簡単に作る!野菜スープのカロリーと5つのポイント

簡単に作る!野菜スープのカロリーと5つのポイント野菜スープのカロリーが低カロリーなのはなんとなく想像できると思いますが、具材を工夫することでよりダイエットに効果的なスープへと変身させちゃいましょう♪今回は、自宅で簡単に作ることができて、ダイエットにも効果のある野菜スープのカロリーと5つのポイントをご紹介します。

簡単に作る!野菜スープのカロリーと5つのポイント

 

その1:基本の野菜スープ

インターネットを使って「ダイエット」「野菜スープ」を検索すると、まず間違いなく「たまねぎ」「ピーマン」「セロリ」「キャベツ」を使った野菜スープが見つかります。具材の料や味付けは異るものも多いですが、この4つの具材はまず間違いなく入っていることが多いです。そしてこれらを使った野菜スープのカロリーは1人前で約100kcalと非常に低カロリーとなっています。おかわりして2杯食べても200kcalです。

この基本となる具材にはきちんと意味があり、セロリには代謝を良くする「カロチン」と、いらいらを抑える「ビタミンC」が含まれています。そして「キャベツ」には言わずと知れた、抱負な食物繊維。たまねぎは聞いたことがあるかもしれませんが「血液をさらさら」にする効果があるので、血行がよくなることでむくみの予防や、血管年齢を下げる効果があります。ピーマンにも血液をさらさらにする効果がありますし、ピーマン特有の緑色のもとになっている成分はコレステロールの吸収を抑える効果があります。

これだけ聞けば、この4つの野菜を組み合わせることでダイエットのための野菜スープに非常に適した具材だということがわかりますね。

 

その2:基本レシピを覚えよう

基本的な具材としてはその1で紹介した4種の野菜を使います。キャベツ1/2個、たまねぎ大3個、ピーマン大1個、セロリ1/2から1本。ただし、これは基本的な量なのでそれほど厳密には考えず、好みに合わせて調整すれば大丈夫です。スープの味付けは、キチンスープ風味、コンソメ風味、和風、といったものを好みで使い、塩胡椒で調整します。野菜と水分の分量については、極端に野菜が多くなりすぎなければ、好みに合わせれば良いでしょう。

 

その3:味付けの応用

味付けについては、その2で紹介した基本のものでも十分ですが、毎日同じものだと飽きてしまうので、味付けを変えます。
(1)ベースの味付けを少し濃いめにするだけのあっさり風味
(2)ベース+カレーパウダー(カレー風味)
(3)ベース+チリソース(チリ風味)
(4)ベース+ホールトマト(トマトスープ風)
(5)ベース+トムヤムクンのもと(タイ風味)
こんな風に味付けを変えれば毎日食べても飽きません。スープの味付けについては基本的に濃い味にすると自然とカロリーが高くなってしまうので、出来るだけ薄味にするようにしましょう。

味付けについては既製品の「スープのもと」を使っても大丈夫です。これだったらお店でいろいろ探してみれば、それほど手間暇かけずにいろいろな味を楽しめます。たいていの場合、箱にカロリーが書いてあるので、できるだけカロリーの低いものを使いましょう。

 

その4:野菜だけでは物足りないとき

野菜スープだけでは物足りなさを感じてしまう場合、キャベツやタマネギを増やすことで具だくさんの野菜スープにすれば、かなりの満腹感を得ることが出来ます。それでも何かが足りないな、と思う場合はプラス1品を加えましょう。その場合はもちろん、低カロリーの具材を選ぶことが必須です。たとえば、もやし、えのき、エリンギ、しいたけといったキノコ類は低カロリーで歯ごたえもあります。他には魚肉ソーセージを薄切りにして入れたり、高野豆腐や春雨を入れるのもいいですね。

 

その5:そのほか応用編

たとえば、お正月の雑煮を食べるときに野菜スープにお餅を入れれば、寝正月になっても体重の増加を抑えることができるかも知れません。(他のものを食べ過ぎたら元も子もないですけどね)また、食欲がないときには水分を大めにした野菜スープを使って「おかゆ」や「おじや」を作ると食べやすいでしょう。トマトを使った場合、スープパスタにしても美味しそうすよね。春雨を使えば、麺類のように食べることもできます。このように応用範囲はアイデア次第で無限に広がります。

 

いかがでしたか?

ただの野菜スープと思うことなかれ。実は具材にはきちんと意味があったんですね。その5でも紹介しているとおり、スープをベースにしていろいろな具材と組み合わせれば、主食にもなるし、おかずにもなるしと、その応用範囲はかなり広がります。紹介した基本となる4つの野菜を入れることを忘れなければ大丈夫なので、いろいろな自分のレシピを作ってみて下さいね。

 

まとめ

自宅で簡単に作る!野菜スープのカロリーと5つのポイント

その1:基本の野菜スープ
その2:基本レシピを覚えよう
その3:味付けの応用
その4:野菜だけでは物足りないとき
その5:そのほか応用編

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!