眞鍋かをりさんから学ぶ内臓脂肪を落とすダイエットの5つのヒント

眞鍋かをりさんから学ぶ内臓脂肪を落とすダイエットの5つのヒント内臓脂肪を落とし健康的なダイエットをしたいですね。30代を過ぎると、健康診断では体重だけではなく中性脂肪やコレステロールの値が気になってきますよね。ただ体重を落とすだけではなく、内臓脂肪を落としてダイエットしたいと思う方が多いと思います。私が同世代の芸能人でお手本にしているのは、アラサー女性の一人でありながら、筋肉がほどよくついたナイスバディ―の持ち主がタレントの眞鍋かをりさんです。

女性誌「FRaU」の表紙で、34歳ながら、割れた腹筋とくびれボディを大胆に披露したのは記憶に新しいですよね。そんな眞鍋かをりさんのブログを見ていると、カラダ作りに関するいろいろなヒントを得ることができてとても参考になっています。そこで今回は、私が眞鍋かをりさんから学んだ内臓脂肪を落とすダイエットの5つのヒントをご紹介したいと思います。30代を超えた同世代の皆さん、必見ですよ!

眞鍋かをりさんから学ぶ
内臓脂肪を落とすダイエットの5つのヒント

 

その1:筋肉をつける

眞鍋さんのある日のブログです。「30をこえてひしひしと感じること。運動って必要ー!!運動って必要ー!!大事なことだから2回言いました。今までわりと好き放題に食べて飲んで、ちょっと太ったら食事制限して痩せて、運動とか超嫌い~って言ってた私ですが、医療ジャーナリストの方と話していてとある情報に戦慄を覚えました。それは『運動をしないで体重を落とすと、老化したのと一緒』というもの。」

これは本当に怖いですね。食事制限だけで痩せると、筋肉が落ちるだけで内臓脂肪のダイエットにはならず、体内の年齢は逆に上がってしまうというわけです。眞鍋さんは「これはイカンと思い、3ヶ月前からゴールドジムで加圧トレーニングに励んでいる」そうで、このブログの時点で「体重2キロダウン、体脂肪21%→16%にダウン」したそうです。

筋肉がつくと、体のライン変わり、脚、腕が締まり、お腹にも線が入ったそうです。「外見の変化だけでなく体調、精神面、さらに生活の充実度の変化もハンパない!!!!体力がついたことで体が疲れにくくなり、多少睡眠不足の日でも全然元気に過ごせる!なので友達と遊んだり、外出したくなる!新しい友達に会ったり、新しいことをたくさんやってみたくなる!」と語っています。

内臓脂肪を落とすダイエットが成功するだけでなく、人生が前向きに変わるってすごいですね!

 

その2:有酸素運動をする

内臓脂肪を落とすダイエットに効果的なのは有酸素運動です。眞鍋さんは何をしているのかというと、ブログにこう書いています。「新たな運動を始めてみました。まさかの格闘技デビュー(笑)」とつづってボクシングジムでトレーニングする写真を載せていました。「練習は超ACDC(汗だく)になりますが、めっちゃ楽しいですよ~。」とつづっています。

楽しんで運動すると、長く続けられますので内臓脂肪を落とすダイエットには最適ですね。

 

その3:朝食前に運動する

眞鍋さんのブログにこんな言葉を見つけました。「起きてすぐ、空腹状態で有酸素運動をするといちばん体脂肪燃焼効率がいいらしいので、朝食前にランニングをしてシャワー浴びてから、ようやく朝ごはんを食べます」。確かに専門家の研究によると、他のどの時間よりも、朝起きてすぐ運動することが最も内臓脂肪ダイエットには効果的だそうです。

朝食前は、体が空腹状態で脂肪をエネルギーとして使いやすい状態です。その時に運動することで、効率よく脂肪を燃焼することができます。

 

その4:朝食を遅らせない

朝食前の運動の後、眞鍋さんは何を食べているかというと、「ふだん、朝ごはんは和食なのですが、時間がないときはグラノーラに豆乳ヨーグルトをかけて、サッ!!!と食べて出掛けたりします」と書いています。ふだんは和食ということなので、エネルギー源となる炭水化物やタンパク質などバランスの良い食事を摂っているんですね。

時間が無くてもそのまま出かけるのではなく、糖質の低いグラノーラとタンパク質の摂れる豆乳ヨーグルトを食べているということで、内臓脂肪を落とすダイエットに最適の食事をされていることが分かります。朝ごはんを食べると体温が上がり、新陳代謝も上がり、脂肪燃焼しやすい体になります。

 

その5:食物繊維の多い食事を摂る

「最近、マクロビオティックのカフェに行くのにハマってます。肉魚乳製品、大好きなのでベジタリアンにはなれないなーとは思うのですが。最近、食事は基本的に低糖質、低脂肪、高タンパクを心がけているのでちょっとランチするときなどはマクロビ系のカフェに行くと、メニューの中からヘルシーそうなものを気にして選ばなくていいので手っ取り早いのです。」とある日のブログにはありました。

野菜や豆類、キノコ、海藻などをふんだんに使ったマクロビ食のような、食物繊維の多い食事は内臓脂肪を落とすダイエットにぴったりです。腹持ちも良く、脂質や糖質の吸収をさまたげる効果もあります。

 

眞鍋かをりさんから学ぶ内臓脂肪を落とすダイエットの5つのヒントはいかがでしたか?

内臓脂肪を落とすダイエットは、健康と美しさと充実感を同時に手に入れられますね。眞鍋さんのように、しなやかで女性らしいカラダ作りをして、30代過ぎても若々しく生き生きとした毎日を送りたいですね。

 

まとめ

眞鍋かをりさんから学ぶ内臓脂肪を落とすダイエットの5つのヒント

その1:筋肉をつける
その2:有酸素運動をする
その3:朝食前に運動する
その4:朝食を遅らせない
その5:食物繊維の多い食事を摂る

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!