主婦必見!ウエストとお尻を何気にダイエットする6つの隠れ術

主婦必見!ウエストとお尻を何気にダイエットする6つの隠れ術ウエストとお尻が隠れるチェニックばかりを着ていませんか?ダイエットをしようしようと思いつつ、バタバタとした生活の忙しさを理由にして、ぽっこりウエストや下がり気味のお尻を、言い訳とともにチェニックで隠していませんか?確かにチェニックは普段着としては最強で、気になるウエストやお尻を隠しつつおしゃれに見えるし、家事をやるにも動き易いです。けどたまには体のラインが出る綺麗な服を、胸はって着てみたいと思いませんか。

チェニックを卒業するにはまず、ウエストとお尻のダイエットが必要です。しかし生活のリズムがある程度固定されている主婦にとっては、ダイエットとはいえ新しい事を始めるのは苦労します。そこで主婦である私は、生活リズムを変えないまま「何気にダイエット」の隠れ術で、ウエストとお尻の集中ダイエットに成功しました。わずか3ヶ月で結婚前のパンツスーツを再び着る事ができたのです。そのダイエットの隠れ術をお教えいたします。

主婦必見!ウエストとお尻を
何気にダイエットする6つの隠れ術

 

その1:まずは腸内環境を整えて下っ腹をデトックス

ウエスト回りで一番気になるのが、ポッコリと出た下っ腹ではないですか?このポッコリの原因は脂肪と腸内環境にあります。下っ腹に位置する臓器が腸ですから、腸内環境が常に健康で出す物をスッキリと出せていればポッコリ感が違ってくるのです。便秘解消はダイエットの基本とも言えますので、まずは腸内環境を整えてウエスト回りを常にスッキリとさせましょう。

腸内環境を整えるにはヨーグルトなどの乳製品を利用するのもいいですが、オススメはオリゴ糖です。砂糖の一種ですが、カロリーも低く血糖値も上げません。腸内でビフィズス菌の餌となりビフィズス菌を増やし、悪玉菌をやっつけてくれます。毎日ヨーグルトに混ぜてもいいし、甘味料なので思い切って調味料の砂糖をオリゴ糖に変えてもいいかもしれません。腸内がスッキリしてくると、ウエストまわりも気分もスッキリとしてきます。

 

その2:楽な姿勢は落としにくい部位に脂肪をつける

気になるウエストやお尻もそうですが、脂肪は体が楽をしている部位についていきます。どこに脂肪がついているかで、その人の生活スタイルがわかるという説があるほどです。ウエスト回りが気になる人は、背中とお腹に力を入れない楽な姿勢をしているのではないでしょうか。正しい姿勢を習慣付ければ脂肪は付きにくくなります。急には難しいので歯磨きをしている時やレジに並んでいる時だけでも、お腹と背中に力を入れ背筋を伸ばして胸を張った姿勢をしてみましょう。

 

その3:キッチンに立つ時間こそエクササイズに最適

生活リズムが固定されている主婦にとって、あえてダイエットの為の運動時間を作る事はとても大変です。そこで普段必ず行う家事にエクササイズを取り入れましょう。家事にエクササイズをくっつけてしまえば、やる事を忘れたり出来なかったりなんて事がありません。そのエクササイズとは、キッチンでの料理中につま先立ちをする事です。料理によっては危ない作業もありますので、包丁を持っている時は足を開きやや低めにし、調理している時は足を閉じ高めにして調整しましょう。

ダイエットにかかと上げは定番で、足首やふくらはぎに効果があると言われています。しかし料理をしながらやってみると、足首やふくらはぎだけでなくウエストやお尻に負荷がかかっているのがわかると思います。けっこうキツく感じる負荷ですが、キツイ分すごく効果がありますよ。料理は平均30分から1時間程度ですが、冷蔵庫や棚などに物を取りに行く時は休憩時間として、じっと作業をしている時だけと決めておけば続けられます。

 

その4:早めの夕食で朝までのプチ断食を習慣に

ストレスを貯め易い主婦にとって、ダイエットの食事制限ほど絶えられないものはありません。なので最初から無理な食事制限はあまりしない方がいいです。ただ夕食の時間だけはなるべく早めを心がけ、その後は寝るまで水分以外は何も食べないようにします。理想の夕食時間は18時ですが、子供や旦那、パート事情があると思うので、遅くても20時を目標に食べられると翌朝までのプチ断食ダイエットができます。

夜から朝までの約12時間ほどのプチ断食ではありますが、内臓を休ませてあげる事ができます。内臓を休ませると胃が元の小さい形に戻り、内臓全体が消化や吸収をしないで排出作業だけに集中するのです。この作業こそが体内のデトックスとなり、その1の効果と合せてウエスト回りをスッキリとさせてくれます。プチ断食を習慣にすると、食事制限をしていないのに自然と食事や間食の量が減っていきますよ。

 

その5:あえてする運動は寝る前のたった5分のストレッチだけ

主婦がするダイエット用の運動は、普段の家事とその3に書いたキッチンエクササイズで充分足りてはいますが、あえて運動をするならば、寝る直前に5分だけのストレッチがおすすめです。ストレッチと言っても簡単で、寝ている間に基礎代謝でウエストとお尻の脂肪が燃焼できるよう促すだけです。まず横になる直前に肩をグッと後ろに引いて背筋を伸ばした正しい姿勢で立ち、あごを引きお腹の動きを意識しながらゆっくりと鼻で呼吸します。

次に左右の手を掴み体が上に引っ張られるように伸びます。そしてそのまま足を前後に開き、股関節と骨盤周辺に負荷を感じながらウエストをねじります。このウエストねじりを足を変え2セットほど繰り返します。最後に布団に横になりブリッジをしますが、このブリッジは足と首で行い両手は持ち上がったお尻の下へ伸ばすのです。下っ腹が伸び太ももの裏と股関節に負荷を感じるはずです。気持ちよく伸ばせたらぐっすり眠りましょう。ストレッチはたったこれだけです。

 

その6:朝は思いっきり食べてストレスを貯めない

プチ断食をした朝はとてもお腹が空いています。たくさん食べたいと言う欲求が出ると思いますが、いちおうダイエット中だし…なんて躊躇するかもしれません。けどいいんです。プチ断食をした朝は思いっきり食べましょう。食べたいのに我慢するのはストレスになり、ダイエットを失敗させてしまいます。朝だけは好きな物を好きなだけ食べるのです。バターたっぷりのトーストでもいいし、生クリームをのせたパンケーキでもいい、ドーナツやスイーツも食べちゃいましょう。

何を食べてもOKなのですが、1つだけ約束があります。それは起きて一番最初は一杯のお水、次は具は何でもいいのですが味噌汁を飲む事です。もちろんインスタントでもOKです。この約束だけで後は好きなだけ食べてもいいって少し心配になりますが、プチ断食が習慣になれば必要以上に食べたいとは思わなくなります。そして最初の味噌汁に美味しさを感じ始め、本当に必要で食べたい量だけを自然に食べるようになっていくのです。

 

いかがでしたか?主婦必見!ウエストとお尻を何気にダイエットする6つの隠れ術をお伝えしました。

今回お伝えした、主婦必見!ウエストとお尻を何気にダイエットする6つの隠れ術を読むと、出産後から変わってしまったウエストとお尻が何とかなるかもしれないと思うはずです。普段の生活リズムを崩す事無く何気にダイエットできたら嬉しいですよね。ウエストとお尻に集中したダイエットなので、体重に大きな変化はないかと思いますが、続ける事で必ず効果が出ます。隠れ術を使ってチェニック以外の服も楽しめる、素敵な主婦になって頂けたらと思います。

 

まとめ

主婦必見!ウエストとお尻を何気にダイエットする6つの隠れ術

その1:まずは腸内環境を整えて下っ腹をデトックス
その2:楽な姿勢は落としにくい部位に脂肪をつける
その3:キッチンに立つ時間こそエクササイズに最適
その4:早めの夕食で朝までのプチ断食を習慣に
その5:あえてする運動は寝る前のたった5分のストレッチだけ
その6:朝は思いっきり食べてストレスを貯めない

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!