実な効果が期待できます。まさに飲むだけでお手軽に痩せるとはこのことですが、先程も紹介した通り、漢方薬の中でも内臓脂肪に効果のあるものはとても高価なものばかりです。もちろん個人差もありますが、最低でも1ヶ月程度は続ける覚悟が必要です。

財布とよく相談してから、余裕があるならぐらいの気持ちで試すようにして下さい。

 

いかがでしたでしょうか?気になる内臓脂肪の減らし方として5つの簡単ダイエット法を紹介しました。

どれも気になる内臓脂肪をお手軽に減らす方法ばかりでしたよね?最初に紹介した通り、内臓脂肪は付きやすく、落ちやすいものです。なので、一度やる気になれば、今回紹介したように、減らすのはそんなに難しいことではありません。問題は内臓脂肪を付けないようにすることです。簡単に落とせるといっても、年齢と共に厳しくはなります。なので、普段から内臓脂肪を付けないように意識することも必要です。

 

まとめ

気になる内臓脂肪の減らし方★5つの簡単ダイエット法

その1:食べて減らすダイエット
その2:食べる回数でダイエット
その3:有酸素運動が効果的
その4:呼吸法で運動効率アップ
その5:効果絶大?漢方薬

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!