炊き込みご飯のカロリーとダイエット中に注意したい7つのポイント

炊き込みご飯のカロリーとダイエット中に注意したい7つのポイント炊き込みご飯のカロリーを気にしたことはありますか?炊き込みご飯は別手軽に作ることが出来るし、季節の具を入れると季節感もぐっと高まって美味しいですよね。なんとなくヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、なかなかのカロリーなんですよ。今回は、そんな炊き込みご飯のカロリーとダイエット中に注意したい7つのポイントをご紹介します。

炊き込みご飯のカロリーと
ダイエット中に注意したい7つのポイント

 

その1:カロリーはどのくらい?

まずは炊き込みご飯のカロリーから確認しましょう。炊き込みご飯のカロリーは茶碗1杯で約400kcalとなっていて、普通のご飯が茶碗1杯で220kcalであるのに対して、なんと2倍近くのカロリーになっています。もちろん、具材や味付けによってはカロリーは変わりますが、それでも決して低くないカロリーだと覚えておきましょう。 なお、参考までにカロリーの内訳としては、ご飯が150gで約270kcal、鶏もも肉が25gで約50kcal、油揚げが8gで約31kcalとなっています。

 

その2:具材を考えよう

カロリーの内訳を見ればわかりますが、ご飯の次にカロリーが高いのは、鶏もも肉、油揚げとなっています。ですから、これらのようなカロリーの高い具材を使わない、もしくは同じ鶏肉ならささみにするなどカロリーの低い具材に変えることで炊き込みご飯のカロリーを低くすることが出来ます。キノコ類はカロリーも低めですし、エリンギなどは歯ごたえもあるので大きめに切って入れるとちょうどいいですね。

 

その3:味付けに注意しよう

なんでもそうですが、濃い味付けにするとたいていの場合は高カロリーになりますから、できるだけ薄味にしましょう。具材や味付けに関しては、インターネットでレシピを探すといろいろと見つけることが出来るので、お気に入りを探したり、いろいろなレシピを参考にして自分好みの低カロリーの炊き込みご飯を探してみてはいかがでしょうか。

 

その4:食べ過ぎに注意しよう

炊き込みご飯は普通のご飯にくらべると、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。過去の経験で食べ過ぎてしまうことがわかっている場合は、最初から少なめに作るという方法もあります。また、食べる分だけ残して冷凍するという方法もあります。

 

その5:おかずを減らそう

炊き込みご飯は、言い換えるとおかず入りのご飯とも言えます。カロリーが高くなるのもそのためですね。ですから、炊き込みご飯を作るときは、その分おかずを1品か2品減らすくらいが良いでしょう。もちろん、炊き込みご飯をお代わりして食べ過ぎてしまわないように、気をつけることを忘れずに。

 

その6:夜遅くには食べない

ダイエットの基本は夜遅くに食べないことです。もしも仕事などで帰宅が遅くなったときに炊き込みご飯が出来ていた場合は、翌朝まで我慢するようにしましょう。炊き込みご飯のカロリーがかなり高いことはすでにご紹介した通りですから、夜遅くに炊き込みご飯を食べるのは避けた方が良いです。

これは炊き込みご飯に限った話ではないので、もしもお腹がすいて我慢できそうにない場合は、こんにゃくゼリーなどを食べると良いです。もしくは市販の春雨を使ったラーメンのように出来るだけ低カロリーのものを食べるようにしましょう。

 

その7:必要なもの以外は買わない

食材を買いに行くときは事前に買うものを決めておいて、余計な惣菜やお菓子などは買わないようにしましょう。必要なものだけを買ったらすぐに精算してお店を後にしましょう。炊き込みご飯の材料を買うときも、事前にレシピを決めておき必要な材料を書き出しておきましょう。お店に行ってから探していると、「これも美味しいそう」などとカロリーの高い具材を買ってしまいかねません。

普段の通勤や通学などでもなるべくコンビニの前を通らないようにするなど、ダイエットに不要なもの(主にお菓子類ですね)を買ってしまいそうなお店を避けるようにするのが良いです。なんとなくお店に入ってしまうとついつい買ってしまう可能性がありますからね。

 

いかがでしたか?

なんとなく美味しく食べている炊き込みご飯ですが、以外と高カロリーであることをおわかりいただけたと思います。それでも、具材や味付けを工夫することで、カロリーを低くすることもわかりました。食べてから後悔しないためにも、できるだけ低カロリーになるように作り、美味しく食べることが出来るようにいろいろと工夫してみましょう。

 

まとめ

炊き込みご飯のカロリーとダイエット中に注意したい7つのポイント

その1:カロリーはどのくらい?
その2:具材を考えよう
その3:味付けに注意しよう
その4:食べ過ぎに注意しよう
その5:おかずを減らそう
その6:夜遅くには食べない
その7:必要なもの以外は買わない

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!