目からうろこ!ガンコなお腹の脂肪を落とす5つの方法

目からうろこ!ガンコなお腹の脂肪を落とす5つの方法お腹の脂肪は全人類の敵です、といっても良いでしょう。間違っても味方だと思っている人はかなりの少数派でしょう。 そんな敵と戦うためにはやみくもに突撃(ダイエット)するだけではダメです。お腹の脂肪は強敵です。ちょっとやそっとじゃ落ちてはくれないのです。そんな難攻不落のボス(お腹の脂肪)を倒すために、効果的な方法をご紹介しましょう。

目からうろこ!
ガンコなお腹の脂肪を落とす5つの方法

 

その1:なにはともあれやっぱり腹筋は必要

部分痩せが出来るかどうかについては未だに議論されており、結論は出ていません。しかし、筋肉があればその上の脂肪は早く減りそう、というのはなんとなくイメージできますよね。万が一、腹筋がついたところでお腹の脂肪だけを集中的に落とすことが出来ないとしても、筋肉が増えれば基礎代謝が上がりますから、間違いなくダイエットには効果があります。

筋肉をつけるトレーニングには大きくわけて2つの方法があります。

1.重い負荷をかけることによって筋肉の量を増やす方法
2.負荷はそれほど重くせずに回数を増やすことで筋持久力をつける方法

お腹の脂肪を落とすためには、後者の「負荷はそれほど重くせず回数を増やす」方法を選択します。なぜなら、負荷を重すると腹筋がつきますが、腕や脚が細いままで腹筋だけムキムキでもバランスが悪いですよね。(全身マッチョになるくらいのトレーニングを行うなら良いのですが、今回の目的はお腹の脂肪がターゲットなので)

それに、脂肪を燃やすためには重い負荷の運動を短時間行うよりも、軽い負荷で長時間の運動を行う方が効果的です。したがって、負荷は自分の体重、いわゆる自重として、ひたすら回数をこなす方法を採用します。 腹筋の方法は、おそらくみなさんご存じの通りですが、

・仰向けになって膝を立てる
・上半身を上げる
・後頭部には手をつけない。腕は、両腕が交差する形で胸に当てておく。

この上半身を上げるときには、床に対して上半身が完全に起き上がるくらいまで起こす必要はありません。背中が床から15cmくらい浮くだけでOKです。あとは、これを出来るだけ多くの回数をこなすことです。後頭部に手を当てると、踏ん張るときに腕の力で後頭部を押してしまい、首を痛めるのでこれは避けましょう。

何もしないでこれだけ長時間行うのは精神的につらいので、たとえばテレビを見ている最中にCMの間だけ行うとか、音楽を聴いているときに間奏部分で行う、のように他のことをしながら行うと意外とつらくありません、というか、つらいのをごまかせます。 ちなみに、冬の寒い朝に布団の中で軽く腹筋運動をすると、体が温まって布団から出ても寒くないのでお勧めです。

 

その2:脇腹の筋肉も鍛える

お腹の脂肪の中でも脇腹の脂肪は大将クラスの敵です。そう簡単には落ちてくれません。ここでも敵を倒すには、やはり筋肉をつけることです。 トレーニングの内容は、

・仰向けになって両膝をたてる(その1.の腹筋と同じです)
・体の真上で両手の平をあわせる(もしくは握る)
・手のひらを合わせたまま、合わせた手のひらが膝の外側へ向かうように上体を起こす。

なんとなく脇腹の筋肉を使っている感じがしませんか? 右側へ上半身を起こしたら、次は左側へ起こします。左右同じ回数になるように行います。

 

その3:脚上げ運動はやってはいけない

昔はおしりを支点にして、上半身を寝かせたまま脚を上げるという運動がありましたが、今では腰に悪いというのが常識になっているようです。 たしかに物理的にもおしり付近に力がかかるので、腰の負担が大きくなりそうですよね。 仰向けになって脚を上げて、脚で数字を書いていくつまで書くことができるか? なんて運動もありましたが、やらないようにしましょう。

 

その4:運動前にストレッチ

運動する前にストレッチを行うと効果が2倍。実際に2倍になるかどうかはわかりませんが、より効果的になることは間違いないです。いくつか方法がありますが、簡単なものをご紹介します。

・膝を立てて座り、両足を大きめに広げる
・膝の間に上半身が入るように倒す(できれば息を吐きながら)
・上半身を曲げた常態を10秒間キープ。

特に回数は決まっていませんが、これを数回行います。脚を曲げているので、上半身を倒すのはつらくないですよね。上半身を倒した状態で、腰回りの筋肉が伸びているのがわかれば大丈夫です。

 

その5:すぐにあきらめない

これまでに紹介した方法で腹筋がつけば基礎代謝が上がるので徐々に脂肪が減るはずです。ただし、1~2週間で劇的に変わるわけではないので、継続することが大切です。1~2週間やったのに目に見えるような効果がないからといって、すぐに諦めないで下さい。お腹の脂肪はそんなに簡単に落ちないモノなのです。だって、簡単に落ちるなら誰も苦労しませんよね?

1~2週間も続ければ腹筋は目に見えてついてくると思います。俗に言う、お腹が割れた状態ですね。そうなれば運動の効果が出ているのがはっきりと見えるので、やる気もよりわいてくることと思います。

 

いかがでしたか?

お腹の脂肪を減らすための方法を5つ紹介しました。基本的には一般的に言われているように腹筋運動が中心になりますが、激しい腹筋運動ではなく、軽い腹筋運動で回数をこなすやり方になります。軽い腹筋運動といっても回数をこなしていくうちに、結構しんどくなりますから、もうダメだと思ってからもう1,2回がんばるようにして下さい。その1回がどんどん積もっていくのです。あとはひらすら、継続あるのみ。みなさんも、ちょっとした時間を見つけて、腹筋運動に励んで下さい。

 

まとめ

目からうろこ!ガンコなお腹の脂肪を落とす5つの方法

その1:なにはともあれやっぱり腹筋は必要
その2:脇腹の筋肉も鍛える
その3:脚上げ運動はやってはいけない
その4:運動前にストレッチ
その5:すぐにあきらめない

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!