肥満度を下げるために習慣にしたい5つのこと

肥満度を下げるために習慣にしたい5つのこと生活は変えていないはずなのに、この間の健康診断でまさかの「肥満」判定!全く危機感が無かったけど、実は肥満度が高かった…という方、多くいらっしゃいます。これは、若いころと比べて基礎代謝が落ち、脂肪がつきやすい体になってしまったから。肥満度とは、身長と体重から算出されるBMI値という数値で表すことができます。計算方法は、「体重(kg)÷身長(m)の二乗」。BMI値=22を理想体重としています。

歳を取れば取るほど、肥満度が上がる可能性はどんどん高くなっていきます。標準体重をキープするには、普段の生活にちょっとした習慣を取り入れる必要があります。今回は、肥満度を下げるために、取り入れやすい習慣をまとめてみました。ポイントは運動と食事。毎日激しい運動をしなければいけないわけではなく、少しの意識で肥満度は下げられます。
[Read more...]

知っておくと防止できる!肥満になる6つの主な原因

知っておくと防止できる!肥満になる6つの主な原因肥満というのは、気づくとなっているものです。しかし、一度肥満になってしまうと、元の体型に戻すのはとても苦労しますので、できれば肥満になる前に防ぐのベストなのです。しかし、どのようにすれば肥満になることを防げるのでしょうか。それは、単純なことで、肥満の原因となることをしなければいいのです。肥満の原因は、意外にも誰もが経験しうることであったり、身近にある生活習慣だったりします。

そこで、知っておくと肥満になってしまう前に防ぐことができる肥満の主な原因を6つご紹介します。あとで後悔しないように、自分に当てはまる事がないかどうか確認してみましょう。
[Read more...]

気を付けて!内臓脂肪型肥満が怖い理由とダイエット法☆6つの知恵

気を付けて!内臓脂肪型肥満が怖い理由とダイエット法☆6つの知恵内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満と、肥満には2種類あるってご存知ですか?自分がどちらのタイプか調べたことはありましたか?まず皮下脂肪とはその名の通り、皮膚の下に蓄積する脂肪で、お尻や下腹などにつきやすいと言われています。見た目から「洋ナシ型」と言われることもあります。内臓脂肪とは、内臓のまわりに付く脂肪で、ウエストのあたりがぽっこり出るタイプの肥満になります。その見た目から「リンゴ型」と呼ばれます。

どちらもダイエットが必要になりますが、特に内臓脂肪型肥満の方は要注意なんです!今回は内臓脂肪型肥満が怖い理由とダイエット法に関する6つの知恵をご紹介します。ご自身が内臓脂肪型肥満の方や、家族に内臓脂肪型の方がいるなら、今回の記事は必見ですよ!
[Read more...]

早めに簡単予防!肥満を防ぐ5つの方法

早めに簡単予防!肥満を防ぐ5つの方法肥満の予防はしていますか?「標準体重だから大丈夫」、「若いからすぐに痩せる」と油断している人は要注意です!そもそも体重が軽いからといって肥満じゃないとは限りません。体重がいくら軽くてもBMIが25以上ある人は肥満ということになります。また、若い間は肥満になっても簡単に改善できますが、年齢を重ねるごとにそれも難しくなっていきます。

今回紹介するのは肥満を予防する5つの方法です。日常生活に少し取り入れるだけで、将来の肥満、現在肥満になりつつあるならその改善に役立つ方法を紹介します。もちろん脂肪を減らすということなので、ダイエットにもつながります。今から少しずつその予防をしておけば、将来肥満に悩まされることはありません。ぜひ最後までお付き合い下さい。
[Read more...]

痩せたい人必見!肥満の原因7つの法則

痩せたい人必見!肥満の原因7つの法則肥満の原因は、遺伝によるものが大きいと諦めていませんか?しかし、肥満の原因となっているのは、遺伝だけではなく、むしろその他の要因のケースの方が多くを占めているのです。生まれた時はみんな同じくらいの体重です。そこから成長して行くにつれ、スリムな人と標準的な体型の人と肥満気味の人に分かれていきます。その分岐点は、意外にも自己管理が不足しているかどうかによるのです。

日頃の生活習慣を変えることで、肥満の悩みから開放される可能性は誰にでも多いにあります。そこで、肥満の原因となる7つの法則をご紹介します。
[Read more...]

35℃が36℃に!肥満の原因「低体温」を解消した私の6つの方法

35℃が36℃に!肥満の原因「低体温」を解消した私の6つの方法肥満の原因と言われるものはいろいろありますね。もしかして平熱が35℃台の方は「低体温」を肥満の原因に疑っても良いかもしれません。一般的には平熱は36℃台から37℃と言われますが、35℃台という方も意外と多いのではないでしょうか?わたしもその中の一人でした。平熱が低いということは、基礎代謝が悪く、脂肪が燃えていないということになります。それで太りやすく、肥満の原因になっていたと思います。
これではいくらダイエットをしても効果が得られないと気づき、ダイエットよりも体質改善に力を入れるようになりました。すると35℃台だった体温が36℃台になり、肩こりや腰痛、生理痛などの体調不良も改善されてきました。そしてうれしいことにいつの間にか体重も4キロ減っていました!そこで今回は、わたしの抱える肥満の原因だった低体温を解消した体質改善のための6つの方法をご紹介します。痩せないとお悩みの方、原因は低体温かも?
[Read more...]