昔のスカートが履けた!私が痩せた7つの下腹 ダイエット♪

昔のスカートが履けた!私が痩せた7つの下腹 ダイエット♪下腹 ダイエットしたいと思っている方は多いのではないでしょうか?太っていないのにお腹がぽっこり出ているのに悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。年齢とともにお腹が出てきたという方も多いと思います。 それで今回は昔のスカートが履けるようになった7つの下腹 ダイエットの方法をご紹介します。下腹 ダイエットを目指している皆さん、ぜひ参考にしてくださいね。

昔のスカートが履けた!
私が痩せた7つの下腹 ダイエット♪

 

その1:タオルを使った骨盤矯正で下腹 ダイエット

ぽっこりお腹の原因は、骨盤のゆがみからきている場合があります。骨盤をあるべき位置に戻してあげるだけで、お腹が引っ込んだという人もいらっしゃるほどです。ここでは簡単にタオルを使って骨盤を矯正する方法をご紹介します。 まず背筋を伸ばして、あぐらをかいて座ります。タオルの両端を肩幅より少し広めの幅でつかみます。それから腕を前に伸ばし、腕を頭の上に肘を伸ばしたままゆっくり持ち上げます。ここでは息をゆっくり吸いましょう。

それからゆっくり息を吐きながら、タオルをつかんだまま腕を後ろに回しましょう。そしてまた息を吸いながら前に戻しましょう。これを3回ほど繰り返します。 次に同じようにタオルを持ち、息を吐きながら横に倒します。そして深呼吸しながらこのまま10秒ほどキープします。反対側も同じように行います。これも3回ほど繰り返します。このときお尻が浮かないようにぴったりつけておきましょう。これで骨盤が元の位置に戻ります。毎日繰り返すことでキープしましょう。

 

その2:座った姿勢での呼吸法で下腹 ダイエット

下腹太りを解消するために必要なのは、インナーマッスルを鍛えることです。でも激しい腹筋トレーニングはいやだという方は多いのではないでしょうか?それで座った姿勢で呼吸をするだけで、ぽっこりお腹の内側にある筋肉を鍛えることができる方法があるんです。 デスクワークや通勤電車の中で座ったままこっそり鍛えてしまいましょう。 鼻から吸い、口から吐く腹式呼吸を行います。呼吸の際に肩が上下しないように気をつけましょう。

①浅めに腰掛け、背中はもたれないようにして姿勢を良くします。足は軽く開きます。
②鼻からゆっくり息を吸います。肺に空気を入れるのではなくお腹に入れるように吸います。お腹が横にふくらんだような気がしたら上手に吸えています。お腹の筋肉を意識しながら行いましょう。
③次にゆっくり口から息を吐きます。吐くときにまずお腹の筋肉をへこませて、口から空気を出すような気持ちで全部吐き出しましょう。
④これを15回くらい繰り返します。

だらしのなかったお腹の筋肉が、研ぎ澄まされたような感じがしませんか?

 

その3:横になった姿勢での呼吸法で下腹 ダイエット

今度は横になったままでできる呼吸法です。横になりながらお腹の筋肉を意識してみましょう。

①仰向けに寝てひざを立て、両手を下腹の上に軽くあてます。
②鼻からゆっくり息を吸い込みます。その2で紹介したのと同じように、お腹に空気を入れる感覚です。手で空気が入ってくる感触があればうまく吸えています。
③次に口からゆっくりと吐き出しますが、お腹の筋肉を使って吐き出しましょう。
④これを15回くらい繰り返します。

いわゆる腹式呼吸ですが、これをマスターすると無意識のうちに腹式呼吸で呼吸するようになりますので、いつの間にかインナーマッスルを鍛え、下腹 ダイエットすることができます。

 

その4:ウエストを絞って下腹 ダイエット

仕事の合い間に座ったままでできる下腹 ダイエットエクササイズです。特にオフィスの回る椅子だとやりやすいですので試してみてくださいね。

①背筋を伸ばして椅子に浅めに座ります。
②両足を床にしっかりつけたまま、上半身だけ思いっきりひねり、息を吐きながら10秒キープします。回る椅子に座っているなら、椅子を回してこれ以上回らないというところで止めます。
③反対側にも同じようにひねり、息を吐きながら10秒キープします。これを3セット行います。

文字通りウエストを(ぞうきんのように)絞って、シェイプさせましょう。下腹にも効きますので、全体的に引き締まります。

 

その5:寝ながら自転車こぎで下腹 ダイエット

仰向けに寝ながら自転車をこぐような動きをする下腹 ダイエットです。10秒続けたら、反対側にも10秒回しましょう。これを3~5セット続けます。 下腹に手を当てながら行うと、下腹にある筋肉がぐっと硬くなるのが分かると思います。下腹の筋肉が鍛えらえれ、ぺたんこお腹に近づきます。

 

その6:椅子腹筋で下腹 ダイエット

椅子に座った状態でできる腹筋運動をご紹介します。椅子に浅めに座って、腹筋を使って両足を地面から上げて太ももも椅子から少し上げたところで、30秒キープしましょう。上半身が後ろに倒れないように気をつけましょう。できれば椅子から手を離して、おへその下あたりに当てましょう。 お腹の筋肉が引き締まる感じが手に伝わると思います。

 

その7:正しい姿勢で下腹 ダイエット

正しい姿勢をとるだけでも、下腹がへこみます。それは筋肉をバランスよく使っているからです。それで正しい姿勢を常に意識して、筋肉を使い、これがあるべき位置だと体に思い込ませることが必要です。 正しい姿勢とは、頭のてっぺんから人形のようにつられているようなイメージです。両側の肩甲骨を近づける感じで背筋を伸ばします。もうこの段階で下腹はかなりへこんでいるのではないでしょうか? この正しい姿勢をキープすると、下腹もその位置にキープされ、下腹がぺたんこになり、一気にスタイルがよくなりますよ。

 

7つの下腹 ダイエットの方法は参考になりましたか?

下腹 ダイエットはとても難しいように感じますが、ちょっとした日頃からの意識と運動でへこませることは可能なんです。着れなくなったあのスカートが着れるときも近いかもしれません。 それでは今回ご紹介した方法を参考に、下腹 ダイエットに挑戦して、すっきりとした若々しいスタイルでおしゃれを楽しんでくださいね。

 

まとめ

昔のスカートが履けた!私が痩せた7つの下腹 ダイエット♪

その1:タオルを使った骨盤矯正で下腹 ダイエット
その2:座った姿勢での呼吸法で下腹 ダイエット
その3:横になった姿勢での呼吸法で下腹 ダイエット
その4:ウエストを絞って下腹 ダイエット
その5:寝ながら自転車こぎで下腹 ダイエット
その6:椅子腹筋で下腹 ダイエット
その7:正しい姿勢で下腹 ダイエット

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!