成人男性が必要とするカロリーとダイエットの5つのポイント

成人男性が必要とするカロリーとダイエットの5つのポイント成人男性が1日に必要とするカロリーって考えたことはありますか?年齢や身長、体重、生活習慣などによっても変わってきますから、現在の自分が1日に必要としているカロリーをどのくらいか知っておいて損はありません。そうすれば自分の食生活と比較してもっと食事を抑えた方が良いのか、逆に今のままでは少ないのかがわかります。今回は成人男性のカロリーにまつわる5つのポイントを紹介します。

成人男性が必要とするカロリーと
ダイエットの5つのポイント

 

その1:自分が1日に必要とするカロリーは?

一口に成人男性が1日に必要とするカロリーといっても、その量は人それぞれです。年齢によって基礎代謝が変わりますし、職業によっても変わります。1日中ずっと机に座っている仕事だったらそれほどカロリーは必要とされませんが、肉体労働者の場合には必要とされるカロリーはぐっと増えるということは容易に想像できますね。

平均的な仕事の成人男性が1日に必要なカロリーは、1800kcalから2200kcalと言われています。ただしスポーツや肉体労働など、過度にカロリーを消費する方は、これよりも多くなります。自分が1日に必要としているカロリーを把握しておけば1食あたりのカロリーの目安になります。

 

その2:食事とカロリー

成人男性が1日に必要としているカロリーが分かればあとは単純な算数です。1日に食べた食事のカロリーの合計が、1日に必要としているカロリーよりも多ければ太り、少なければ痩せる。何も難しいことはないですね。ただし、食べるときはいくつかの注意することがあって、食事で摂取するカロリーが少なければどのような食べ方をしても良いということではありません。

最も気を付けることは夜遅くには食べないことですね。いくら1日に必要となるカロリー以下でも、寝る前に食べてしまっては意味がありません。出来れば夜の8時、9時を過ぎたら水以外は何も口にしないのがベストです。どうしても食べたい時は、カロリーの低いもずく酢やこんにゃくゼリーなどで工夫しましょう。

 

その3:1日3食の場合

ある成人男性が1日に必要とするカロリーが1,800kcalだったとします。1日3食として単純に3で割れば、一食あたりのカロリーは600kcalになりますが、これはちょっとした丼1杯に相当します。朝から丼物をがっつりと食べるのは難しいかもしれないですね。逆にお昼ご飯を外食で食べれば1,000kcalくらいは軽く食べることが出来ます。夜、飲み会に参加してビールを飲んで、揚げ物などをつまめばやはり1,000kcalくらいは軽く食べてしまいます。

こうやって見ると、朝の食事は少なく、昼から夜にかけて食事が増えることが多そうですが、これって一般的には太りやすい食事と言われています。朝から食べるのは難しいかもしれませんが、ダイエットの基本として夜は控えめにした方が良いです。

 

その4:太りにくい食べ方

同じカロリーの食事を摂っても、太りやすい食べ方と太りにくい食べ方があり。太りにくい食べ方の一つとして、小分けにして食べるという方法があります。例えば、その3と同じようにある成人男性が1日に必要とするカロリーが1,800kcalだったとします。このとき、1食あたり300kcalの食事にして、それを1日に6食食べるという方法です。300kcalの食事だとすぐにお腹が減ってしまいそうですが、3時間おきに食べておけばそれほど激しい空腹感に襲われることもありません。

ご飯を食べた後は眠気を感じることがあるかもしれませんが、小分けにして食べることで食後の眠気を防ぐことも出来ます。ただ、サラリーマンだとなかなか勤務中にものを食べるのは難しいかもしれないですね。

 

その5:簡単にカロリーを減らすには

食事というのは生きていく上で必要なものですから、極端に減らしてしまうのは健康面からも良くありません。カロリーを減らすのであればご飯の量を減らすのが一番手っ取り早いですね。もしも大きいサイズのお茶碗を使っている場合は、ふつうサイズにするだけで100kcalくらいは減らせますから、これだけでも1週間で1,000kcalくらいのカロリーカットも難しくありません。

もしも運動で1,000kcal消費しようと思ったら、かなり速いペースのランニングでも1時間以上は必要になりますから、食事を減らすほうが簡単だというのがおわかりいただけると思います。「普段は仕事もあるしなぁ」という場合は、週末の食事を少なめにし、かつ小分けにすれば空腹感を感じること無くカロリーカットを図ることも難しくありません。

 

いかがでしたか?

成人男性が必要とするカロリーなんてあまり気にしたことはないでしょうが、それでも知っているのと知らないのとでは大きな違いです。特に加齢とともに基礎代謝は下がる傾向にありますから、自分の基礎代謝を知っておくのは大切なことです。自分が1日に必要としているカロリーを把握した上で、普段から食事の内容に気をつけるようにしておけばダイエットが必要な身体になってしまう事態も防ぐことが出来ます。

 

まとめ

成人男性が必要とするカロリーとダイエットの5つのポイント

その1:自分が1日に必要とするカロリーは?
その2:食事とカロリー
その3:1日3食の場合
その4:太りにくい食べ方
その5:簡単にカロリーを減らすには

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!