危険な賭け!短期集中ダイエットで注意したい9つのポイント

危険な賭け!短期集中ダイエットで注意したい9つのポイント短期集中ダイエットをやりたい!という人は多いかもしれません。急いでダイエットを行う大切な理由やイベントがあるのかもしれませんが、成功させるには正しい知識と覚悟が必要です。短期集中ダイエットは、やり方次第では身体を壊してしまうだけでなく、ダイエットした以上にリバウンドしてしまうのがほとんどなのです。本気で短期集中ダイエットをしたい、成功させたいという人のために、注意したい9つのポイントをお伝えします。

危険な賭け!
短期集中ダイエットで注意したい9つのポイント

 

その1:期間と目標をきっちり決める

短期集中ダイエットをやるなら、いつまでにどれくらい落とすのかをきちんと決めておきましょう。もし期間中に、その目標が達成したら、予定まではその状態をキープするための期間にします。短期集中でダイエットが成功した場合、もっと体重を落としたい!とそれ以上に無理をする人がいます。

短期集中ダイエットをするなら、最短でできれば1か月は欲しいところですが、人によっては1週間の短期決戦を考えている人もいることでしょう。期間が短いほど、無理をしがちです。1週間で落とすなら3キロ程度まで。それ以上となると、リバウンドもしやすくなります。また、目標としては体重の減少よりも、この服が入るまで、などのサイズダウンの方がお勧めです。

ダイエットというのは、本来、綺麗に見せたい、スタイルを良くしたいというものですから、他人から見えない体重ばかりを気にして無理をするよりも、希望のサイズの服を着れたらOKといった目標を置くことで、周囲からもダイエット成功を喜んでもらえます。

 

その2:周囲に宣言する

短期集中ダイエットで絶対必要なのは、周囲に宣言しておくこと。そうしないと、周囲の誘惑に振り回されて、目標達成の意志が揺らぎます。ただし、周囲に宣言するのは、いつまで!といった内容のもの。無理して何キロ痩せる!というものではなく、「今週はダイエット期間なので」というものでも大丈夫。周囲に宣言することで、しっかりダイエットに集中しましょう。

 

その3:月経周期を考える

女性が短期集中ダイエットを行うのであれば、月経周期をきちんと確認してから行いましょう。痩せにくい時期に始めてしまうと、イライラしたり、疲労感ばかりが漂ってしまいます。自分のリズムを理解して行うのが大切です。短期集中ダイエットが成功しやすいのは、月経開始後から。月経中に食欲が増すタイプの方は、月経終了後からでも良いでしょう。

一番失敗しやすいのは排卵後から月経開始までの2週間です。この時期は、身体が栄養を貯めこむ時期なので、痩せにくい期間です。無理すると、月経が不順になったりします。

 

その4:急激な断食はやらない

短期集中で痩せたい人ほど、断食などの食事を抜く方が多いと思います。急に一日1食にしてみたり、急に3食をスムージーにしてみたり…。1日だけならいいけれど、ずっとやろうと思っても続かなくて当たり前。もし続いたとしても、栄養不足でフラフラになるのがオチです。一生続けられるダイエット方法なら良いのですが、そうでなければ、無理をするほどリバウンドが大きくなります。

どうしても食事を抜く方法を考えるなら、夜の食事を抜きましょう。その代り、朝と昼はしっかり食べる必要があります。食べたら痩せないと思っている人が多いのですが、脂肪を燃焼するための材料不足で痩せない人の方が多いのです。つまり、栄養バランスを考えないから太るということですね。

お勧めの短期集中ダイエット方法は、一日3食分の食事を用意し、それを6回に小分けして食べる方法です。こうすれば、確実に食事量を減らし、栄養バランスを考えることができます。同時に血糖値を安定させ、より痩せやすくなります。

 

その5:運動量を増やしすぎない

ダイエットといえば、運動すればよい!と思っていてもそれも大間違い。大切なのは食事のバランスと、負荷をかけすぎない運動です。運動だけでダイエットをしようと思っても1キロ減らすためには9000カロリーの運動量が必要です。これは50キロの人が180キロの距離を一気に走ってやっと消費できる量です。

食事量を減らしたうえに、無理な運動をすれば、身体が壊れてしまいます。運動をするならウォーキング程度で。しっかり運動することで痩せたいのなら、食事はきちんと摂りましょう。

 

その6:停滞期が来たらキープだけを考える

短期集中ダイエットを行うとき、1か月の期間くらいの余裕があると必ず停滞期が訪れます。1週間程度の短さであれば停滞期に入る前に期間終了となるようです。停滞期が来ると大抵の場合が、イライラしたり、悩んだりします。短期集中ダイエットを成功させたいなら、停滞期もうまく利用しましょう。停滞期が来たら、もう一度目標やダイエット方法を見直します。

希望する目標値に無理がないか、ダイエット方法に誤りがなかったか、厳しくやりすぎていないか?など思い返す良い期間です。停滞期は、身体がこれ以上の急激なダイエットは無理があると判断し、脂肪を一時的に減らさないようにしている状態ですので、身体をいたわる時間だと思って受け入れます。

 

その7:カロリーではなく栄養素を考える

短期集中ダイエットでは、カロリー重視になりがちですが、栄養素をしっかり考えましょう。ダイエットに特に必要な栄養素は、タンパク質、ビタミンB群です。プロテインダイエットが流行りましたが、プロテインとはタンパク質のこと。肉や魚、卵、豆腐などです。タンパク質は代謝をするのに必要な栄養素です。

不足すると代謝が停滞してしまいます。ビタミンB群は脂肪を燃やすのに最低限必要なビタミンになります。豚肉やマグロなどに含まれます。カロリーを考えると肉や魚よりも野菜ばかりを選びがちですが、短期集中ダイエットだからこそ、きっちり食べることをお勧めします。外食に頼らないことが成功のカギかもしれません。

 

その8:期間中はきちんと睡眠をとる

ダイエットには十分な睡眠が欠かせません。短期集中ダイエットでも同じです。しっかり睡眠をすることでダイエット効果を高めます。徹夜の方が痩せる、という人もいらっしゃるようですが、それは大間違い。徹夜で痩せるのは一時的なもので、翌日食べた分は徹夜で消費した以上に吸収しようとします。きちんと睡眠をとって過ごす方が身体も楽でいいですよ。できれば7時間以上の睡眠をお勧めします。

 

その9:期間が終わった後を決めておく

短期集中ダイエットを行うなら、ダイエットが終わってからどうするのかをきちんと決めます。当たり前のようですが、意外にここがルーズな方が多いようです。終わった途端にドカ食いしたりすれば、リバウンドまっしぐら。短期集中ダイエットの期間が終了した後に、ダイエットを続けるのか、いったん止めるのかをきちんと考えます。

続けるのであれば、長期的なダイエットに入るわけですから、日常的にできる範囲での内容に計画を立て直します。止めるのであれば、徐々に元の日常に戻していきます。一気に戻すと体への負担も大きくなりますので、気を付けましょう。

 

いかがでしたか? 短期集中ダイエットは成功する人がいても、その後に体調不良になったりリバウンドが大きい場合がよくあります。それでは、せっかくがんばったのに、次はまた一からやりなおしということになりますよね。短期集中ダイエットを成功させるということは、その状態をキープする、ということです。そのために、日常的にできることは続けながら、自分の目標に向かって頑張ってください。くれぐれも無理がありませんように!

 

まとめ

危険な賭け!短期集中ダイエットで注意したい9つのポイント

その1:期間と目標をきっちり決める
その2:周囲に宣言する
その3:急激な断食はやらない
その4:運動量を増やしすぎない
その5:期間中に必ず開放日を作る
その6:カロリーではなく栄養素を考える
その7:期間中はきちんと睡眠をとる
その8:気分が悪くなったらすぐにやめる
その9:期間が終わった後を決めておく

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!