ショートケーキ好きな私が、カロリーと栄養を考えて行う7つの事

ショートケーキ好きな私が、カロリーと栄養を考えて行う7つの事ショートケーキのカロリーは1ピースで366kcalほどと言われています。ショートケーキはケーキの王道ですね。生クリームと苺でデコレーションされたショートケーキのカロリーは高く、ダイエット中は控えたいところですが、どうしても食べたくなるという方も多いのではないでしょうか?私もその一人で、月に一度か二度は無性に食べたくなって、おやつに買ってしまいます。そのひとときだけは、大好きなショートケーキをゆっくり味わうのが幸せなのです。

それでどうしても食べたくなるショートケーキを罪悪感なく食べられるように、カロリーと栄養を考えて行っている7つのことがあります。今回はそれをご紹介しますので、甘いものがどうしてもやめられない、という方、ぜひ参考にしてくださいね。

ショートケーキ好きな私が、
カロリーと栄養を考えて行う7つの事

 

その1:空腹時は避ける

空腹時は血糖値が低くなっています。ショートケーキの糖分が血糖値を急上昇させて、その糖分はブドウ糖に分解されて、体内に一気に吸収されてしまいます。そして脂肪の合成が促進されるので、脂肪が増えやすくなります。実際のショートケーキ カロリーはいつ食べても変わりませんが、空腹時を避けることで脂肪にさせにくくすることができますね。

 

その2:3時頃に食べる

ではショートケーキ カロリーを脂肪にしないためには、いつ食べればよいと思いますか?「デザート」という言葉の語源には「甘いお菓子で食後の満足感を強める」という意味があるそうです。そうすると、食事の後に食べるのが良いのでしょうか?結論からいうと、「食後のおやつ」より「3時のおやつ」の方が正しいのです。食事は数回に分けて食べたほうが、脂肪は蓄積しにくいと言われています。それで食後に食べるよりも間食に食べるほうが太りにくいのです。

 

その3:夕食の炭水化物を減らす

ショートケーキをおやつに食べてしまったという日の夕食は、皆さんどうされていますか?ダイエット中にはやはりショートケーキのカロリーは間食にしては摂りすぎです。それで夕食で調整する必要があります。私はショートケーキを食べた日の夕食の炭水化物は、摂らないか減らすようにしています。ご飯を食べない、というように調整しますが、普通のおかずでご飯を食べないととても口寂しく感じます。

それで炭水化物を摂らない夕食のメニューは、野菜たっぷりのスープや鍋といった栄養満点で満腹感のあるものにしています。鍋といっても、もちろんシメは無しです。ショートケーキをおやつに食べた満足感がありますので、夕食を減らすことはそれほど苦にはなりません。ショートケーキのカロリーは、このように後から調整できますので、私は好きなものを我慢してストレスをためるのはやめました。そのほうが長い目で見るとダイエット成功率が高まりますよ。

 

その4:ダンスでカロリーを消費する

ショートケーキのカロリーを消費するために夜に行うことがあります。それはDVDを見ながら思いっきり踊ることです。激しいダンスの消費カロリーは、1時間で230~320kcalと言われており、1時間ダンスするとショートケーキ1個のカロリーをほとんど消費できるのです。私は大好きなヒップホップ系のダンスをしますが、体全体を使うので、りっぱな有酸素運動になっています。脂肪燃焼効果が高いのでおすすめです。

さらにダンスで筋肉を鍛えたり、ストレス解消にもなりますので良いことばかりです。天気の悪い日にも室内でできますので、ショートケーキを食べた時のカロリー消費に役立てています。

 

その5:半身浴で汗を流す

ショートケーキを食べた時の夜は半身浴で汗を流すようにしています。半身浴では100kcalくらいしか消費しないそうなので、食べたショートケーキのカロリーを丸ごと消費できるわけではありませんが、ゆったりとリラックスしながら疲れを癒し、それである程度カロリーを消費できるなら、それでとても魅力的と思い、行っています。さらに全身の血行を良くし、代謝を高めますので、ダイエット効果が高いと言えそうです。

半身浴しながら、ショートケーキのカロリーをできるだけ消費するために、湯船の中で軽いストレッチやエクササイズをしています。首や腰をねじったり、脚や二の腕やお腹をマッサージしたりといった簡単なものですが、湯船の中で代謝が良くなった状態で行うと効果が高いように感じます。

 

その6:手作りする

時々手作りすることによって、ショートケーキのカロリーを減らすことができます。どうしても市販のものは甘く作られているので、高カロリーです。当然高カロリーの方が口当たりよくおいしく感じるので仕方がないのですが、手作りすると自分で砂糖や油分の調節ができます。私はお菓子作りが好きなので、ショートケーキも良く作りますが、カロリーを控えめにしても十分おいしくできますよ。

例えば、生クリームを低脂肪にするとか、砂糖を白砂糖ではなくダイエット甘味料を使うことで、ショートケーキのカロリーを減らすことができます。しかし手作りするとついついたくさん食べてしまうのが難点です。たくさん食べてしまったら意味がなくなってしまいます。それで作りすぎないように小さい型で作って、小さく切って食べることをおすすめします。

 

その7:ごほうびとして食べる

さらに、大好きなショートケーキをダイエットの励みに使うという方法でショートケーキを味方につけています。例えば、体重が○キロになったらごほうびに一つ食べていいと決めて、ショートケーキを食べるために頑張るぞ!というモチベーションづくりにしています。そうするとショートケーキを食べる時間がより特別なひとときになって、大切に一つのケーキを食べるようになりました。そのほうが「あっという間に食べ過ぎた」なってこともありませんよ。

 

いかがでしたか?

ショートケーキのカロリーは高いですが、このような工夫をして大好きなショートケーキを堪能しています。無理なくダイエットをすることで、ストレスをためずにリバウンドも防ぐことができます。甘いものがやめられないという方、ぜひ参考にしてくださいね。

 

まとめ

ショートケーキ好きな私が、カロリーと栄養を考えて行う7つの事

その1:空腹時は避ける
その2:3時頃に食べる
その3:夕食の炭水化物を減らす
その4:ダンスでカロリーを消費する
その5:半身浴で汗を流す
その6:手作りする
その7:ごほうびとして食べる

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!