ダイエットの敵か味方か?知って得するパンのカロリー5つの豆知識

ダイエットの敵か味方か?知って得するパンのカロリー5つの豆知識パンのカロリーってどうしても気になりますよね。女性はパンが大好きですが、コンビニで菓子パンのカロリー表示を見てびっくりすることありませんか?500kcalを超えるものもあるのです。まさにダイエットの敵ですね。 ダイエット中もうパンは食べられないとがっかりしている方、朗報です。

パンのカロリーについて正しく知れば、上手にパンを選んでダイエット中でも食べられるのです。むしろパンをダイエットの味方にすることもできるでしょう。では知って得するパンのカロリー5つの豆知識をご紹介します。パン派の皆さん、必見です。

ダイエットの敵か味方か?
知って得するパンのカロリー5つの豆知識

 

その1:食パンは塗るものと挟むもので高カロリー

ご飯に比べてパンのカロリーが高いのは、油脂と糖分が含まれているからです。それで、パンでも油脂と糖分の少ないものを選び、適量食べる分には太らないのです。その例は食パンです。ご飯一膳200kcalに対して、食パン1枚分のカロリーは8枚切り132kcal、6枚切り177kcalとなっています。それで食パンを1~2枚食べても、太る心配はありません。

ただ注意が必要なのは、食パンに塗るものです。食パンはそのまま食べるより、バターやジャムを塗ったり、サンドイッチにしたりと、カロリーの高いものと組み合わせるとカロリーが高くなってしまうのです。特に油脂、糖分と組み合わせると、太るパンのできあがりになってしまいます。

■パンに塗るもののカロリー■

バター(8g)60kcal
マーガリン(8g)61kcal
ジャム(大さじ1)54kcal

サンドイッチのカロリーは、コンビニのサンドイッチで約250kcal、カツサンド、コロッケサンドになると約500~650kcalに跳ね上がります。それを踏まえると、食パンの太らない食べ方は、1,2枚に抑えること、何かを塗るなら薄く塗ることや市販の低カロリータイプのマーガリンを使うことです。

たまには何も塗らないで食べても、小麦のおいしさを味わうことができます。また、何かを挟むなら野菜中心にしましょう。

 

その2:白いパンよりも茶色いパンを選ぶ

白く精製された小麦粉は、血糖値を一気に上げ、太りやすい体を作ってしまいます。それで雑穀などが入った茶色いパンを選びましょう。食パンでも「ライ麦入り」や「全粒粉入り」の方が太りにくいと言えます 。また普通白いパンより茶色いパンの方が、油分や糖分が少な目に配合されているものが多いので、カロリーも低めとなっています。

 

その3:デニッシュや揚げたパンは敵

菓子パンはほとんどが油脂と糖分でできているので、パン カロリーは高くなり、ダイエット中は注意が必要です。特にデニッシュ類と揚げたパンは、油脂のかたまりですので、とくにカロリーオーバーを招きます。それでパンの中ではダイエットの敵と言えるでしょう。

もしどうしても食べたい時は、これはパンではなくケーキだと思いましょう。それでバランスの良いきちんとした食事を食べた後に一口という気持ちで食べましょう。けっして丸ごと一個食べずに、ケーキのように切り分けて、少しずつ食べるか分け合うという習慣を持ちましょう。

高カロリーのデニッシュや揚げたパン カロリー例は、アップルデニッシュ530kcal、あんドーナツ450kcal、カレーパン370kcalとなっています。

 

その4:固いパンを選ぶ

バケットやドイツパンのように固いパンは、噛む回数が増えるため、食べ過ぎを防ぎ、満足感を得られやすくなります。それでダイエットの強い味方です。油分がたくさん入っているパンは柔らかくなりますので、固いということは油分が少ない証拠、つまりカロリーも低めなのです。

ゆっくり噛んで、おいしさをじっくり味わいましょう。咀嚼することは、歯やあごをきたえ、虫歯の予防にもなります。

 

その5:栄養バランスの良いおかずと組み合わせる

パン カロリーが取りすぎになるのは、どうしても洋風の油っぽいおかずと一緒に食べることが多いからということもあるでしょう。栄養バランスの良い、野菜たっぷりのおかずと組み合わせるなら、野菜が糖分の体内吸収を抑えてくれますので、太りにくいのです。

また野菜のおかずから先に食べることで、血糖値の急激な上昇を抑え、太りにくい体を作ってくれます。野菜のおかずをたっぷり用意すれば、パンの食べ過ぎを防ぎますので、パン カロリーオーバーを食い止めることもできます。

 

知って得するパン カロリー5つの豆知識はいかがでしたか?

パンはダイエットの敵にも味方にもなりうるということがお分かりいただけたと思います。ポイントは「油脂と糖分」です。油脂と糖分の多いパンを食べれば太りますし、少ないパンを選べば太りません。また食べ過ぎにも注意しましょう。そのため、固いものを選んだりおかずと組み合わせたりしましょう。

今回お伝えしたパン カロリーのポイントを押さえれば、パン好きのみなさんもパンをダイエットの味方にして活用することができるでしょう。そうすれば、単調になりがちなダイエットにバリエーションを作れますし、ストレスなくダイエットを乗り切ることができるでしょう。

 

まとめ

ダイエットの敵か味方か?知って得するパンのカロリー5つの豆知識

その1:食パンは塗るものと挟むもので高カロリー
その2:白いパンよりも茶色いパンを選ぶ
その3:デニッシュや揚げたパンは敵
その4:固いパンを選ぶ
その5:栄養バランスの良いおかずと組み合わせる

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!