メタボになる前に知っておこう!親子丼のカロリーと7つの注意点

メタボになる前に知っておこう!親子丼のカロリーと7つの注意点親子丼 カロリーはどれくらいだと思いますか?サラリーマンやOLの方は、ランチに親子丼を食べる機会も多いかもしれません。家でも手軽に作れるお助け料理でもありますね。おいしくて手軽な親子丼ですが、気を付けないとカロリーを摂りすぎる危険があります。それで今回は、メタボになる前に知っておきたい親子丼 カロリーと7つの注意点をご紹介します。知っておいて良かったと思うような情報ばかりですので、ぜひしっかり読んで参考にしてくださいね。

メタボになる前に知っておこう!
親子丼のカロリーと7つの注意点

 

その1:外食の親子丼 カロリーに注意

人気どんぶりチェーン店のなか卯で親子丼 カロリーを調べてみました。なか卯では、490円の並は647Kcal、550円の大盛は781Kcalとなっています。ランチを500kcal以下に抑えたいダイエッターにとっては、390円のミニサイズ424Kcalを選ぶしかないということになります。

コンビニでも調べてみました。セブンイレブンの「こだわり半熟玉子の親子丼」は635kcalとなっています。それでランチとしては親子丼 カロリーはやや高いメニューと言うことができますね。しかし、他の揚げ物系のどんぶりに比べるとかなり低いとも言えます。先ほどのなか卯で言うと、かつ丼は、ミニ542Kcal、並879Kcal、大盛979Kcalとなっています。同じ「肉を玉子でとじたもの」ですが、油で揚げてあるのとないのとでは、これほどの差があるんですね。

それで工夫次第では、親子丼 カロリーを味方につけることもできますね。それでは親子丼 カロリーのどこを注意すればいいのか、さらに見ていきましょう。

 

その2:ご飯の量に注意

親子丼 カロリーを上げてしまう最大の要因は、ご飯の量です。親子丼だけでなく、どんなどんぶりにも言えることですが、どうしてもご飯の量が多くなってしまいます。試しに、普段使っているご飯茶わんに適量盛り、それをどんぶり茶わんに移し替えてみてください。とても少なく感じますよね。それでいかに普段たくさんのご飯をどんぶりに盛ってしまっているかが分かると思います。

意識して少な目にご飯を盛りましょう。おすすめは、どんぶりにせずに、ご飯と具を分けて食べることです。そうすればどれくらいのご飯を食べたか、きちんと把握できます。

 

その3:早食いに注意

親子丼は、サラリーマンのスピードランチに人気があることでも分かるように、早く食べられるのが特徴です。どんぶりを抱えてかき込む様子を見たことがあるかもしれません。しかしこれはメタボになる食べ方で、ダイエット中には早食いは絶対してはいけません。

しっかり噛まずに親子丼をかき込んでしまうと、脳の満腹中枢が満腹の指令を出す前に食べ続けてしまうので、メタボになりやすいのです。意識してよく噛み、ゆっくりと食べると、脳の満腹中枢からの指令を待って食事を終えられますので、食事量が減りますし、より少ない量の食事で満腹感を感じることができます。親子丼 カロリーを摂りすぎないためにも、早食いせずにゆっくりよく噛んで食べましょう。

 

その4:濃い味に注意

親子丼のたれがたっぷりご飯にしみていると食欲をそそりますね。しかしその濃い味はダイエットの敵なのです。味の濃い料理はご飯が進んでしまい食べ過ぎを招きますね。さらに塩分を多く摂りすぎると、体の水分を排泄しにくくなってむくんでしまいます。水太りといわれるような状態になってしまうのです。

さらに見過ごせないのは、濃い味に含まれる糖分です。自分で作ってみると分かりますが、意外と親子丼は砂糖やみりんもたくさん使います。濃い味になればなるほど、親子丼 カロリーは高くなってしまうのです。 親子丼を作るときは、薄味を意識しましょう。濃い味で舌が慣れてしまっていたら、徐々に薄味に切り替えて慣れるようにしましょう。

 

その5:付け合わせに注意

親子丼の付け合わせでは何が思い浮かびますか?サラリーマンランチのどんぶりの付け合わせは漬物が多いかもしれませんね。「漬物は野菜だからダイエットにいいかも」と思うのは要注意です。漬物を付け合わせに選ぶと、余計にご飯が進んでしまいますし、前述のようにさらに塩分を摂りすぎる結果になります。

そこで付け合わせのおすすめはサラダです。なか卯の場合、千切りキャベツとコーンがのったサラダは24kcalとなっています。できればドレッシングなしでいただきましょう。どうしてもドレッシングがほしい場合は、青じそドレッシング(23Kcal)がおすすめです。ゴマドレッシング(94Kcal)より大幅にカロリーが低いです。

 

その6:血糖値の上昇に注意

親子丼を空腹時にいきなりかき込むと、血糖値が急上昇してしまいます。それを下げるために体内でインスリンがたくさん分泌され、余ったブドウ糖が、脂肪に作りかえられてたくさん蓄えられてしまうのです。そこでおすすめは野菜から先に食べるということです。

野菜から食べると、食物繊維がブドウ糖の吸収をゆるやかにしてくれて、血糖値の急上昇を抑え、インスリンの分泌を減らし、余分な脂肪を蓄えずにすむというわけなんです。さらに野菜を先に食べると、食べすぎの予防になりますね。

親子丼の前にサラダを食べたり、野菜たっぷりのスープを食べるようにして、親子丼の分量を減らし、親子丼 カロリーを抑えるようにしましょう。

 

その7:栄養不足に注意

親子丼の鶏肉と玉子は名コンビです。鶏肉は脂肪分が少ない上にタンパク質が多く、アミノ酸がバランスよく含まれた玉子と組み合わせると、良質なタンパク質を摂ることができます。しかしそれだけでは栄養不足がどうしても否めません。

それでおすすめは、玉ねぎとごぼうをたっぷり入れることです。玉ねぎに含まれるオリゴ糖は、腸の中の善玉菌の働きを助けて、腸内環境を整えてくれます。ごぼうは言わずと知れた食物繊維の王様です。糖分の吸収をゆるやかにし、便秘解消につながりますので、ダイエット中には摂っておきたい食材ですね。

 

メタボになる前に知っておきたい親子丼 カロリーと7つの注意点はいかがでしたか?

今回の注意点を考慮すれば、親子丼は決してダイエットに不向きな食材ではありません。上手に親子丼 カロリーをコントロールして、健康管理に努めていきましょうね。

 

まとめ

メタボになる前に知っておこう!親子丼のカロリーと7つの注意点

その1:外食の親子丼 カロリーに注意
その2:ご飯の量に注意
その3:早食いに注意
その4:濃い味に注意
その5:付け合わせに注意
その6:血糖値の上昇に注意
その7:栄養不足に注意

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!