とにかく下腹 ダイエットをしたい私が選んだ7つの運動

とにかく下腹 ダイエットをしたい私が選んだ7つの運動下腹 ダイエットをしたい!と思っている方はどれほどいらっしゃるでしょうか?一番痩せたい部分でもあり、いつまでもやせない部分なのが下腹ですね。ブヨブヨお腹、ぽっこりお腹と早くさよならしたい!と思いますよね。下腹が出る原因のひとつは「筋肉のたるみ」があります。それでどうしても必要になってくるのが筋肉を鍛えることです。

でもこの年になってきつい筋トレは辛いので、何とか簡単に下腹 ダイエットができないものかと考え、なるべく続けられそうな運動を選んで行ってみました。実際に効果のあった方法ですので今回は、とにかく下腹 ダイエットをしたい私が選んだ7つの運動をご紹介します。特別な器具もいらず、毎日続けられる運動ですので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね。


 

とにかく下腹 ダイエットを
したい私が選んだ7つの運動

 

その1:顔ひざこっつん運動

①床に座って、両足をまっすぐにのばし、足首を交差させます。
②両肘はしっかり床につけ、上半身は固定させます。
③息をゆっくり吐きながらひざを顔に少しずつ近づけ、鼻先とひざがこっつんと当たるまでゆっくり近づけます。
④ゆっくり足を元の位置に戻しますが、地面に足を付けることなく、またゆっくりひざを顔まで近づけます。

これを20回繰り返します。 下腹にぐっと力を込めることで、下腹の筋肉を強化します。

 

その2:寝ながらキープ運動

次は寝っ転がったままで行う簡単な運動です。

①寝っころがって両足をまっすぐ上に上げます。
②両足をゆっくり床に向かって下げ、握りこぶしひとつ床から上の辺りで、キープします。
③10秒5セット行います。 床につけずに、空中でキープしましょう。

最もキツイと感じる高さが一番下腹に効いています。簡単ですがかなり負荷のかかる下腹 ダイエット運動ですね。

 

その3:腰回し運動

次に紹介する運動は、立ったままで3分くらいで行えて手軽な運動です。腹筋が苦手な人でも無理なく続けられます。

①足を肩幅に開いて立ちます。
②ヒザを軽く曲げて手は腰に当てます。
③お腹とお尻を引き締めるように軽く力を入れます。
④ゆっくりと左右に腰を動かします。上半身は揺らさないようにキープしたままでいましょう。

各10回ずつ行い、ゆっくりと呼吸したまま行います。一日何回か思いついたら行うようにしましょう。

 

その4:骨盤修正ベルト運動

下腹ぽっこりは骨盤のゆがみが原因とも言われます。骨盤の位置を正しい場所に戻すだけで、かなり改善されて、下腹 ダイエットに有効なのです。 骨盤修正ベルトといっても、何か購入する必要はありません。家にあるベルトを使ってできる方法です。

①バスタオルとベルトを準備します。
②床に仰向けに寝転がります。
③腰より少し低い位置に4つ折りにしたタオルを敷きます。
④寝転がった状態で、タオルごと腰より少し低い位置でベルトをしっかりとしめます。
⑤この状態で立って踏み台運動や、階段の上り下りの運動を15分くらい行います。
⑥姿勢を良くし、腰に軽く手をあてながら、テンポよく運動しましょう。そうすると骨盤が徐々に元の位置に戻ります。

 

その5:テレビを見ながら運動

テレビを見ているときも、ごろごろだらだら見ていると何もなりませんが、ちょっと意識するだけで下腹 ダイエットの時間に変えることができます。

①座布団やクッションの上に座り、足を前に伸ばします。
②手は胸の前でクロスさせます。
③上半身を息をゆっくり吐きながら後ろに倒します。
④腹筋がいちばんプルプルするところで止めます。ここで10秒キープしてください。
⑤それからゆっくりと上半身を元に戻します。これを4回繰り返します。

テレビを見ながら、CMになるごとに行う、など自分でルールを決めて忘れないように運動してみましょう。下腹がプルプルと震えていたら、下腹 ダイエットに効いている証拠です。

 

その6:仕事しながら運動

オフィスで仕事をしている人は、仕事中もこっそり下腹 ダイエットしたいものですね。こんな運動を机の下でやってみましょう。

①両ひざを揃え、姿勢を正します。これだけでも、だらっと座っているときより腹筋が鍛えられています。
②足を少しだけ床から浮かします。この状態で10秒キープし、元に戻します。

これをできるだけ頻繁に繰り返しましょう。 下腹が固くなっていれば、下腹 ダイエットに効いている証拠ですので、時々手を当てて確認しましょう。

 

その7:いつでもどこでもお腹ひっこめ運動

最後におすすめする運動は、これが一番シンプルです。いつでもどこでもお腹をひっこめます。ただそれだけです。仕事している時、ショッピングしている時、家事をしている時、テレビを見ている時、通勤電車にいる時、とにかくいつでもどこでもです。

自分の下腹に、本当はここの位置にいるものなのだと覚えさせるような感覚です。しかし、ずっとお腹を引っ込めるのは難しいのですが、続けていくうちに本当に下腹がその位置になるのですから不思議です。呼吸はそのままで、下腹だけに力をこめましょう。最初のうちはきついかもしれませんが、習慣になると無意識のうちに引っ込めているようになります。姿勢も良くなり、立ち姿も綺麗になるので、一石二鳥です。

 

とにかく下腹 ダイエットをしたい私が選んだ7つの運動は参考になりましたか?

ひとつひとつはすぐに覚えられる簡単な運動ですが、これを続けることで大きな効果を発揮しますよ。まず下腹の奥に筋肉の土台のような板が表れるでしょう。そうすると、下腹の筋肉のたるみが引き締まった証拠です。その後もしばらく続けることで、ぽっこりが解消され、ぺたんこ下腹を手に入れられます。下腹 ダイエットを成功させて、美しいボディラインを目指しましょうね。

 

まとめ

とにかく下腹 ダイエットをしたい私が選んだ7つの運動

その1:顔ひざこっつん運動
その2:寝ながらキープ運動
その3:腰回し運動
その4:骨盤修正ベルト運動
その5:テレビを見ながら運動
その6:仕事しながら運動
その7:いつでもどこでもお腹ひっこめ運動

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!