内臓脂肪レベル10を超えたら注意!メタボ腹5つの回避法

内臓脂肪レベル10を超えたら注意メタボ腹5つの回避法内臓脂肪レベルを計測した事がありますか?どんどん進化するヘルスケアには、体重だけでなく体脂肪率や皮下脂肪率、骨格筋率、BMI、基礎代謝量、体年齢も一緒に計測できます。それと同じように内臓脂肪レベルを計測できるヘルスケアもあるのです。内臓脂肪レベルとはお腹をつまんでわかる皮下脂肪とは違い、内臓のまわりや間についている脂肪で、増えすぎるとメタボになり糖尿病や動脈硬化など、命に関わる病気を引き起こしてしまいます。

内臓脂肪レベルは1から9で標準、10以上でやや高い、15以上で高いの3判定に分かれています。内臓脂肪は男性につき易いのですが、これは男性の方が女性より暴飲暴食や不摂生な生活になる事が多く、男性ホルモンも関係すると言います。内臓脂肪レベルが標準なら特に改善は必要ありません。しかし10を超えると改善を心がけなくてはならず、15以上になると積極的に改善が必要になるのです。そこで命に関わる病気の予防の為、メタボ腹を回避できる方法をお伝えいたします。

内臓脂肪レベル10を超えたら注意!
メタボ腹5つの回避法

 

その1:自分で体脂肪や内臓脂肪レベルをチェックする

まずは自分の体の状態を毎日しっかり把握する事から始めましょう。常にスタイルを気にしてヘルスケアを毎日チェックしている女性と違い、ほとんどの男性が年に一度の健康診断でしか体重や体脂肪を計っていないと思います。メタボ腹を回避する為の第一歩は自分の体状態を知る事です。冒頭でもお伝えしまいたが、最近の進化したヘルスケアなら内臓脂肪レベルだけでなく、基礎代謝やBMIといった健康の基準となる数値もわかりますよ。

 

その2:目に見えない内臓脂肪は食事で体の中から改善する

内臓脂肪レベルが高ければ高い程、食生活を見直す必要があります。内臓脂肪が増える原因のほとんどが暴飲暴食や脂っこい食事、外食やコンビニ食の利用、過度のアルコール摂取と運動不足と言われているのです。20代の頃に比べて体重が2割増し、3割増しになっている人は内臓脂肪が増え、内臓脂肪レベルが10以上の可能性があります。内臓と内臓の周辺や間についている脂肪ですから、体の中から改善する方法が一番です。

内臓脂肪レベルが15以上の人はスグにでも食生活の改善が必要で、医師や専門家に相談した方がいいかもしれません。しかし内臓脂肪レベルが10から14なら自分で意識的に改善していけます。急な変化はストレスにもなりますから、まずはよく噛んで腹八分目を心がける事です。そして外食やアルコールを少しずつ減らして、遅い時間の食事や間食を控えるようにします。慣れてきたら緑黄色野菜を多く肉より魚を食べましょう。青魚は中性脂肪を下げる効果があるのでオススメです。

 

その3:適度な運動は、内臓脂肪だけでなく皮下脂肪も減らせる

メタボ腹にならないようにするには適度な運動も必要です。内臓脂肪も皮下脂肪も、どちらも脂肪を燃焼させれば減らせます。ほどよい筋肉をつけて基礎代謝を上げれば、寝ている時でも脂肪を燃焼させる事ができ効率的です。30、40代の男性の1日の平均摂取カロリーは2,500kcal、平均基礎代謝は1,500kcalですので、ヘルスケアで自分の基礎代謝をチェックし、平均以上を目標にします。

内臓脂肪レベルが15以上の人は週に何回かジムに通い、充分に汗を流すほどの運動が必要ですが、14以下の人は何もしていなかった運動をするようにするのです。しかし平日は仕事がメインでなかなか運動する時間が取れないと思います。そこで週末の散歩を習慣にするのです。いわゆるウォーキングですが、今まで運動していなかったので無理はせず30分以上気持ち良く歩くと、運動不足改善とストレス発散にもなります。平日は寝る前に少しだけ筋トレできるといいですね。

 

その4:ぐっすり眠ると自然に健康な生活スタイルに変われる

内臓脂肪レベルが高い人の生活は、乱れた食生活によって良質な睡眠ができていない可能性があります。食生活が乱れたから安眠できないのか、安眠できていないから食生活がみだれたのか、人によって違うとは思いますが、どちらにしても良質な睡眠が健康な体に改善する為には必要です。食生活が乱れた人によく見られるのが、居酒屋で終電間際の占めのお茶漬けや店を出てからのラーメン、と言った遅い時間での暴飲暴食があります。

遅い時間に食べ、家についたらそのまま寝てしまう。よくある光景です。しかしこれでは内臓が休む時間がなく、寝ている間でも消化や吸収の作業をせっせとしなくてはなりません。そんな状態では基礎代謝を上げていたとしても、寝ている間は脂肪燃焼どころか内臓が消化や吸収の作業をしているので、逆に脂肪を吸収していく事になります。しかも翌朝はスッキリ目覚めず、朝食を抜くなんて結果になりがちです。

早めの夕食に早寝早起きできちんと朝食を食べる。しかしビジネスマンに早めの夕食は難しいですよね。では、できるだけ寝る3時間前までには食べる、もしくは食べたら3時間空けてから寝るはどうでしょうか。せめて食べた物の消化と吸収が終わってから寝て、基礎代謝は脂肪燃焼の為だけに使えるようにします。睡眠時に内臓を休ませてあげられると、暴飲暴食が少しずつなくなっていきますよ。

 

その5:生活習慣の改善に悩んだら健康補助食品を使ってみる

いくら内臓脂肪レベルが高くメタボ腹予備軍とはいえ、急に生活習慣を改善していくのは大変です。もちろん可能な限り運動をしたり、食事を控えめにしていくべきではありますが、サポート役として健康補助食品を利用するのも有りだと思います。特にDHCとEPAが含まれている健康補助食品は、内臓脂肪と皮下脂肪の両方を意味する中性脂肪を減らす効果があると言われてるのでオススメです。

DHCとEPAの効果は特に動脈硬化を予防すべく血中脂肪を減少させ、サラサラの血液へと改善してくれます。血液がキレイに流れ出せば、運動や基礎代謝で燃焼した脂肪が体外へと流れ易くなるのです。魚に強いニッスイが販売しているイマークシリーズや、サントリーが販売しているセサミンEXは効果も口コミ評価も高く、中性脂肪に悩む人達の助けとなっています。こういった健康補助食品を利用して「まずはこれから始めよう」でも全然いいと思いますよ。

 

いかがでしたか?内臓脂肪レベル10を超えたら注意!メタボ腹5つの回避法をお伝えしました。

今回お伝えした5つの回避法を読むと、もしかして自分も予備軍かもしれないと疑い始めるかもしれません。また内臓脂肪レベルと言う言葉を始めて知った人もいるかもしれません。まだ大丈夫だと思っている人も、5つの回避法を意識して生活するだけで、健康診断の結果が違ってきます。これを気に生活習慣を見直して、何年たっても若々しい体でいて欲しいと思います。

 

まとめ

内臓脂肪レベル10を超えたら注意!メタボ腹5つの回避法

その1:自分で体脂肪や内臓脂肪レベルをチェックする
その2:目に見えない内臓脂肪は食事で体の中から改善する
その3:適度な運動は、内臓脂肪だけでなく皮下脂肪も減らせる
その4:ぐっすり眠ると自然に健康な生活スタイルに変われる
その5:生活習慣の改善に悩んだら健康補助食品を使ってみる

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!