半年で健康的に10キロ痩せる7つの方法

半年で健康的に10キロ痩せる7つの方法ダイエットしようと思っても、痩せる方法が沢山ありすぎて悩みますよね。
あれもこれも試しているうちに、結局ダイエット失敗に終わることもよくある話。

短期間のダイエットを繰り返してリバウンド体質になってしまったり、食事制限が厳しすぎると続かないし、運動は疲れて続かない…

痩せたのはいいけれど、肌や髪がパサパサ!そんな女子力が低下する痩せる方法は選びたくないですよね。
急激な短期ダイエットは健康美にはほど遠いものになってしまいます。

短期で痩せる方法はリバウンドしやすく代謝不良の身体を作り上げてしまいます。ダイエットをするなら、健康的な美しさと締まったボディを目指しましょう。

「あれ、やせたね」といわれるくらいの緩やかなダイエットほど健康に痩せることができ、痩せた後も体重キープしやすくなります。今日は半年でマイナス10キロを目指す、7つの方法をご紹介しましょう。

半年で健康的に10キロ痩せる7つの方法

 

その1.日々の食事のコントロールを

ダイエットには食事のコントロールは不可欠です。日々の身体を作り代謝をするためには、必要な栄養素をしっかりとりましょう。

食事を抜いたり過度なカロリー制限などの短期ダイエットはリバウンドのもと。半年で10キロ減ということは、1か月あたり2キロ弱の体重減でいいのです。カロリー制限よりも、栄養素を理解した食事の摂り方がお勧めです。

カロリーを制限すると、身体の維持に必要な栄養素などは全く無視して表面的なエネルギーのみで考えていることになります。健康的に痩せる方法は、健康を維持するために必要な栄養素はちゃんと摂ること。

特に、必須栄養素となる必須アミノ酸(肉などのタンパク質)や必須脂肪酸(魚の油など)はしっかり摂るようにしましょう。もちろん、必要であっても量の摂りすぎは要注意。まずは間食や食事の内容を見直してみましょう。

健康的な肌や髪を維持するためにはタンパク質が欠かせません。肉や魚、卵、豆腐などもしっかり食べましょう。肉で太るのは、脂肪が多いことと一緒に糖を取っているから。赤身の肉であれば太ることなく食べることができて、女性に多い貧血の改善にも役立ちます。

控えたいのは、やっぱり甘いもの!砂糖などの糖質はエネルギーにしか使えません。しかも、余ったエネルギーは脂肪に変わってたくわえられてしまいます。

今ある脂肪を燃やしたいのに、脂肪になる食べ物を食べていたら痩せませんよね。甘いものを食べるなら、せめて10日に1回など日を決めて楽しむようにしましょう。

その2.ゆっくり良く噛んで時間をかけて食べる

痩せる方法で一番簡単にできそうで、意外にできないのが「ゆっくり噛むこと」です。何でも早いことが優先される現代において、早食いを意識していない人も多いようです。

現代の食生活は、柔らかい食材が増えて噛むことも少なくなっているようです。噛むことが少ないと、あごの筋肉が衰え、表情筋もたるみやすくなります。

ゆっくり噛むことで唾液を分泌し、消化を助けます。また、少量であっても噛む必要がある食材は、それだけで満足感を感じることができるのです。

食べ物をゆっくり噛むということは、気持ちにも余裕がないとできません。副交感神経が優位でリラックスした状態は、脳の反応も良く、適切な食事の量で満足することができます。

ゆっくり噛むことは、今すぐからでも始められますね。次の食事からゆっくり噛むことを始めてみてはいかがですか?

その3.タンパク質を摂って太らない体質作り

三大栄養素をご存知でしょうか?タンパク質、脂質、炭水化物があります。その働きは、タンパク質と脂質は身体を作りながらエネルギーとなり、炭水化物(糖質)はエネルギーとして使われます。

炭水化物はエネルギーにしか使われず、余ったら脂肪として蓄えられます。タンパク質が不足すると筋肉が減ってしまい、基礎代謝の低下につながります。

いくらカロリーコントロールをしても、栄養素のバランスが悪ければリバウンドしたり健康への影響が考えられるのです。

タンパク質といえば肉や魚。特にダイエット時には肉を控える人が多いようですが、健康的に痩せる方法として、しっかりタンパク質を摂るようにしましょう。

その4.小まめな間食でドカ食いを予防する

間食を減らすというダイエットを選ぶ人は多いはず。でも、空腹を我慢することなく、健康的に痩せる方法を選ぶなら、間食は必須です。

大抵の人は、食事量を減らす=間食をなくす、ということを考えます。しかし、間食を摂らずにいると空腹時間が長くなり血糖値が下がります。

血糖値が下がると空腹感が募り、いざ食べるときにドカ食いしやすいのです。間食はダイエットの敵!ではなく、上手に間食をしてドカ食いを避けましょう。1日の食事量を6回に分けるつもりで、ちょこちょこ食べを。

ただし、間食も甘いものを避けて、タンパク質を含むチーズや、美容にも必要なビタミンEを豊富に含むナッツ類がお勧めです。

その5.筋肉量を増やして基礎代謝を上げよう

筋肉量は基礎代謝のバロメーター。基礎代謝とは、何もしていない時間に消費するエネルギーの事。寝ている時でもエネルギーを消費しますが、この量が増えれば、太りにくい体質になります。

筋肉量を増やそうと、急激に運動量を増やすのもNGです。普段の運動量が少ない人が無理をすると、身体を痛めることになります。一時的に頑張っても、無理は続きませんよね。軽いウォーキングを一日10分からはじめるようにしましょう。

短期ダイエットではなく、1か月2キロ減という健康的に痩せる方法だということを忘れずに。おすすめは、大笑いすること。1分間の大笑いは、10分間のジョギングに相当する有酸素運動です。運動は無理なく楽しみたいですね。

その6.しっかり睡眠で脂肪燃焼アップ

睡眠時間は新陳代謝の時間です。
一日の疲れをいやし、ストレスからの解放を手伝ってくれます。睡眠不足が起こると、筋肉量が落ちてしまうというデータもあります。理想の睡眠時間は7~9時間。ある研究では約8時間の十分な睡眠をとった人達は、5時間以下の睡眠だった人達と比べ、脂肪燃焼が55%も多かったそうです。

寝るだけで脂肪燃焼してくれる睡眠の時間に感謝して、しっかり睡眠をとりましょう。

その7.体重は毎日記録する

半年間かけて、ゆっくりと10キロ痩せるのですから、目に見える目標が必要です。ついつい焦って、短期間で結果を求めたくなりますが、健康的に痩せる方法には忍耐も必要かも。

毎日少しずつ減っていく体重を記録することで、自分に自信を持ちましょう。
記録したメモは必ず見る場所に貼って、日々の励みにしたいですね。

リバウンドしないダイエット、健康的に痩せる方法として7つの方法をご紹介しました。

7つ全部同時進行できるのが一番ですが、今日からできることから少しずつ始めてみませんか?いつまでも健康的で美しいスタイルをキープするためにこの情報がお役に立つことを願っています。半年間でマイナス10キロ、ひと月でマイナス2キロを目指してじっくり取り組んでみてくださいね。

まとめ

半年で健康的に10キロ痩せる7つの方法

その1.日々の食事のコントロールを
その2.ゆっくり良く噛んで時間をかけて食べる
その3.糖質コントロールで太らない体質作り
その4.小まめな間食でドカ食いを予防する
その5.筋肉量を増やして基礎代謝を上げよう
その6.しっかり睡眠で脂肪燃焼アップ
その7.体重は毎日記録する

お肌スベスベの最強解毒プログラム。

週末だけで一気に痩せる!

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!