知りたい納豆ご飯のカロリー☆栄養を倍増させる6つのトッピング

知りたい納豆ご飯のカロリー☆栄養を倍増させる6つのトッピング納豆ご飯はカロリーが低く栄養が豊富なので、ダイエット中でもよく食べるという方は多いかもしれませんね。モデルや女優さんの中でも、納豆ご飯を毎日食べているという方も多いようです。どこでも買えて、混ぜるだけで手軽に食べられるのも嬉しいところですね。でも納豆ご飯だけではカロリーが低くても、栄養が偏ったり飽きてきたりしますよね。それで今回は、納豆ご飯のカロリーと、栄養をさらに倍増させるおすすめのトッピングをご紹介します。

知りたい納豆ご飯のカロリー☆
栄養を倍増させる6つのトッピング

 

その1:納豆ご飯をさらに低カロリーにするトッピング

栄養を倍増させる6つの食べ方を紹介する前に、まず気になる納豆ご飯 カロリーを確認しておきましょう。ご飯は中茶碗一杯140gとして235kcal、普通の四角いパックの納豆100kcalをかけると考えると、335kcalになります。納豆の原料である大豆は低カロリーな上に、低糖質・低脂肪という、ダイエットには最適な食材です。また、納豆は吸水性があり、お腹の中で膨張するので、満腹感を得られやすいと言われています。

それから、納豆は食物繊維が豊富ですので、便秘解消効果があります。納豆のネバネバは「納豆キナーゼ」といい、腸の中で働く善玉菌を増やしてくれます。また納豆には酵素が含まれていて栄養素を効率よく吸収してくれます。このようにダイエットにもってこいの納豆ですが、納豆ご飯の場合、カロリーの摂りすぎになることもあります。ご飯の食べ過ぎがその原因です。どのようにご飯の量を減らすかが大切になります。

ではこの納豆ご飯のカロリーをさらに少なくするような食べ方をご紹介しますね。それは、低カロリーの食材と組み合わせることです。例えば、戻したわかめを熱湯でさっとゆで、納豆に加えます。わかめはほぼノンカロリーの食材で、海藻に含まれているカルシウム、カリウム、マグネシウムといったミネラルが豊富です。納豆だけよりもかさが増しますので、ご飯の量を減らしても満足感を得られます。

さらにめかぶやもずく、細かく切ったしらたきと合わせても納豆ご飯のカロリーを下げられますよ。

 

その2:酵素を倍増させるトッピング

納豆ご飯のカロリーはそのままで、酵素を増やし、ダイエット効果を倍増させるトッピングをご紹介します。それは納豆に大根おろしを加えるおろし納豆です。大根は納豆と同じく酵素が豊富なので、納豆との食べ合わせが抜群なんです。作り方は、納豆を良くかき混ぜたあと、大根おろしを加え、タレを適量入れて、さらにかき混ぜて完成です。納豆ご飯のカロリーはほとんど変わらずに、酵素の力でダイエット効果が上がりますよ。

 

その3:脂肪燃焼を促進させるトッピング

さらに納豆ご飯のカロリーはそのままで、脂肪燃焼を促進させて、ダイエット効果を倍増させるトッピングをご紹介します。それはキムチ納豆です。納豆にキムチを加えることで、唐辛子に含まれる辛み成分のカプサイシンが発汗を促し、エネルギーの代謝を高め、脂肪を燃焼します。カプサイシンは食後すぐに脂肪の燃焼が始まると言われており、ダイエットの効果を期待できますね。

さらにキムチの乳酸菌と白菜の食物繊維も加わりますので、栄養がさらに高まりますね。

 

その4:ビタミンAとビタミンCを補うトッピング

栄養満点の納豆ですが、納豆ばかり食べていても栄養が偏ります。なぜなら納豆にはビタミンAとビタミンCが含まれていないんです。それで足りないビタミンAとビタミンCを補給し、栄養バランスを整えるトッピングをご紹介します。まずトッピングの定番のネギは最適のトッピングなんです。昔からネギを納豆に入れて食べますが、ネギの香りが納豆ととてもよく合いますね。さらに栄養的にも良いなんて最強ですね。

さらにほうれん草や小松菜などの青い野菜を湯がいて固く絞り、納豆に混ぜると栄養がバランスよく取れます。納豆ご飯にしてもカロリーはほとんど上がりませんのでおすすめですよ。

 

その5:疲労回復させるトッピング

納豆に混ぜると疲労回復効果のあるトッピングは、梅干しです。梅干しに含まれるクエン酸は疲労回復効果があります。塩分も増えてしまうので、タレは少なめか、タレなしがおすすめです。さらに納豆に、疲労回復効果のある酢を少量混ぜることもできます。酢を混ぜたことのある方なら分かると思いますが、混ぜていくうちに納豆がふんわりとしてきて、さらにおいしくなります。少量なら味もほとんど変わりませんので、私は毎回入れていますよ。

またもずく酢をかけて食べても、酢の疲労回復効果をプラスして栄養を補うこともできますのでおすすめです。納豆ご飯のカロリーを上げる心配もありませんよ。

 

その6:カルシウムを補うトッピング

納豆に混ぜてカルシウムを補うトッピングとしては、干しエビや、じゃこといった小魚です。ダイエット中に不足がちなカルシウムを補ってくれますよ。

 

納豆ご飯のカロリーと栄養を倍増させる6つのトッピングはいかがでしたか?

栄養が倍増になるだけではなく、おいしくなるトッピングばかりでしたね。納豆ご飯はご飯の量でカロリーが増えてしまいます。それでトッピングを上手に活用して納豆ご飯のカロリー摂りすぎを抑えましょう。そしてダイエットにも美容にも、手軽な納豆を役立ててくださいね。

 

まとめ

知りたい納豆ご飯のカロリー☆栄養を倍増させる6つのトッピング

その1:納豆ご飯をさらに低カロリーにするトッピング
その2:酵素を倍増させるトッピング
その3:脂肪燃焼を促進させるトッピング
その4:ビタミンAとビタミンCを補うトッピング
その5:疲労回復させるトッピング
その6:カルシウムを補うトッピング

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!